« FC東京 X 横浜FC | Main | 国立便り-20061126| vs ベガルタ仙台 »

で、MuVo S200 はどうよ?

だいぶ日が空いてしまったけど使用記など。

最初の PC との接続。Creative Media Sourceなどの付属ソフトウェアを利用しなければインストールCD不要で、 PC のUSBポートに接続すれば使えるようになる(XP Pro SP2)。

N200 同様にUSBマスストレージとして扱えるので付属転送ソフトなどを使わずに(エクスプローラなどで)ファイルをそのまま転送出来るのが個人的にこだわりのポイント。

早速 DYNA で左窓に PC の音楽ファイル保存フォルダ、右窓に S200 の中を表示させ適当にセレクトしたアルバムをフォルダ毎コピーしてみる。USB 2.0/1.1(Full/Low-Speed)対応なのだが、実際は(N200と比べても)転送速度が遅いようだ。まあお茶でも飲みながらのんびりと転送の終わるのを待つ。

音質はなかなか良さげ、かと思う。

バスブースト:
N200 にはなかったもの。N200 では低音を強調させるためにイコライザをいじくっていたが、S200 ではバスブーストをオンにするだけでプリセットのロックでも十分気に入った音に出来た。

お気に入りモード:
N200 も S200 もプレイリストの概念がない。ノーマル再生モードだとフォルダ名、ファイル名がソートされた順番で再生される。
フォルダをまたいで複数の曲を選択して再生、と云うことがそのままでは出来ないのだが、S200 では予めお気に入りに登録しておくことで特定の曲だけを再生することが出来る。この登録情報は FAVOSONG.PLT と云う名前のファイルに保存されるが、残念ながらテキストファイルではないのでエディタなどでの編集は出来ない。

歌詞表示機能:
再生させながら、予め用意しておいた歌詞ファイル(MP3のID3タグ歌詞と、MP3/WMAのLRCファイル対応)の内容を表示させる、と云う機能だが個人的には全く興味がないので使い勝手は不明。

操作性は、インターフェースが N200 と全く違うので最初だけ戸惑ったがすぐに慣れた。慣れるとこちらの方はむしろ使いやすい。

難点は、上にも書いたが転送速度の遅いこと。曲ファイルを頻繁に総入れ替えをすることはないので致命的なものではないが是非改善して欲しいところ。ただ、ユーザーズガイドによればフォーマットで改善出来るようなことも書かれている。購入時は FAT16 だが FAT32 に変えると何か変化があるかも知れない。まだ試していない。

それから、有機ELディスプレイとかを使用しているのだが、これがコントラストを最大にしても日中とかだと表示が非常に見づらい。屋外で曲名の確認などに不便することになる。

音量はかなり大きい。静かな屋外では目盛り1でも十分な程。いまのところカスタムイコライザで調整するか、ヘッドフォンを換えることでしか対処できない。出力音圧レベル(音圧感度)が100dB未満のヘッドフォンを使用すると具合が良いかも知れない。

いずれにせよ、N200 で散々悩ませられた電池蓋の破損の心配がまず無くなったのでそれだけでも満足です。

|

« FC東京 X 横浜FC | Main | 国立便り-20061126| vs ベガルタ仙台 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« FC東京 X 横浜FC | Main | 国立便り-20061126| vs ベガルタ仙台 »