« 平塚便り|湘南ベルマーレ戦 | Main | 夜桜 »

味スタ便り− 20060401|柏レイソル戦

V2006040113030

J2第6節、対柏レイソル戦。味スタ、国立に加えて西ヶ丘、駒沢と都内のスタジアムを流浪することになったヴェルディ。味スタでは今年初のホームゲーム。

柏と云えば、分かる人には分かる何かと因縁のあるカードになる訳だけど、まあそれはそれとして、開幕以来負けなしで2節以降首位を独走している柏と前節で2位に浮上したヴェルディとの首位争いでもあったりする訳でここはなんとしても負けられないゲーム。

両チームとも降格を契機に主力選手が大量に離れていったりしたが、ここまででのチームの成熟度と云うか安定度は柏の方が先行していると云うイメージがある。そして実際それは現在の成績に表れている。柏は第1節5位でスタート、第2節以降は1位をキープ、ヴェルディの方は1・5・3・(5)・2と順位も流動的。

大事なゲームと云うことはピッチに立つ選手も重々分かっているはずがキックオフ後早々の2分台で失点。前節の山形戦でも開始1分で失点している。同じような序盤の失敗をまた繰り返している。何だか雲行きが怪しい。が、徐々にペースを掴み始めバジーリオの連続ゴールで2-1で前半終了。

これはいけるかも、との甘い期待は見事に裏切られ、後半DF藤田がこの日2枚目のイエローカードで退場。ひとり少なくなったところですぐさま同点に追いつかれ、更にだめ押しの3点目を許しついに逆転される。なんとしても追加点の欲しいヴェルディだが、後半も残り時間わずかとなった時間帯にFWバジーリオがやはりこの日2枚目のイエローカード(この状況は良く分からない)で退場。そしてそのまま追いつくことなく終了のホイッスル。首位争いに負けて味スタでの開幕戦は終わった。

この日はカードの乱れ飛ぶ激しいゲームでもあったが、8枚の内7枚がヴェルディ。審判の個々の判定に問題があったのかどうかの議論をするつもりはない。連携や個の技量ではかなわずに身体で相手を止めるしかなく、結果的にカードをもらって10人と数的不利な状況を自ら招いての逆転負け。どうみても自滅です。

首位争いの敗戦でヴェルディは2位から4位に後退。試合数がひとつ少ないとはいえ首位の柏とは勝ち点で7点差となってしまった。J2は長丁場と言われるけど、次は、次こそはと言っているうちに1年なんてあっという間に過ぎてしまうだろう。もうあわてる場合なのじゃないか。


ちなみにJリーグのスタジアム初観戦が2004年3月21日味スタでのヴェルディ対柏戦(リーグ戦第2節でヴェルディはホーム開幕戦)だったと云うことで個人的にも記念すべきカードでもあったりします。

2006/04/01 14:04キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】9,733人【天候】晴 16.1℃ 36%
【主審】村上 伸次【副審】西村 典之/田尻 智計
東京ヴェルディ1969 2-3 柏レイソル
暫定4位(13チーム中)

V2006040113037

全員ダッシュ!って、あらどこいくのアナイウソン?

|

« 平塚便り|湘南ベルマーレ戦 | Main | 夜桜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 平塚便り|湘南ベルマーレ戦 | Main | 夜桜 »