« August 2006 | Main | October 2006 »

September 2006 posts

国立便り-20060930 | vs ヴィッセル神戸

V2006093013951
神戸サポのみなさんはゲーム開始前に「愛の賛歌」(の替え歌)を合唱するのだが、これがなかなか耳に残る。J1の頃もやってたのだろうか?あまり記憶にない。観客の少ない国立では良く聞こえる。そう云えば水戸サポのみなさんは国立で「君が代」を斉唱していたっけ。



V2006093013964
あおり弾幕?


リーグ戦第43節、ヴィッセル神戸戦。いまや昇格争いグループのひとつに大躍進している神戸との1戦。ヴェルディは試合のなかった前節で6位から7位へ順位を下げている。

開始早々からミスの目立つヴェルディと対照的にきついプレスをかけまくる神戸。どうみても失点は時間の問題と思わせる展開。案の定7分で先制される。その後も押され気味の流れで追いつく前に追加点を取られる悪い予感。

が、前半も半ばを過ぎた頃からやや落ち着きを取り戻し、まずマルクスからのパスを受け俊足でそのまま敵陣左サイドへ深く切り込んだシウバがマイナスクロスを放ち、飛び込んできた廣山がそのボールを蹴り込みネットを揺らす。

これで追いつくと、マルクスがシュートして神戸GKが取りこぼしたボールをコーナーぎりぎりのところから自ら押し込んで逆転、さらに大橋のCKから戸川の弾丸ヘッドと、ほんの5分ほどの間に3得点。(いまのヴェルディらしからぬ?)夢のような怒濤の逆転劇で 3 - 1 で前半終了。

後半、一気に3得点したようなリズムをヴェルディが何故か持続できない序盤、流れは再び神戸へ。前半を思い出させるようなムードの中2失点目を許してしまう。1点差ではおぼつかない。同点にされればその勢いで逆転まであり得る。

ドキドキハラハラする中、大橋が喜名と交代。その後、ルイスからのパスをPA内左サイドで受けたシウバがすぐ前に立つ相手DFを逸れるようにカーブする絶妙なシュートでゴールを決める。

更に廣山が一樹(今日もベンチスタートです)と交代。PA前でその一樹からのパスを受けたルイスが目の前の相手選手の向こう側へボールを一旦放りながら抜け出し自らシュート、と云う小憎らしいようなプレー、これが決まり5点目。

ロスタイムは確か5分。前半ヴェルディが5分で3得点したのだからその逆のことが起きても不思議ではない。このロスタイムの長いこと長いこと。が、無事このまま終了のホイッスル。今年これまで3試合全敗していた神戸相手に最後に 5- 2 で雪辱を果たした。

神戸、と云えばヴェルディキラーのアツ(三浦淳宏)。マジでこわい選手だが今日は少し調子が悪かったのだろか。いままでのアツだったらまた違った結果になったかも知れない。

戸川。降格後もヴェルディに残った一人。ヴェルディユースから大学生活を経てヴェルディ入り。今日の弾丸ヘッドがプロ入り初ゴールだったとか。おめでとう。

第4クールに入り、これで3連勝だが・・・

V2006093013980
ゴール裏前で「METRO」と「原宿よさこい連」のみなさんが披露してくれたよさこい踊りパフォーマンス(ハーフタイム)

2006/09/30 14:08キックオフ 国立競技場
【入場者数】6,553人【天候】曇 25.3℃ 49%
【主審】廣瀬 格【副審】中井 恒/西尾 英朗
東京ヴェルディ1969 5 - 2 ヴィッセル神戸
(07' 田中 英雄)
35' 廣山 望
37' マルクス
40' 戸川 健太
(60' 田中 英雄)
73' シウバ
85' ゼ ルイス
暫定5位(13チーム中)
※今節、勝ち点差1で6位の鳥栖の試合(対柏戦)が翌日に残っているので1日だけの暫定順位。

| | Comments (0)

