« 国立便り−20040829 | Main | 臨海便り−20040911 »

味スタ便り− 20040904

ヤマザキナビスコカップ準々決勝戦。
Aグループ首位のヴェルディがホームの味スタへCグループ2位の清水エスパルスを迎えての戦い。ちなみにDグループ首位のFC東京はBグループ2位のガンバ大阪を国立に迎えてのホーム試合。ヴェルディが勝てば国立の勝ちチームとの準決勝へ、負ければここで終わりである。

あいにく出勤の土曜日。定時の18時が回ったところで誰も居ない事務所内で緑のTシャツに着替え電車に飛び乗り、キックオフの19時少し前には無事に味スタへ到着。スタジアムに入るとなでしこジャパンに参加していた日テレベレーザのメンバーがサイン会などをやっていた。時間がないのでサイン会場を横目に(と言いつつしっかりと1枚激写)観客席へ。

前節リーグ戦の国立に続き雨の中での試合。しかまも時折稲光がスタジアムを覆う。雷雨を避けるようにヴェルディ側自由席は少し後に下がっての応援。エスパルス側も大体同じような体制だが、最前列横一列にオレンジの集団が。遠目には良く分からないが当然レインコートを着用していたのかと思うけど、雨の中終始動かずに横一列に並んだオレンジ集団の姿は大変深い印象を与えるものだった(ヴェルディ側の応援が柔だったと云う意味ではない、念のため)。

ところがヴェルディ側応援団にも思わぬ伏兵がいた。ちびっ子旗振り団である。自由席の最前列前のスペースにちびっ子達が雨に濡れながら立ったまま緑の旗を振り続けているのである。これにはビックリ。ちびっ子達の降る旗に選手達も少なからず元気つけられたのではないだろうか。

試合の方は、エスパルスが先制点を、ほぼ10分後にMFヴェルディ山田卓也がゴールを決め1−1で前半終了。ハーフタイム後、落雷の危険を避けるために後半キックオフを一時見合わせると云うアクシデントが発生。結局20分ほど遅れて後半開始。雨脚も激しくなる中両チームとも必至の攻防で同点のまま後半終了。延長試合へ。

リーグ戦では昔懐かしいVゴール戦である。ピッチも選手達も雨でずぶぬれ。選手達の疲労度もかなりのものだったと思うがゴールを目指し走り続ける。結果的には延長戦前半終了前にヴェルディがVゴールを決め準決勝へ進むこととなった。

Vゴールが決まった瞬間、ベンチからもスタッフ他飛び出しピッチ上の選手達と歓喜のダンゴ状態に。ファンも大歓声と拍手の嵐でこれに応える。感動の瞬間だった。下のスナップはその後の様子。ダンゴ状態の場面は自分も立ち上がって拍手してたので取り損ねました。ピンぼけはご愛敬と云うことで :-)

v-20040904-570b.jpg

|

« 国立便り−20040829 | Main | 臨海便り−20040911 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 国立便り−20040829 | Main | 臨海便り−20040911 »