« July 2006 | Main | September 2006 »

August 2006 posts

MuVo MICRO N200 電池蓋逝く

MuVo MICRO N200(後継機は ZEN Nano Plus と商品名を変え現在発売中) の電池蓋は脆い。爪が折れやすいのだ。製品の仕様と云うにはあまりにも酷い。そもそも N200 本体自体どちらかと云うと作りがちゃちなのだが、この電池蓋の脆さは格別。

電池蓋の爪だけ取り上げれば、これは欠陥商品だよなあ、とぼやきたくなる。が、別にクレーマーではありません。この素材、色合いともにチープでキッチェな感じがこれまた何とも言えない魅力だったりする訳で。

昨年春にブルーの 256MBモデルを初めて購入。そしてその夏に、手頃な値段で売られていたホワイト 1GBモデルを Amazon で購入、で結局今は2台持ち。

256MBモデル の方は何とか購入時のまま持ちこたえているが、ホワイト 1GB の方はしばらく前にファームウェアのアップグレードに失敗して本体交換、そしてこの度電池蓋の爪が壊れることに。

060828t0013798
写真一番上は爪の折れた電池蓋。その下は Creative より送ってもらったもの。

電池交換の際は毎回腫れ物に触るように神経を集中させて電池蓋を取り扱ってきたのだが、どうやら(持ち運び中かな)何かの拍子に本体が圧迫され力尽きて折れた模様。

まあ、壊れるときは壊れるものである。何をしても駄目なときは駄目。負けるときは負けるのである・・・あ、あれ?

| | Comments (0)

国立便り-20060822| vs柏レイソル

V2006082213776



J2第35節、対柏レイソル戦 in 国立霞ヶ関競技場。他のJ2の試合はすべて明日水
曜日に行われる。明日はJ1の第19節全試合も開催されFC東京がここ国立でホーム
ゲームを行うため、ヴェルディ・柏戦だけが本日開催。

結果から先に書いてしまうと4-1での快勝。7月16日の徳島戦(味スタ)以来久々のホーム
での勝利、しかも相手は第2節以降首位をキープし続けている柏。ヴェルディが現在置かれている厳しい状況がこれで変わるわけではないが、ここのところ情けないゲームが続いただけに本当にうれしかった。現地でしか味わえないゴール裏の久々に明るい雰囲気。何よりも選手達が心底うれしそうだった。気が付けば目から鼻水が。

Continue reading "国立便り-20060822| vs柏レイソル"

| | Comments (0)

味スタ便り- 20060819|vs ザスパ草津

V2006081913724
無観客試合ではありません



J2第34節、ザスパ草津戦。一応は5位と12位に位置するチーム同士の対戦ではあるが、そうした過去の順位はもはや関係ない。

ヴェルディは前節アウェーでの湘南戦で0-3と惨敗し、その前の愛媛戦と合わせ7失点2連敗と云う状態。草津は直近3試合で首位を争う2チーム柏、横浜相手に引き分け、上位鳥栖に勝ち、とここのところ調子が良い。

うだうだするような気分は気候の所為だけではない。もやもやしたゲーム運び。両者互角、と云うより押され気味のまま0-0で前半終了。

後半、草津DFがこの日2枚目のイエローカードで退場。その直後石川のゴールでようやく先制するもその10分後に追いつかれ、10人の草津相手に追加点をあげることが出来ずそのままドローで終了。

下位のチームにまさかの引き分け、などではない。普通に相手が強く、ヴェルディが弱い。情けないくらい弱い。シュート数だけ見てもヴェルディ12に対し草津は22。数打てば良いと云うものでもないがそれだけシュートチャンスを作られている訳で、相手にもっと決定力があれば勝ち点1さえ逃していただろう。

Continue reading "味スタ便り- 20060819|vs ザスパ草津"

| | Comments (0)

長いURL文字列を折り返して表示する

「サーバーインストール型Blogツールを試す(3)」の記事中、ココログでのリンク先画像へのURLを記述しているのだけど、本文表示エリアの右端で折り返されずそこで途切れてしまった(現在は修正済み)。

