« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005 posts

ランド

v-20050529-335

日曜日。ヴェルディグラウンドでのサテライトリーグ戦(VSアルビレックス新潟)を見にランドまで行ってきた。

ランド。よみうりランドのある丘陵の上、ヴェルディのクラブハウス、グラウンドのある一帯。調布方面からだと京王よみうりランド駅からゴンドラにしばし揺られ、ゴンドラの終点=よみうりランド入り口からしばらく歩くとプリメーラと名付けられた第1グラウンドへたどり着く。

v-20050529-350

観戦は無料。ピッチの廻りを囲む通路からフェンス越しに観戦することになる。昨年も札幌コンサドーレとのサテ戦を見に来たことがある。その時はわざわざ北海道から飛行機でかけつけたコンサのサポの方々がいた。今回も
オレンジのユニを着たアルビサポのみなさんが見えていて、フェンスに段幕を張り、応援用の太鼓まで持ってこられていた。ご苦労様です。

前夜、国立でのナビスコカップ予選に行ってきたばかりだが、なんとなく町田が気になって来てみた(国立ではベンチ入りしたもののピッチに登場することはなかった)。この日も試合に出るのかどうか分からなかったが、ピッチに目をやると元気に走り回っていた。残念ながら試合は0−3で負けてしまったが、相馬もスタメンで出ていた。これはうれしい想定外。

v-20050529-346
正面真ん中が相馬。左側が町田。

| | Comments (0)

キリ番

(もう昨日の事になるけど)何気なく自分のサイトを開いたらアクセスカウンタが30,500。
うっ、キリ番を踏んでしまった_| ̄|○

| | Comments (0)

国立便り- 20050528

ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第4節。VS広島戦。

ヴェルディ(3/4)はG大阪(1/7)、川崎(2/5)、広島(4/0)との4チームでBグループ予選を戦っている(カッコ内の数字は前節までの順位/勝点)。確実に準々決勝に進めるのは首位チームだけ。ここは何としても勝点3が欲しいところ。そして広島にはリーグ戦でのリベンジがある。そう、あの4月の水曜日。平日の夜、しかも雨、3,267人と云う味スタ最低動員数の記録更新と云う状況で1−4でのボロ負け。この借りは是非返して欲しいところ。

仕事帰りなのでキックオフから少し遅れてスタジアムへ到着。場内に入るとあちこちでヴェルディのチアステックが振られている。ゴール裏だけでなく、バクスタでもチアステックを持ったファンがたくさんいる。観客席出入り口に立っているシミオク(場内整理などの請負会社)の人に「アレどこでもらえるんですか?」と尋ねると「グッズ売り場で売っているんじゃないですか」と云う返事。んな訳ないだろう。仮にグッズ売り場に置いてあったとしてもいきなりあんなにたくさんの人間が金を出して買う訳が無い(悲しいけどホント)。あとでチアステックを持っていた観客に直接尋ねたら、場内入り口で配布されていたとのこと。自分がスタジアムに着いた頃には配布終了していたようだ。

いつも応援がしょぼいとか色々言われているヴェルディだが、このチアステックは見ていてなかなか良かったように思う。ゴール裏の襷の中の連中に合わせてバクスタの方でもチアステックを叩いてたりしていた。「サッカーにチアステックはないだろ、おい」との意見もあるようだが少なくとも何も無いよりは盛り上がる。

今節は山卓、相馬が欠場。山卓に代わり林がキャプテンを務め、玉乃、久場と云う若い選手がスタメンで出場。試合の方は、前回の公式戦(リーグ戦第12節 in 味スタ)に引き続き一樹のゴールで先制するも、後半に入り2失点し、そのまま負け試合か、と思われたが最後の最後でワシントンがミラクルシュートでゴールを決め何とか同点で終了。Bグループのもうひとつの試合はG大阪がホームで川崎に勝ち、結局順位は前節と変わらず(川崎とは勝点で並ぶが得失点差で3点差を付けられている)。

まあ、負け試合よりは引き分けた方が良いが、勝ったほうがもっと良い。と云うか勝たなければいけないゲームだったと思う。試合終了後、バクスタに挨拶に来た選手達に拍手が送られたが、その情景を不思議そうな目で眺めている自分がいた(ゴール裏ではブーイングだったようだが)。

国立の売店にトッポが置いてあるのに初めて気付いた。ちなみにトッポはワシントンの大好物だとか。

以下、ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第4節ゲームデータ。ソースはJリーグ公式サイト。

2005/05/28 19:03キックオフ 国立霞ヶ丘競技場
【入場者数】8,906人【天候】晴 21.3℃ 58%
東京ヴェルディ1969 2-2 サンフレッチェ広島
Bグループ3位

2004/06/05 14:00キックオフ 横浜市三ツ沢公園球技場
【入場者数】9,332人【天候】晴 29.1℃ 44%
横浜F・マリノス 1-2 東京ヴェルディ1969
Aグループ1位

| | Comments (0)

SCAN-FIN

なんだこいつは!

日付/時刻    攻撃方法    アクセス元    回数

2005/05/21
xx:xx:xx     SCAN-FIN   218.218.119.213   44

2005/05/21
xx:xx:xx     SCAN-FIN   218.218.119.213    5

2005/05/21
xx:xx:xx     SCAN-FIN   218.218.119.213   18

| | Comments (0)

味スタ便り− 20050514

共に下位グループを形成する柏レイソルを迎えてのリーグ戦第12節。ここでリーグ戦は7月2日の第13節まで一時中断期間に入る。どちらもここは勝ちゲームで終わらせたいところ。

TOMAS DAY と云うことでヴェルディのスポンサーである TOMAS(機関車トーマスとは全く関係ありません。念のため)様の生徒さん方がたくさん来場された。昨年も2ndステージ第8節VSヴィッセル神戸戦が TOMAS DAY にあたり24,080 人の動員があった。20,000を超える観客動員はヴェルディにとっては残念ながらめったに無い(2004年度平均動員数は15,059人)。あの時の神戸戦は仕事があって行けなかったのだが、たくさんの観客を集めながら結局0−2で負けてしまった。今回の TOMAS DAY もめったに開放しない2階席を開放するほどの動員で、自分もバクスタ2階席に追いやられてしまった。

柏レイソルは第8節でのFC東京との試合を観戦していたので、成績は低迷しているもののそんなに楽に勝てる相手ではないと思っていた。結果的に1−0での辛勝だった。久々のホームでの一樹のゴール、それを何とか守りきっての勝ちだった。

特に後半はザル守備状態で柏レイソルの猛攻を受けたが、そこでゴールを守りきったのが水原であった。すでにあちこちで書かれているが、この試合ではレギュラーGKの義成が出場停止。毎回ベンチ入りしながら出場機会のなかった水原がスタメンとなった。苦節10年、と云う言葉があるが、J1でのリーグ戦出場はまさに10年ぶり。その前回1995年の出場時は名古屋グランパス在籍だが、グランパス時代もリーグ戦・カップ戦通してそれが唯一の出場実績。その後本田技研(JFL)、横浜FC(J2)を経て昨年ヴェルディへ移籍、と云うのがおおまかな経歴。

途中からゴールキックをフィールドプレイヤーに代行してもらうような状態になりながらも、ファインセーブを連発し試合終了のホイッスルが鳴るまでヴェルディのゴールを死守した。試合終了後、惜しみない拍手が浴びせられたのは言うまでも無い。インタビューにも気負い無く淡々と答えていた水原。この日は奥さんと愛娘さんが観戦に見えていた。ご家族にも良いプレゼントになったことだろう。


2005/05/14 15:05キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】31,571人【天候】曇 16.9℃ 50%
東京ヴェルディ1969 1-0 柏レイソル
14位(18チーム中)

2004/06/13 15:03キックオフ 長居スタジアム
【入場者数】9,488人【天候】晴 25.4℃ 28%
セレッソ大阪 2-2 東京ヴェルディ1969
11位(16チーム中)


| | Comments (0)

