« 日産スタ便り− 20060701|横浜FC戦 | Main | 国立便り- 20060708| サガン鳥栖戦 »

FTP転送の落とし穴

久々に cgi の新規設置を思い立ち、フリーで配布されているパッケージを入手、ファイル一式をサーバーにアップロード。ファイルやディレクトリのパーミッションも設定して、いざインストール用 cgi を起動しようとしたら、エラーで動かない。

必要なライブラリが足りないんじゃないの?とか、まあそのようなエラーメッセージが表示される。とりあえずパーミッションの設定ミスがないことの確認を行い、ファイル一式を上書きでアップロードしてみた。それでも同じエラーでインストール用 cgi が動かない。

設置してみようとした cgi は既に導入済み&稼働中の知人もいるのだが、聞くは末代の恥と言うじゃありませんか。 自力解決をはかるべく、サーバーの FAQ や cgi のユーザーサイト、 Google であれこれ検索するもこれと云った情報に行き当たらない。

ふとエラーメッセージに改めて目をやると

error message from here ---- Can't locate sb/Config.pm in(ry

うん?Config.pm?一気に解決の予感。

どこでこういうこだわりを身に着けてしまったのか定かではないが、サーバーに置くファイル、ディレクトリの名前はすべて小文字でないといけない、と云うこだわりがあり、実際これまで自分で作ったファイルはすべて小文字にしてアップロードしている。

早速 FFFTP のオプションを確認。やはり「ファイル名を全て小文字にして転送」にチェックが・・・。もちろん Config.pm も config.pm の名前でサーバーに置かれていた。その他のオリジナルファイル名に大文字が使われているものもすべて同様。謎は解けた。

転送オプションを「そのままのファイル名で転送」にチェックを入れ直して再度全ファイルアップロード。恐る恐る(でもないか) install.cgi を起動。当たり前だが無事動作。とりあえずセットアップは終わった。

と、タイトル負けするようなオチでした。

|

« 日産スタ便り− 20060701|横浜FC戦 | Main | 国立便り- 20060708| サガン鳥栖戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日産スタ便り− 20060701|横浜FC戦 | Main | 国立便り- 20060708| サガン鳥栖戦 »