« 国立便り− 20050821 | Main | 公判 »

味スタ便り− 20050827

v-20050821-12413

鹿島アントラーズを迎えたリーグ戦21節。

イエロー、レッドカードが乱舞する中ワシントンの2ゴールで首位鹿島に対し2−0の無失点勝利!

鹿島は前節7−2という大量得点で新潟に圧勝した鹿島ではなかった。一方ヴェルディは前節アウェイでの対清水戦を警告累積で出場停止の主砲ワシントンを欠きながらも平本、町田両FWの活躍で2−1で勝ち抜き、新監督初勝利。この節での新監督ホーム初勝利で2連勝となった。

湿度が高いのかスタジアムは異様に蒸し暑くムカムカするような空気が漂う。試合展開の方も両チームともなかなかゴールが決まらずすっきりしないまま前半終了。この前半、鹿島のDF岩政がこの日2枚目のイエローカードで退場。ちなみに岩政は前々節の対広島戦で一発退場しこの日が出場停止明け初試合。これで連続退場となる。

後半、数的に優位となったヴェルディはワシントン、平本、ジウのFW陣の連携で果敢に攻めに行きついにワシントンがヘッドで先制点を、さらにその後ワシントンが2ゴール目を決め2−0のスコアに。ところがそれからしばらくして今度はヴェルディの戸田がこの日2枚目のイエローカードで退場。両チーム共に10人での戦いに、さらにヴェルディは後半交代で出場した玉乃が続けざまにイエローカードをもらい退場。9人になりながらも鹿島の反攻をしのぎきり首位チームを無失点で押さえた。ロスタイムの長かったこと、長かったこと・・・

この時点で暫定14位に浮上。1日遅れで28日に開催される下位2チームの結果待ちとなったが、結局清水が負け、柏が引き分けでヴェルディは14位確定。とりあえず降格圏から浮上したものの下位との勝ち点差は15位清水1点差、16位柏2点差、1回の試合結果でひっくり返る危ういに位置にいるのは変わらない。

首位鹿島を完封した勝利には代償も大きかった。退場となった戸田、玉乃さらにこの試合で警告累積4枚となった小林慶行の3人が次節出場停止。特に崩壊した守備の立て直しに貢献しここまで効果的に相手の攻撃の芽を摘んできた戸田の不在をどうクリアするのか。次節は鹿島を追って2位につけているガンバ大阪を味スタに迎えての試合となる。

ちなみにこの日乱舞したイエローカードは、ヴェルディ8枚、鹿島2枚。連続イエローによるレッドカードがそれぞれ2枚。ファールやアドバンテージの取り方にも良く分からないジャッジが見受けられた。もしかしたら「吉田劇場」を見ていたのかも知れない・・・

2005/08/27 19:02キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】16,145人【天候】曇 27.9℃ 74%
【主審】吉田 寿光【副審】名木 利幸/佐藤 秀明
東京ヴェルディ1969 2 -0 鹿島アントラーズ
14位(18チーム中)

2ndステージ 第6節(年間通算21試合目)
2004/09/23 15:04キックオフ 万博記念競技場
【入場者数】17,874人【天候】曇 29.0℃ 54%
【主審】松村 和彦【副審】中熊 光義/早川 一行
ガンバ大阪 1-3 東京ヴェルディ1969
7位/年間順位9位(16チーム中)

v-20050821-12424
インタービュー終了後、挨拶のためスタンドに向かって走るワシントン

|

« 国立便り− 20050821 | Main | 公判 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 国立便り− 20050821 | Main | 公判 »