« March 2006 | Main | May 2006 »

April 2006 posts

西が丘便り-20060429|コンサドーレ札幌戦

コンサドーレ札幌を西が丘サッカー場(以下西が丘)へ迎えてのJ2第12節。

第9節のザスパ草津 in 国立に行けなかったので柏戦以来久々のスタジアム観戦。前売りは完売、当日券は発売なしと聞いていたので混雑が見込まれる。観戦しやすい席を確保すべく珍しくいつもより早めにスタジアムへ到着。既にスタンドはだいぶ埋まっていた。アウェー側も噂通り札幌サポのみなさんで満杯。

V2006042913176

西が丘はサッカー専用スタジアムでピッチが間近で臨場感あふれ、収容人員も味スタや国立と段違いに少ないので観客動員の少ないヴェルディ(残念なことではあるけれど事実)のホームゲーム会場としてはなかなか良い雰囲気。

柏戦のあとの3連勝で一時2位まで浮上したものの、直前2試合での連敗で結局柏戦終了時と同じ4位まで後退している状況。しかも直前のアウェー神戸戦では前半、後半ともに開始1分で失点すると言う守備の脆弱性を露呈した。今日の試合を含め第1クールの残り試合をなんとしても勝って順位を上げなければいけない。

平本出場停止でFWに飯尾が初のスタメン起用でバジーリオとの2トップ。またMFの廣山を右SBで起用と云う初めての試み。開始まもない8分に青葉のゴールで先制。平本同様出場停止でエースのフッキを欠いた札幌相手にこの後なかなか追加点が入らず膠着状態に。そしてバジーリオが札幌選手との接触で負傷。痛そうにしながらもしばらくプレーしていたが遂にピッチに倒れ込み齋藤と交代。そのまま前半終了。

後半、この齋藤の突破でようやく追加点をあげ、2-0で試合終了。経験豊富な廣山がDFに収まることで安定感が増したのか、危なげな場面も何度かあったが無失点での勝利となった。自分にとっては第3節駒沢での愛媛戦も行けなかったので開幕戦以来のホーム勝利を目にすることとなった。

青葉は昨年J1昇格を決めたヴァンフォーレ甲府からJ2ヴェルディへ加入。J147試合目で公式戦初ゴールだとか。齋藤は昨年の東海リーグ得点王で静岡FCからトライアウトで加入してきた選手。青葉同様に齋藤もJ公式戦初ゴールである。前にも同じようなことを書いたがJ2へ降格したヴェルディへ来てくれた新しい選手が活躍し、そしてチームが勝つと云うのは本当にうれしいことだ。

この節は上位3チーム(柏、仙台、横浜FC)がそれぞれ勝ったので順位は変わらず4位のまま。柏、仙台とはすでに初回の対戦を終え、負けている。横浜FCとは5月10日第13節味スタホームで直接対決することになるが、その前に5月3日ACL蔚山現代ホランイとのアウェー戦(韓国)、また5月6日に第14節愛媛とのアウェー戦(ACLとの関係で変則日程)と休む間もなく試合が続く。バジーリオの怪我の具合が心配である。

V2006042913179

2006/04/29 13:04キックオフ 西が丘サッカー場
【入場者数】4,239人【天候】曇のち雨のち曇 18.0℃ 93%
【主審】廣瀬 格【副審】鈴木 亮哉/八木 あかね
東京ヴェルディ1969 2-0 コンサドーレ札幌
暫定4位(13チーム中)

| | Comments (0)

イヤーピース

060412r0013143

イヤーピースについて考えてみました。

というほどのことではないのだけど、インナーイヤー・タイプの HP-FX77-W を買ってみたらイヤーピースが耳と接触する時にシャリシャリと耳障りな音がする。イヤーピース材質の問題なのか個人差の問題なのか不明だが耳の中で動く度にとにかく気になる。

