« J1リーグ戦インターネット中継ライブ | Main | PE_Parite.A »

GK ワシントン

リーグ戦第11節。首位を独走する鹿島アントラーズとのアウェイ戦。

関東でのゲームとは云え交通アクセスが良くないカシマスタジアム。直通バス便もあるのだが長時間乗り物に揺られるのはキツイ身体なので残念だが遠征はパス。CS中継も見れず、J's GOAL のリアルタイム速報で展開を見守ることに。ここのところ「らしくない」6連敗のFC東京もお隣さんとして気になるので味スタでのVS大宮戦リアルタイム速報を窓を並べて表示させる。一方で次節味スタで対戦することになる柏レイソルのホームゲームがネットライブ中継をやるのでこちらは長男のPCで観戦。ヴェルディ、FC東京、柏レイソル、この3チーム、最下位の神戸の真上でダンゴ状態になっている。どのチームも勝ち点3がどうしても欲しいところ。

ヴェルディは開始早々に失点。0−1のまま膠着状態。時間が残り少なくなり諦めかけていたところ後半も40分を過ぎたところでワシントンがゴール。遂に同点に追い付く。鹿島は前半の1点だけでその後追加点がない。ヴェルディはかなり堅いデフェンスが出来ているのが想像付く。最悪このまま引き分けでも勝ち点1は確保出来る。試合終了の表示が待ち遠しい。頑張ってくれヴェルディ!。と、まもなく試合終了、と云うところで無念の鹿島ゴール。結局1−2で負けてしまった。

実際に試合を観ていないのでゲーム展開が分からなかったのだが、夜のJリーグ速報で流れたダイジェストを観て最後の失点シーンに唖然。鹿島側のPKだがなんとゴールマウスにワシントンが!。GK高木が小笠原との1対1の場面での接触でレッドカードによる一発退場。交代枠を使い切っていたのでフィールドプレイヤーがGKをやらなければならなかった。PKは小笠原自身がキックするもゴールポストに当たり外れたが、そのボールを押し込まれこれが決定点に。このPKは是非鈴木に蹴って欲しかった。

ワシントンは自らGK役を買って出たそうだ。Jリーグでだけでなく、公式戦でGKをやるのは初めてだと言う。自身は第11節終了段階で得点ランキング1位のFW、にも関わらずチーム成績は中位より更に下の順位と低迷している。ピッチでは時として自陣エリアまで下がって守備をするワシントンの姿を見る。自分のゴールだけ考えるのではなくあくまで所属するチームが勝つことへの貢献を強く意識しているのが良く分かる。ゴールマウスに立つワシントン。泣かせるぜ、ったく。

|

« J1リーグ戦インターネット中継ライブ | Main | PE_Parite.A »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« J1リーグ戦インターネット中継ライブ | Main | PE_Parite.A »