MuVo S200

060924r0013932
S200 到着

Creative メモリープレーヤー MuVo S200 1GB シルバーモデル MV-S1G-SV
Amazon で購入。9,980円。最大10%還元対象商品なので750円のギフト券がもらえる。実質 9,230円。

060924r0013936
製品内容一覧

左・上から
インストールCD(使わないけど)
※但しソフトウェアだけでなく製品マニュアル/保証書もこのCDの中に収録されている
USBケーブル(Aタイプ - ミニBタイプ)
単4乾電池
ステレオイヤホン(使わないけど)
右・上から
本体
クイックスタートガイド

写真に取り忘れたが、これらの他にネックストラップが添付されている(使わないけど)。

060924r0013938
本体上部

バッテリボックスの蓋はスライドさせてから上げるような作りになっている。N200 と比較して安心設計。爪折れの悩みから解放。なんとなくライターに見えなくもない・・・

060924r0013946
本体下部

USBポートは剥き出しになっている。埃や異物が入り込みそうでここはちょっと不安。

060924r0013937
S200 と N200

本体のサイズ比較参考に並べてみた。カタログ値は、
S200 約36.8mm×68.0mm×14.5mm
N200 約33.5mm×65.5mm×13mm

実際に手に持ってみると、 N200 より造りのしっかりしているような外観のせいもあってか N200 と比較して結構大きく感じる。

Apple製品をはじめコンパクトさだけなら他に選択肢があるが、バッテリー内蔵でないのでどうしてもこのくらいになってしまう。あえて単4電池で動作する製品を選らんでいる訳なので S200 や N200 くらいのサイズは仕方ないと納得している。

| | Comments (0)

味スタ便り-20060923 | vs モンテディオ山形

V2006092313907

J2リーグ戦第41節。モンテディオ山形戦。第4クール2戦目。

これまでの対戦成績は 3-2(第5節、山形)、0-1(第17節、味スタ)、1-0(第29節、山形)。山形の得点はすべてレアンドロによるもの。そのレアンドロが前節に続き出場停止中。前節終了時点で得点ランキング3位のFW不在。こう云うのも運のひとつなのだろうか。

一方ヴェルディは、15試合休み無く出場し続けてきたマルクスが警告累積でリーグ戦途中の移籍加入後初めての不在。同じ中盤のプレイヤー菅原も外れ、代わりに大橋、久場が久々のスタメン入り。FW陣は横浜FC戦から3試合連続で廣山・シウバがスタメン、一樹はベンチスタート。

双方惜しい場面、危ない場面がいくつかありながらもなかなか得点できない。
クロスバーに阻まれたが惜しい直接FKを放った大橋、
爆速ドリブルでひとりで敵陣突破するゼ・ルイス、
相変わらず俊足のシウバ(とにかく早い。これにシュートの決定力がプラスされれば・・・)、
意表をつくようなプレーでチャンスを作る久場、などなど。
結局、後半の廣山のヘディングによるゴール(石川のクロスも抜群だった)が唯一の決め手となり 1-0 で終了。第28節徳島戦以来3試合ぶりの味スタホームでの勝利となった。



廣山は今日のゴールで今季2得点(ちなみに最初の得点も山形戦だった)。ここのところFWで起用されているが(ヴェルディでは)本来MF登録の選手。決定力はいまひとつだが、動きを見ていると素人目にもなかなか味わいのあるプレーをする。ちょっとレベルの違う考え・意識を持っているのだろう。が、それだけでなく身体も良く動く。

ジェフ市原の出身でその後パラグアイ、ブラジル、ポルトガル、フランスと海外クラブを渡り歩き、2004年の夏に唐突にヴェルディに移籍してきた。その時から何となく気になる選手だったが、アルディレス監督の元あまり出場機会がないまま翌年にはセレッソ大阪へレンタル移籍。そして今年、J1へ昇格させるべくヴェルディに戻って来たという。「どこかに戻るというのは、これまでで初めてだ。」と自身のブログにも書かれている。

今日の試合でもピッチでシウバと何事か話し合っている場面が見られたが、ポルトガル語が出来るのでチームのブラジル人選手達とのコミュニケーションも良く取れているのだろう。1プレイヤーと云うだけでなく貴重な存在だと思う。



V2006092313921
TOMAS PRESENTS MATCH
ヴェルディのスポンサーである TOMAS の生徒さん達来場で久々に賑わうバックスタンド。今年ホームで初めての1万人越え・・・

2006/09/23 14:04キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】11,176人【天候】曇 24.1℃ 44%
【主審】鍋島 將起【副審】竹内 元人/野上 正人
東京ヴェルディ1969 1 - 0 モンテディオ山形
58' 廣山 望
暫定順位6位

| | Comments (0)

MuVo MICRO N200 電池蓋再び・・・

新しく届いた電池蓋の爪折れが怖くてホワイト 1GBモデルはしばし封印することにして、最初に買った方のブルー 256MBモデルをここしばらく常用していたのだけど、こちらもやらかしてしまった。

256MB だからと粗末に扱っていたわけではなかったが、不注意で高いところから床に落としてしまい、そのショックでこちらも電池蓋の爪が・・・

CREATIVEに頼めば新品の電池蓋をまた送ってもらえるだろうけど、連続のことなのでなんだか億劫になり、蓋無し電池丸見え状態で使ってみた。これはさすがにアレなのでいまは爪無し電池蓋をテープで止めて使っている。手始めにセロテープ。剥がすときに面倒なので次はマスキングテープに変えた。

N200 の電池蓋の爪の脆さは前々から分かっていたもののさすがに2度も続くと凹みます。と云うことで別のポータブルオーディオプレイヤーを発注。数日後に届く予定。

| | Comments (0)

Turbo C++ Explorer のインストール

実際にインストールしてみたので、自分の為の備忘録としてインストールした手順を以下に書いておきます。



1.前準備

ダウンロードの際に Borland から送られてきた「ボーランド製品登録」と題されたメールを予めホームディレクトリに保存しておく。Windows XP の場合、
C:\Documents and Settings\<ユーザー名>
がホームディレクトリとなる。

マイドキュメントのフォルダを C: 以外のドライブに設定しているとそのドライブにも Documents and Settings\<ユーザー名> のパス名を持つディレクトリがあったりするが、そちらではなくあくまで上に書いたディレクトリを指すらしい。



2. 本体インストール前に必要な項目のインストール

PrereqsJP.zip の展開。この ZIP ファイルの中には

dotNETJSharp
dotNETRedist
dotNETSDK
IE60SP1
MSXML

の5つのフォルダが格納されている。
IE6 は既にインストール済みなのでこれは解凍省略。残りの4つのフォルダを適当な場所に解凍。適当に以下の順番でインストール実行。()内はそれぞれのファイルが格納されているフォルダ。

setup.exe (dotNETSDK)
Microsoft .NET Framework SDK v1.1

dotnetfx.exe (dotNETRedist)
Microsoft .NET Framework v1.1

langpack.exe (dotNETRedist)
Microsoft .NET Framework v1.1 Language Pack

NDP1.1sp1-KB867460-X86.exe (dotNETRedist)
Microsoft .NET Framework v1.1 SP1

vjredist.exe (dotNETJSharp)
Microsoft Visual J# .NET v1.1 Redistributable

vjredist-LP.exe (dotNETJSharp)
Microsoft Visual J# .NET v1.1 Redistributable Language Pack

msxml.msi (MSXML)
Microsoft XML Core Services(MSXML)v4.0 SP2

dotNETRedistフォルダには WindowsServer2003-KB867460-x86-JPN.EXE もあったがこれはそのままにしておいた(結果的にインストールに支障はなかった模様)。



3.Turbo C++ Explorer 本体のインストール

最後に TCPP_EXPL_JP_DL.exe を実行。
これで Turbo C++ Explorer 本体がインストールされる。

ちなみにこれら一式のインストールによるドライブの空き容量の変化は

インストール前:6.09 GB
インストール後:4.60 GB

だった。

| | Comments (2)

黄昏れて

村八分のナンバーにこんな歌詞の一節があるような気がしたけど、手持ちのアルバムを調べてみたら見つからなかった。

草臥れて、を覚え違いしてた模様。

まあ、なんとなく黄昏れてます。

060918r0013881

| | Comments (0)

Turbo C++

Turboブランド復活。製品のダウンロード配布も開始された。

が、新製品ではなく、前にもちょっと触れた BDS(Borland Developer Studio)から、C++、Delphi、Delphi for .NET、C# の4製品が言語別に単体販売されるだけのものだった。

Turbo C++ は、BDS 2006 に含まれている Borland C++Builder 2006 と同じ製品。今回リリースされた Turboシリーズにはそれぞれの言語別に有償の Professional 版と、無償の Explorer版がある。 両者の違いは、
1.開発環境のカスタマイズ/拡張と独自コンポーネントの追加
2.他社製コンポーネントやプラグインの利用による開発環境の拡張
3.他社製ツールの搭載
これらが Professional だけの対応となっている点。言い換えればこの3点が不要なら Explorer で十分、と云うことになる。

うーん、なんだろう。BDS は関心はあったものの購入しないままダララダときたが、仮に購入しても使うのはまず単一言語(C++)だけ。 Turbo C++ Explore を入手すれば(上記の制限はあるものの)同じツールが無償で入手出来ることになった訳で、BCB最新版だけのために BDS 2006 を買っていたら馬鹿を見るところだった。とは言い過ぎかな?

Continue reading "Turbo C++"

| | Comments (0)

西が丘便り-20060909 | vs 横浜FC

V2006090913867



有力昇格候補横浜FCを西が丘サッカー場へ迎えてのJ2第38節。この試合で一足早くヴェルディは第3クールを終えることになる。

ここまでの流れ。ヴェルディは直近のホームゲーム(国立)で首位柏を 4 - 1 で破り、これで波に乗り出すかとの期待も空しく、続くアウェー戦で神戸、鳥栖に2連敗。鳥栖とは直接対決での敗戦で順位も入れ替わり、5位から6位へ後退。一方の横浜FCはここへきて神戸の躍進で順位をひとつ落としてるものの3位をキープ、ここ直近10試合で5勝4分1敗と9試合負けが無い(1敗は前節神戸との直接対決での敗戦)。


ゲームは 1 - 1 のドローで終了。どちらの得点もセットプレーから、と云うのがこの日の内容を象徴しているかも知れない。

Continue reading "西が丘便り-20060909 | vs 横浜FC"

| | Comments (0)

ノートPCのバッテリーから発火しませんか?

こんな訳で DELL製ノートPCユーザーとなって1年んヶ月、たいしたトラブルもなく過ごしてきたところ、SONY製セルを使ったノートPC用バッテリーの発火問題が発生。

DELL のサイトでバッテリーの PPID(部品番号)をチェックしてみると見事に自主回収対象品と判明。この Web サイトでの確認情報はそのまま DELL に流れ、「Order Email: Battery Replacement Order Confirmation」と題された(自動送信?)メールが届く。

このメールには交換スケジュール、交換品が届くまでの使用上の注意などについて英文をまんま自動和訳したような文章で書かれているのだが、リコールに関する問い合わせ手段として掲載されているフリーダイヤルがどうみても米国の番号。書面によるご質問の宛先は Austin, TX 78758 のどこやら、って、これどこよ?


Continue reading "ノートPCのバッテリーから発火しませんか?"

| | Comments (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »