« (続)こんな日はJ'sThemeでも聴いて... | Main | 負けたい放題東京ヴェルディ »

味スタ便り− 20050713

最下位ヴィッセル神戸を迎えてのリーグ戦第16節。

ここで勝たなければどこで勝つ、って試合でドローゲームに終わる。試合後のゴール裏。土砂降りの雨の中スコアレスドローに終わった前節FC東京戦では拍手で迎えられた選手達、今度は激しいブーイングに迎えられることに。

仕事でキックオフに間に合わず味スタに到着したのは試合開始から20分くらい過ぎた頃。メインゲートからバクスタへとコンコースを歩く途中、ゴール裏入り口からアウェー側のオーロラビジョンに目をやると既に1−0。バクスタ行きを止めそのままゴール裏へ駆け込む。先制点はワシントンのゴールだった。

場内に入って早々ワシントンの2ゴール目が決まる。その後1失点するも、今年ホームで2点目となる一樹のレアなゴールで3−1で前半終了。神戸は素人目にも駄目駄目だった。攻守にわたってプレーに冴えがない。この時点で勝ち点3は確実、と思ったのは自分だけではないはずだ。このまま2得点差を守りきれば、いやこの流れなら守りきれる。もしかしかたらワシントンのハットトリックもあるかも知れない...。

後半はバクスタへ移動。ここのところバクスタもゴール裏のコールや歌に合わせて手拍子をしたりチアスティックを鳴らしたりと応援に参加する人も増えてきた。勝ちを確信してマッタリと観戦することに、のはずが....。

ピッチの上ではどうも何となく前半と違う流れが。なんか変。と感じているうちに後半25分過ぎアツに豪快なミドルシュートを決められ1点差。ガクっと来ながらも後20分何とかこのまま追いつかれずに持ち堪えてくれるだろう、持ち堪えてくれ、とまだ勝ちを信じていた。その後一樹が下がり森本が投入される。守りを固めるのではなく引き続き攻撃的な体制で進む。結果、残り10分のところで追い付かれそのまま試合終了。

下位のFC東京、柏レイソルはこの節揃って勝ち点3を手に入れ、FC東京は16位から13位へ浮上。ヴェルディは順位をひとつ下げ降格圏内に突入。柏レイソルとの勝点差も1に。HOT6も残り2試合。ヴェルディはジュビロ、広島と上位チームとのアウェー戦になる。


例の事件で負傷した星見さんのためにもここは勝って欲しかった。星見さんはその後「左頬骨骨折、顔面打撲、挫創」と云う診断結果で、まだ頭痛、めまいそして精神的なダメージに苦しんでいると言う。しかし12日(火)より業務に復帰したことをご報告させていただきます。ってなんだよ、おい。怪我人には休養させてやってくれ>ヴェルディフロント。その星見さん、この日の味スタにも来られていたと言う。お大事に。

2005/07/13 19:00キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】7,312人【天候】曇 24.1℃ 69%
東京ヴェルディ1969 3-3 ヴィッセル神戸
16位(18チーム中)

前年度
2ndステージ第1節
2004/08/14 19:00キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】13,536人【天候】曇 29.2℃ 67%
東京ヴェルディ1969 2-0 アルビレックス新潟
1位(16チーム中)/年間順位1 or 2位
(1stステージは最終の第15節で9位)

|

« (続)こんな日はJ'sThemeでも聴いて... | Main | 負けたい放題東京ヴェルディ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« (続)こんな日はJ'sThemeでも聴いて... | Main | 負けたい放題東京ヴェルディ »