WORM_MYTOB.ED

5月8日に発見された新種のワーム(トロイの木馬型不正プログラム)だとか。うちにも初めてやってきた。日本国内で感染が広まっているそうなのでご注意下さい。
NETSKY は相変わらず毎日やってくる。発見されて1年以上経つのに何てことだろう。無体策のPCはネットに繋がないで欲しいものだ。

| | Comments (0)

花粉症

自分には生涯縁のない症状。そう考えていた時期が私にもありました...。

ここ数ヶ月どうも鼻の通りが良くなく、頭もぼんやりする、ってことで耳鼻科に行ってみた。レントゲンは異常なし、と云うことで血液検査。先日結果を聞きに病院へ行ってみた。アレルギー性鼻炎だそうで。「ホコリ」と「スギ」のところが正常値を超えていた。

スギ花粉はもう峠を越えたのでもうすぐ良くなるだろう、と。で、ホコリって何だよ、ホコリって。これは当然1年中アレルギってしまう訳じゃあないですか。とりあえず薬をもらってきたが、マジでちとショック。

| | Comments (0)

PE_Parite.A

あちらこちらから NETSKY ばかり送られてくる毎日だが、今日は見慣れぬ名前のお客さんがやってきた。
PE_Parite.A。2001/12に発見された「メモリ常駐型ミューテーション型のファイル感染型ウイルス」だそうだ。

| | Comments (0)

GK ワシントン

リーグ戦第11節。首位を独走する鹿島アントラーズとのアウェイ戦。

関東でのゲームとは云え交通アクセスが良くないカシマスタジアム。直通バス便もあるのだが長時間乗り物に揺られるのはキツイ身体なので残念だが遠征はパス。CS中継も見れず、J's GOAL のリアルタイム速報で展開を見守ることに。ここのところ「らしくない」6連敗のFC東京もお隣さんとして気になるので味スタでのVS大宮戦リアルタイム速報を窓を並べて表示させる。一方で次節味スタで対戦することになる柏レイソルのホームゲームがネットライブ中継をやるのでこちらは長男のPCで観戦。ヴェルディ、FC東京、柏レイソル、この3チーム、最下位の神戸の真上でダンゴ状態になっている。どのチームも勝ち点3がどうしても欲しいところ。

ヴェルディは開始早々に失点。0−1のまま膠着状態。時間が残り少なくなり諦めかけていたところ後半も40分を過ぎたところでワシントンがゴール。遂に同点に追い付く。鹿島は前半の1点だけでその後追加点がない。ヴェルディはかなり堅いデフェンスが出来ているのが想像付く。最悪このまま引き分けでも勝ち点1は確保出来る。試合終了の表示が待ち遠しい。頑張ってくれヴェルディ!。と、まもなく試合終了、と云うところで無念の鹿島ゴール。結局1−2で負けてしまった。

実際に試合を観ていないのでゲーム展開が分からなかったのだが、夜のJリーグ速報で流れたダイジェストを観て最後の失点シーンに唖然。鹿島側のPKだがなんとゴールマウスにワシントンが!。GK高木が小笠原との1対1の場面での接触でレッドカードによる一発退場。交代枠を使い切っていたのでフィールドプレイヤーがGKをやらなければならなかった。PKは小笠原自身がキックするもゴールポストに当たり外れたが、そのボールを押し込まれこれが決定点に。このPKは是非鈴木に蹴って欲しかった。

ワシントンは自らGK役を買って出たそうだ。Jリーグでだけでなく、公式戦でGKをやるのは初めてだと言う。自身は第11節終了段階で得点ランキング1位のFW、にも関わらずチーム成績は中位より更に下の順位と低迷している。ピッチでは時として自陣エリアまで下がって守備をするワシントンの姿を見る。自分のゴールだけ考えるのではなくあくまで所属するチームが勝つことへの貢献を強く意識しているのが良く分かる。ゴールマウスに立つワシントン。泣かせるぜ、ったく。

| | Comments (0)

J1リーグ戦インターネット中継ライブ

リーグ戦第9節より配信開始されたJ1リーグ戦インターネット中継ライブ。今第10節の配信カードが長居スタジアムでのセレッソ大阪VSヴェルディ戦と云うことで視聴してみた。

