« 公判 | Main | 判決 »

味スタ便り− 20050903

リーグ戦第22節。現在2位の対ガンバ大阪(以下G大阪)戦。

負け試合となるとあまり筆(タイピングか)も進まない。ホームでの無得点での負けとなると尚更だが・・・。とにかく0−1で負け、順位は14位から16位へと再び降格圏内へ。

これで今年のG大阪との対戦成績はリーグ戦で2敗(1−7・0−1)、ヤマザキナビスコカップ予選で2敗(3−5・1−2)、と全敗に。

前半はワシントン、平本、ジウの3トップで果敢に攻めにいくも前節鹿島戦で見せたようなキレがなくなかなか先制出来ない。一番の見所は平本の突破。G大阪神内を一気に駆け抜けGKとの1対1の状況を作り出す。がこの決定的なチャンスでしかしシュートは決まらず。一樹は一樹だった・・・。

このまま0−0で後半へ。そして後半29分、平本、ジウを下げ町田、久場を投入。結果的にこの交代がまずかったか。町田はともかく久場は今年リーグ戦出場3試合目。本人も「予想していたのと違うポジションだった」とコメントしてしているが良いパフォーマンスが出なかった。平本、ジウをそのまま使うかどちらかが OUT、町田 IN で良かった気がする。

失点はなんだか分からないうちにやってきた。見てるこちらも集中が切れていたのか失点場面を良く覚えていない。ヴェルディ側のPA辺りでごちゃごちゃやっていて、気が付けばゴールネットが揺れていた。

それでもここのところ攻守に渡って活躍していた戸田、そして小林(慶)、玉乃が出場停止と云う状況で、代表選手3人(だったかな?)、そして得点ランキング1位アラウージョ、3位大黒を抱えるG大阪相手に失点1と云うのは、悪夢のHOT6初戦でもある第13節の7失点からみれば崩壊した守備の立て直しが大きく進行している成果とも言える。が前半そのG大阪を無失点で抑えてていただけに、最悪引き分けでも良いから勝ち点の欲しいところだった。

2005/09/03 19:00キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】14,177人【天候】曇 26.6℃ 79%
【主審】松村 和彦【副審】高橋 佳久/井上 知大
東京ヴェルディ1969 0-1 ガンバ大阪
16位(18チーム中)

2ndステージ 第7節(年間通算22試合目)
2004/09/26 15:00キックオフ 広島ビッグアーチ
【入場者数】8,141人【天候】雨 23.9℃ 87%
【主審】長田 和久【副審】高橋 佳久/武田 進
サンフレッチェ広島 3-0 東京ヴェルディ1969
9位/年間順位9位(16チーム中)

v-20050903-12444
ヴェルディ側ゴール付近に集うカメラマン
v-20050903-12445
G大阪ゴール付近に集うカメラマン

|

« 公判 | Main | 判決 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 公判 | Main | 判決 »