« 長いURL文字列を折り返して表示する | Main | 国立便り-20060822| vs柏レイソル »

味スタ便り- 20060819|vs ザスパ草津

V2006081913724
無観客試合ではありません



J2第34節、ザスパ草津戦。一応は5位と12位に位置するチーム同士の対戦ではあるが、そうした過去の順位はもはや関係ない。

ヴェルディは前節アウェーでの湘南戦で0-3と惨敗し、その前の愛媛戦と合わせ7失点2連敗と云う状態。草津は直近3試合で首位を争う2チーム柏、横浜相手に引き分け、上位鳥栖に勝ち、とここのところ調子が良い。

うだうだするような気分は気候の所為だけではない。もやもやしたゲーム運び。両者互角、と云うより押され気味のまま0-0で前半終了。

後半、草津DFがこの日2枚目のイエローカードで退場。その直後石川のゴールでようやく先制するもその10分後に追いつかれ、10人の草津相手に追加点をあげることが出来ずそのままドローで終了。

下位のチームにまさかの引き分け、などではない。普通に相手が強く、ヴェルディが弱い。情けないくらい弱い。シュート数だけ見てもヴェルディ12に対し草津は22。数打てば良いと云うものでもないがそれだけシュートチャンスを作られている訳で、相手にもっと決定力があれば勝ち点1さえ逃していただろう。

1年でのJ1昇格を目指しながら、第3クールも中盤に入ると云うのにいまだにチーム作りが出来ていない。リーグ戦途中で続く選手の補強、放出。日替わりランチのようなスタメン起用。組織も固まらず戦術も見えない。成績が不安定になるのも当然か。

今日の試合のスタメンを見てもリーグ戦スタート時からの在籍選手は5人だけ。後の6人は外部から途中補強の選手達。10日前に加入したばかりのFWのシウバ(サントス)、7月に加入したゼ・ルイス(サンカエターノ)、長野(アビスパ福岡)、マルクス(川崎フロンターレ)、そして5月に加入した海本、石川(それぞれアルビレックス新潟、鹿島アントラーズ)。

途中補強が悪いとは言わないが、スタート時からの在籍メンバーでコンスタントにレギュラー出場しているのは高木、一樹くらいだろうか(開幕後5試合、GKは水原が連続出場だったが)。それでなくとも年間52試合と試合数の多いJ2で、これだけスタメンが流動的では実践でメンバー同士の連携を深める余裕もないのではないか。

期待のFWバジーリオ(12節西が丘での札幌戦で負傷、不調が長引き、現在登録抹消)、そしてキャプテン大野(23節味スタでの神戸戦で負傷、その後の検査で外傷性腰部椎間板ヘルニアとの診断がおり6月末に手術、復帰時期不明)、この2人の離脱の影響も大きいのだろう。大野はいつ戻ってくるのか?昇格圏はどんどん離れて行くのだが・・・

2006/08/19 19:04キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】4,482人【天候】晴 28.6℃ 79%
【主審】牧野 明久【副審】木城 紀和/鳥越 明弘
東京ヴェルディ1969 1 - 1 ザスパ草津
62' 石川 竜也
(71' 高田 保則)
暫定6位(13チーム中)

|

« 長いURL文字列を折り返して表示する | Main | 国立便り-20060822| vs柏レイソル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 長いURL文字列を折り返して表示する | Main | 国立便り-20060822| vs柏レイソル »