表示が変なのはすぐに気付いたがどうしたものやら分からないでそのまま放置していたのだが、やはり気になる。そこで「みんなで解決!広場」の初級者向け質問コーナーで尋ねてみたところ早速解決策を教えてもらった。CSS を使う方法と、タグを使う方法の2つ。備忘録としてここに書いておくことにした。

Continue reading "長いURL文字列を折り返して表示する"

| | Comments (0)

国立便り-20060806| vs愛媛FC

V2006080613675Fo

J2第32節、愛媛FC戦。第1クール、駒沢で開催されたホームゲームに行けなかったので愛媛FCとのゲームは初観戦となる。JFL から今年J2へ昇格したばかりの愛媛FC、リーグ戦での順位こそ5位と11位だが、これまでの対戦成績は1勝1分。ホームでは1-0 での辛勝、アウェーではスコアレスドロー。結果からみれば力は互角と言っても良いだろう。

前半早々にゲームが動く。キックオフ間もない2分と云う時間帯で(2試合出場停止明けの)平本がいきなりゴール。結構難しいコースだったと思うがきれいに決めて先制。

今日は行けるか!との期待はすぐに打ち砕かれることに・・・。

先制した数分後に自陣内でちょこんと蹴り出されたボールが前目のポジションにいた高木の頭上を通り越しヴェルディのゴールネットを揺らし追いつかれる。早いスピードで PA 内に攻め込んでくる愛媛の選手達に対応しきれず、同点に追いつかれたその直後に再び失点。あっという間に逆転に持ち込まれた。1点差を取りもどす間もなく更に3失点目がやってきて、おまけにオウンゴールまで献上。

こう云うのを「やらかしてしまった」と言うのだろうか。ここまでで 1-4 のスコア。まだ前半30分ほどまででの展開である。そしてこのままスコアは動かず試合終了。

愛媛FC は特別難しいことをやっていた訳ではなくシンプルでスピードのあるサッカーをやっていた。富澤、飯田と初めてのCBコンビで急ごしらえとも云えるデフェンスラインが災いしたか不安定な守備で好きなようにやられてしまった。

先制した1点を最後まで守りきれるようなチームが勝ち点を積み重ね現在昇格圏内に位置しているのだろう。辛うじて順位は前節の位置をキープしているが、1位から3位までの3チームが揃って勝ったため勝ち点差は開くばかり。

こんな波のあるゲームばかりやっていては昇格を逃すどころか、そのうちスポンサー、一般観客、サポだって離れていくだろう。All for Win 、と同時に Win for All ではないのか。

2006/08/06 19:04キックオフ 国立競技場
【入場者数】4,733人【天候】晴 28.4℃ 68%
【主審】田辺 宏司【副審】安元 利充/田尻 智計
東京ヴェルディ1969 1 - 4 愛媛FC
02' 平本 一樹
(06' 江後 賢一)
(07' 赤井 秀一)
(20' 田中 俊也)
(30' オウンゴール)
暫定5位(13チーム中)

| | Comments (0)

FAIR WARNING | Brother's Keeper

6年ぶりの新作。良くも悪しくも期待を裏切らない、FAIR WARNING 以外のなにものでもないサウンド。

1曲目「Don't Keep Me Wating」からあの FAIR WARNING 節が走り出す。エモーシャナルなトミー・ハートの声、高音の利いたヘルゲ・エンゲルのギター。どこを切っても FAIR WARNING、と云う金太郎飴みたいなバンド。

思えば最初に聞いたのが RAIN MAKER で、これはジャケ買いだったがすぐにはまってしまった。これ、どこの西海岸のバンド?と勘違いしてたのが懐かしい。

圧巻は最後の曲「Push Me On」。イントロのこの不思議なノリはなんだろう。何度も何度も繰りし聴き返してしまう。

初回限定版を買ったのでおまけのドキュメンタリーDVDがついていたのでそちらも見てみた。日本でブレークしながら母国ドイツで不遇を味わってきたメンバー達の想いが語られている。ロック関係の雑誌とかは遙か昔からまったく読まなくなっていたので今回こうした事情を初めて知った。

しばらく新譜をみかけないなあ、と思っていたのだが2000年に解散、今回再結成された由。相変わらず自分のとろさ加減に呆れかえる。

ところで、CD (+DVD)が届いてすぐに WMP から MP3 に取り込み、そのまま MuVo Micro N200 に放り込んで毎日聴いていたのだが、WMP で取得したアルバム情報が実際の曲順と大きく異なっていることに初めて気付いた。ボーナストラックなどは曲名も違う。試しに iTunes で CD を再生させてみたらこちらは正しい曲名情報が表示される。これはなんなんだ?

ちなみに、WMP10 で取り込んだ曲リスト([*] はボーナストラック)
1.Don't Keep Me Waiting
2.Generation Jedi
3.All of My Love
4.Rainbow Eyes
5.Push on Me
6.Wasted Time
7.The Cry
8.The Way
9.Once Bitten, Twice Shy
10.Tell Me Lies
11.In the Dark
12.Still I Believe [*]
13.All I Wanna Do

正しい曲リスト
1.Don't Keep Me Waiting
2.Tell Me Lies
3.In the Dark
4.Wasted Time
5.No Limit [*]
6.Generation Jedi
7.The Way
8.All of My Love
9.Once Bitten, Twice Shy
10.The Cry
11.All I Wanna Do
12.Rainbow Eyes
13.Push on Me

| | Comments (0)

サーバーインストール型Blogツールを試す(3)

Serene Bach 固有の話ではないので最初に恐縮しときます :-)

さて、ここまででココログから Serene Bach への全記事インポート、再構築も行い、実際にサイトを確認してみる。デザインこそ異なるもののそれぞれのエントリーはテキスト部分、画像共にココログと同じにように表示される。

が、なにか変。見た目では分からないが、表示されている画像部分はココログにアップしたものがそのまま使われているのだ。データ移行されたのがテキスト部分だけなので当然だが、これは拙い。

早速 Serene Bach を設置したサーバーへ画像専用ディレクトリを作成しココログで使用しているのと同じ画像ファイルを FTP ですべてアップロード。もちろんこれだけでは Serene Bach に反映されない。画像ファイルへのリンクを書き換えないといけない。画像ファイルへのリンクを含むすべてのエントリーが対象となる。

Serene Bach には検索・置換機能がない。いったんエクスポートしてテキストエディタを使ってリンクを書き換えることになる。例えば「味スタ便り- 20060716|徳島ヴォルティス戦」で使用している画像だとココログでは下のような URL になっている。

ポップアップ画像
http://dmz.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/v2006071613561.jpg
エントリー内の縮小表示
http://dmz.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/v2006071613561.jpg

まず、v2006071613561.jpg までのパス名
http://dmz.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/
と 
http://dmz.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/
を上で作成した画像専用ディレクトリへのパス名に置換する。これは固定文字列なので作業もたいした手間ではない。

次に画像ファイル名。ココログではイメージファイルをアップロードするときにオリジナルファイル名(name.ext の name 部分)が自動的に(と云うか否応なしに)変更されてしまう。v2006071613561.jpg の場合オリジナルファイル名は v-20060716-13561.jpg である。英数文字以外の記号部分がカットされるらしい。

リンクだけでなく img タグの alt属性、title属性にもこの改変されたファイル名(name部分)が設定されている。正確には .jpg を除いた部分で、img alt="V2006071613561" title="V2006071613561" などとなっている。

このファイル名(name部分)の変更をひとつひとつ手作業で行うのはさすがに切ないので、不慣れなタグ付き正規表現を利用して置換作業を行った。うろ覚えだが、

検索文字列:v([0-9][0-9][0-9][0-9][0-9][0-9][0-9][0-9])([0-9]+)
置換文字列:v-\1-\2

こんな感じだっただろうか。たぶんもっとうまい書き方があるのだろうけどこれで精一杯。

以上の置換作業を施したテキストデータを再び Serene Bach にインポート。再構築してようやく画像関連も含めたココログデータの移行が終わった。

| | Comments (3)

« July 2006 | Main | September 2006 »