すぐに手持ちのMDR-EX51LPのイヤーピースと交換した。メーカーは違うけれど問題ない。ロングコードのヘッドホンが必要な時はイヤーピースをこちらに付け替えて使い回せば良いや、と安易に考えていたが些細な手間でもやはり面倒な気がする。

と云うことで購入したのが上の写真の交換用イヤーピース。これで一応問題解決・・・

なんだけど、なんで予備用のパックがS・M・Lの組み合わせてセットになっているのだろう?イヤホン本体付属のものは人によってサイズの相性があるだろうから3サイズがセットになっているのは分かるのだけど、予備用として購入する場合はさすがにサイズも決まっているかと思う。結局自分に合わないサイズは使わないのだから、S×3、とかM×3、L×3、それぞれのサイズでパックにして販売してくれるのが自然だと思った。

うーん、不思議だな。

| | Comments (0)

夜桜

060404r0013061

| | Comments (0)

味スタ便り− 20060401|柏レイソル戦

V2006040113030

J2第6節、対柏レイソル戦。味スタ、国立に加えて西ヶ丘、駒沢と都内のスタジアムを流浪することになったヴェルディ。味スタでは今年初のホームゲーム。

柏と云えば、分かる人には分かる何かと因縁のあるカードになる訳だけど、まあそれはそれとして、開幕以来負けなしで2節以降首位を独走している柏と前節で2位に浮上したヴェルディとの首位争いでもあったりする訳でここはなんとしても負けられないゲーム。

両チームとも降格を契機に主力選手が大量に離れていったりしたが、ここまででのチームの成熟度と云うか安定度は柏の方が先行していると云うイメージがある。そして実際それは現在の成績に表れている。柏は第1節5位でスタート、第2節以降は1位をキープ、ヴェルディの方は1・5・3・(5)・2と順位も流動的。

大事なゲームと云うことはピッチに立つ選手も重々分かっているはずがキックオフ後早々の2分台で失点。前節の山形戦でも開始1分で失点している。同じような序盤の失敗をまた繰り返している。何だか雲行きが怪しい。が、徐々にペースを掴み始めバジーリオの連続ゴールで2-1で前半終了。

これはいけるかも、との甘い期待は見事に裏切られ、後半DF藤田がこの日2枚目のイエローカードで退場。ひとり少なくなったところですぐさま同点に追いつかれ、更にだめ押しの3点目を許しついに逆転される。なんとしても追加点の欲しいヴェルディだが、後半も残り時間わずかとなった時間帯にFWバジーリオがやはりこの日2枚目のイエローカード(この状況は良く分からない)で退場。そしてそのまま追いつくことなく終了のホイッスル。首位争いに負けて味スタでの開幕戦は終わった。

この日はカードの乱れ飛ぶ激しいゲームでもあったが、8枚の内7枚がヴェルディ。審判の個々の判定に問題があったのかどうかの議論をするつもりはない。連携や個の技量ではかなわずに身体で相手を止めるしかなく、結果的にカードをもらって10人と数的不利な状況を自ら招いての逆転負け。どうみても自滅です。

首位争いの敗戦でヴェルディは2位から4位に後退。試合数がひとつ少ないとはいえ首位の柏とは勝ち点で7点差となってしまった。J2は長丁場と言われるけど、次は、次こそはと言っているうちに1年なんてあっという間に過ぎてしまうだろう。もうあわてる場合なのじゃないか。


ちなみにJリーグのスタジアム初観戦が2004年3月21日味スタでのヴェルディ対柏戦(リーグ戦第2節でヴェルディはホーム開幕戦)だったと云うことで個人的にも記念すべきカードでもあったりします。

2006/04/01 14:04キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】9,733人【天候】晴 16.1℃ 36%
【主審】村上 伸次【副審】西村 典之/田尻 智計
東京ヴェルディ1969 2-3 柏レイソル
暫定4位(13チーム中)

V2006040113037

全員ダッシュ!って、あらどこいくのアナイウソン?

| | Comments (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »