« 初詣/深大寺 | Main | 国立便り− 20060304 | 徳島戦 »

ヴェルディファン感謝デー2006

v-20060129-12916

2004年、サポーターズクラブに入会したのがシーズン開始後、すでにこの年のファン感謝デー(以下ファン感)は終わっていた。そして2005年。天皇杯優勝報告会(だったかな、正式名称は忘れた)としてファンの集いが品川だかの屋内会場で催されたが参加出来たのは抽選で選ばれた一部の会員だけ。ファン感は後日に、と云う予定だったが結局開催されないままシーズン終了。

と云うことで自分にとっては初めてのファン感。会場はヴェルディグラウンド。晴天の元、久々にランドへ向かう。家を出たのがファン感開始時刻の12時を過ぎてからと云うのがアレですが。

前がどうだったのか知らないのだが、思っていたよりは賑わっていた。来場者のみなさんものんびり楽しく過ごしている模様。

フォルサ立川がブースを出し1969酒を販売すると聞いていたのでまずはそのブースへ。ブースの前に行列が出来ているので何も考えずそこに並んだが何だか雰囲気が違う。前に並んでいる人に尋ねたらサイン会の行列とのこと。あらためてブースの中を見るとサインをしている戸川の姿が。サインをもらうことはまったく頭になかったので適当なものがない。自分の番がきた。入場時にもらったサポクラ更新・入会グッズのバンダナをあわてて差し出してサインをもらう。なんだか申し訳なかった。ごめん、戸川。

フォルサ立川の隣はヴェルディグッズの販売ブースでベレーザの小野寺選手が売り子さんをやっていた。うしろの方に小林弥生選手が怪我している足を伸ばして座っていた。ご苦労様です。

あまり時間もないのでトークショーの会場へ。最後のグループみたいで新加入の外国選手3人と富澤、一柳、弦巻、それから津波コーチと云ったメンバー。津波コーチは話が面白すぎ。

その後、選手・スタッフ全員がステージに集合し、オークション、キャプテン大野、選手会会長柳沢の挨拶他のイベント。

あらためてステージ上の選手達の顔を眺める。2年間ピッチ上で見慣れたレギュラークラスの選手の多くは(ベテランも若手も)このひと月ほどの間にチームを去っていった。その代わりにたくさんの新しい選手が他クラブから移籍加入してきた。期限付き移籍から復帰してきた選手はともかく、全くの新しい選手は名前も顔もまだ覚えられない。

ヴェルディはこのメンバーでこれからどんなサッカーをやっていくのだろう?少なくともこの2年、良くも悪しくもヴェルディのサッカーとして自分が見てきたスタイルは影を潜めるだろう。そのスタイルを担ってきた中心選手達はもうこのクラブにいないのだから。ラモス監督や津波コーチらのキャラクターのおかげもあるのだろうか、チームの雰囲気は明るい、と感じた。とにもかくにもこの体制でこの1年ACLとリーグ戦を乗り切っていくだけだ。

|

« 初詣/深大寺 | Main | 国立便り− 20060304 | 徳島戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 初詣/深大寺 | Main | 国立便り− 20060304 | 徳島戦 »