« 国立便り|ACL-蔚山現代戦 | Main | 味スタ便り− 20060401|柏レイソル戦 »

平塚便り|湘南ベルマーレ戦

v-20060311-13003

ACLから中2日空けて迎えたJ2第2節は平塚競技場(以下平塚)でのアウェー戦。

2004年からのスタジアム観戦なので平塚を訪れるのは初めて。京王線、相模原線、東海道本線と乗り継いで平塚駅へ。駅からスタジアムまでは更に徒歩20分。バスもあるがこれはパスした。行きはネットで時刻表をチェックしていたのだが帰りまではチェックしていなかった。復路、茅ヶ崎からの乗り換えで相模原線が1時間に3本しかないのに愕然。なんだかんだと2時間近くかかった。パニック障害が酷かった頃は考えられないような移動時間。

まあ、それはそれ。ここのスタジアムはバックスタンドも自由席。立ち見のゴール裏はホーム側だけ開放されていた。好天に恵まれスタンドはもろに日差しを浴びて汗ばむくらいのサッカー日和。

第1節同様に前半先制されるも今回は追いつけないまま後半へ。なかなか良い形が作れず、追いつけないまま 90分が過ぎる。やけに長く感じられたロスタイム。そこでもチャンスを作れず逆にまさかの追加点を許してしまい0−2でタイムアップ。

開幕戦で徳島を破った時の4点はPKとセットプレーからの得点だけで、攻め込んで相手の守備を崩してシュートと云う形でのの得点がなかった点が懸念されたが、やはりその問題を引き摺ったままなのかいくつかあったセットプレーからも得点出来なかった今日のゲームでは完封されてしまった。

ACL で見せた、前を向いた果敢な攻撃も見られず、終わってみれば良いところが全く記憶に残らないゲーム。むしろ、自陣エリアでの意味のなさそうな横パスやバックパスが何度か見られ、メンバーがほとんど入れ替わったのに昨年のヴェルディを見てるような 不思議な感覚におそわれた。Dejavu・・・

リーグ戦2戦目にしてJ2サッカーの洗礼を受けることとなった。勝負事だから勝ち負けがあるのは当たり前だが、この日のゲームからは「次に繋がる何か」が自分には見えてこなかった。それが残念だった。

v-20060311-12999

2006/03/11 13:04キックオフ 平塚競技場
【入場者数】10,723人【天候】晴 14.6℃ 58%
【主審】前田 拓哉【副審】五十川 和也/鈴木 亮哉
湘南ベルマーレ 2−0 東京ヴェルディ1969
暫定5位(13チーム中)

|

« 国立便り|ACL-蔚山現代戦 | Main | 味スタ便り− 20060401|柏レイソル戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 国立便り|ACL-蔚山現代戦 | Main | 味スタ便り− 20060401|柏レイソル戦 »