インターネット中継ライブ配信は、昨年の柏レイソルとアビスパ福岡の入れ替え戦で初めて実施され(この入れ替え戦は視聴無料だった)、このたび有料コンテンツとしてスタートしたもので、今年は(既に配信済みのカードも含め)合計34試合程度が配信予定とのこと。利用するにはまず会員制ポータルサイト(ShowTime)の月会費294円が必要で、ライブ視聴1ゲームあたり+525円の料金がかかる。ライブ配信だけでなく会員向け無料コンテンツなども用意されている。詳細はJ's GOAL TV プレミアムで。

観戦に行けないアウェイ戦、しかもTV放映もない(我が家はCSを入れていない)と云うシーンでは重宝するコンテンツだと思う。まあ、ライブ配信対象になるのは各節1試合なので必ず観られる訳でもないが。

で、実際の視聴パフォーマンス。常用している愛機 Nw150 ではパーフェクトにスペック不足なので比較的推奨環境に近いサブPC(LaVie Z LZ300/1A)で視聴することに。結果は?と云うとスタート早々は結構スムーズに流れていたのが次第に重くなり、ついにカクカクとコマ送りされる画像に。結局じっくり試合を観戦するどころではなかった。そりゃあXP搭載機とは云え、CPU は Crusoe TM5600 600MHzだし、RAM 192MB では仕方ないのだろうが、昨年の入れ替え戦視聴時はスムーズに観ることが出来たので甘くみたのが間違いだった。

ゲームの方は0−0のスコアレスドローで終わり、ゴールシーンを見逃して歯軋りすると云うこともなかったのが幸いだったと言うべきか。んな訳無い。勝ってくれヴェルディ!

| | Comments (0)

味スタ便り− 20050501

v-20050501-265

横浜F・マリノスを迎えてのリーグ戦第9節。

「伝統の一戦」。雨模様にも関わらずヴェルディのホームゲームとしては久々に1万8千を超える観客が味スタに集まった。

ここ最近のマリノスとの戦績。昨年のリーグ戦では2ndステージ最終節に味スタに2万1千を超える観客の中で行われ、結果はスコアレスドロー。年が明け、リーグ戦開幕前のゼロックススーパーカップでも(PK戦でヴェルディがゲームを制するも)スコアは2−2のドロー。そして今日も...

前半早々にCKからのボールをワシントンがゴールに蹴り込み先制。そのまま1−0で前半を終了するも、その後追加点もままならず、かと言って無失点で守りきることも出来ず終わってみれば1−1で引き分けに。後半CKからの失点はキレキレな時の高木ならばあるいは神セーブしたかもしれない。と今頃書いても空しいだけか。

前節、名古屋グランパスとのアウェイ戦での5失点と言うザル守備をさらけ出した訳だが、その問題を修正すべくデフェンス面を強く意識したかたちでの試合運びだった。失点1で収まったと云うのはあるいは上出来だったのかも知れない。

怪我の李康珍に代わりセレッソ大阪(サンフレッチェ広島)より今季移籍してきた上村健一が初出場。さすがDFとしての経験者と云うべきか安定した守備を見せてくれた。

移籍組と云えば、対大宮戦(第6節)で初出場、初ゴールを決めた町田が次の対新潟戦(第7節)ではベンチ入りするも出場機会無くその後はベンチ入りさえしていない。町田のブログがその大宮戦を最後に更新されていない。気になる。上村はこれからどんな風に起用されていくのだろう?

どもあれ、ホーム勝利への道は遠い。

冒頭の写真は味スタのとなりにやってきた木下大サーカスのテント。記事とは関係ありません。

2005/05/01 19:04キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】18,133人【天候】雨一時曇 20.1℃ 77%
東京ヴェルディ1969 1-1 横浜F・マリノス
【第7節終了時順位】15位(18チーム中)

2004/05/09 15:04キックオフ 横浜国際総合競技場
【入場者数】17,859人【天候】雨 19.5℃ 71%
横浜F・マリノス 3-1 東京ヴェルディ1969
【第7節終了時順位】13位(16チーム中)

| | Comments (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »