« 国立便り-20061126| vs ベガルタ仙台 | Main | DH-ONE/U2 »

Jリーグ2006年シーズン終了

昨日でJ1・J2共に2006年シーズン終了。

初めてのJ2は全52節、48試合。長かったようでもあり、あっと云う間に終わってしまったようでもあり・・・

昇格:
前節で早々とJ2優勝、初のJ1昇格を決めた横浜FCに続き、最終節で柏のJ1昇格が決まった。昨年の降格組からの復帰一番乗り。神戸は入れ替え戦行きとなった。12/6、/9 に実施される2006J1・J2入れ替え戦の結果次第だが1年での復帰の可能性はまだ残っている。

いまや冬の風物詩のひとつとも云える柏の入れ替え戦が見られなくなったのは心から残念(あ、冗談ですよ、柏サポのみなさん)。まあ因縁と云うか何かといろいろあるが、それはそれ、おめでとうございます。来年、味スタに来た時は気が向いたら観に行くかな。何故か黄色のタオマフも持っているし。

降格:
前節で最下位(18位)が決定した京都、そして最終節で17位となったセレッソ大阪が自動降格。そのC大阪と入れ替わり16位に浮上した福岡が入れ替え戦へ。福岡はヴェルディから飯尾がレンタル移籍中なので心情的には福岡に頑張って欲しい。ヴェルディと相性が悪い神戸にも早く昇格しちゃって欲しい、と云うのもあるし複雑・・・とか言ってみる。

優勝:
J1では最終節の1位・2位の直接対決で浦和が初優勝。個人的には、昨年得点ランキング2位の記録を出しながらながら所属クラブ降格、今年の移籍先でリーグ優勝、最終節で自身もマグノアウベスと並んで得点ランキング1位となったワシントンにご苦労様、おめでとう、と言いたい。

ヴェルディ:
最終節、アウェーでの草津戦を引き分け。昇格可能性が1969%消えた水戸戦直後の2試合、上位横浜FC、鳥栖との試合には勝ったもののその後最終節までの3試合は2分1敗と云う戦績で7位を維持。そのまま最終順位7位確定。

第1節だけ1位でスタートしたものの第2クール以降は昇格争いに絡むこともなく、結局上から数えても下から数えてもど真ん中の順位でシーズンを終えた。

11月末には1名の引退と11名の戦力外通告がクラブから公表された。数だけなら1チーム編成できる人数である。水原・常澤のGK2人も含まれているのでGKは高木ひとりしか残らない。中には今年移籍してきながら出場機会もなく怪我のまま去っていく選手(木島)とかもいたりする。今後伸びていく可能性のあるだろう若手達もいる。

やるせないが、これはもちろん序章であり、今年期限付移籍でやって来た選手を含め他の選手達の動向もまだまだ分からない。降格した昨年と違い、現状では自らの意志で出て行く選手がいても今年は仕方ないと思う。

戦力外通告を受けた選手達、そしていろいろな事情でこれから去って行くかもしれない選手達には「ありがとう、どこに行っても頑張って下さい」と言いたい。


|

« 国立便り-20061126| vs ベガルタ仙台 | Main | DH-ONE/U2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 国立便り-20061126| vs ベガルタ仙台 | Main | DH-ONE/U2 »