« 国立便り-20070304 | vs ザスパ草津 | Main | ぼくは二十歳だった。それが人の一生で一番・・・ »

味スタ便り-20070321 | vs セレッソ大阪

V2007032114403

昨年11月18日サガン鳥栖戦(J2リーグ戦第49節)以来、久しぶりの味スタでのホームゲーム。

V2007032114406

V2007032114408

J2リーグ戦第4節、対セレッソ大阪戦。セレッソとは2005年11月12日J1リーグ戦第30節以来(当時直近8試合で5敗3分けのヴェルディと11連勝のセレッソとのゲームは 0 - 1 でセレッソが勝った)。



双方決め手がなくスコアレスのまま前半を終え、後半に入ってもなかなか進展がない。眠くなるようなゲーム。一番目立っていたのは主審か。前半5枚、後半5枚のイエローカードを出しまくり、この日2枚目のイエローカードを出されたセレッソのDF藤本康太が退場。

数的優位をチャンスに活かせないヴェルディ。どちらか1点先制した方が勝つか、スコアレスドローで終わるか、と思われたが、残り15分くらいの時間帯でPK を得てそれをフッキが決め、ようやくゲームが動く。そしてドリブルで相手陣内に攻め込んだフッキから出された絶妙のパスを船越が流し込み追加点。そのまま 2 - 0 で終了。

前節までで3連勝するも

草津(H)○ 5 - 0
愛媛(A)○ 3 - 1
仙台(A)△ 2 - 2

と、試合毎の得点数は下降、逆に失点数は上昇と云う嫌な流れで来ていたのと、降格したばかりのクラブとの対戦と云うことで不安があったが、何とか4連勝。

今日だけは大野の代わりに佐藤悠介(湘南ベルマーレより移籍)が起用されたが、他の選手は開幕戦からスタメン固定。フッキの活躍は期待通り、と云うか期待以上。ディエゴはまだ調子が上がらないのかな。平本はやはり怪我らしい。名波がほぼフル出場したのにはちょっとびっくり。ただし、ラモスをねじ込めて「ベテランは3日間休み」を勝ち取った由(from J's GOALの記者会見コメントより)。


V2007032114423

V2007032114431

セレッソ(CEREZO)とはスペイン語で「桜」の意味。で、桜を食べちゃえ、ってことで会場で配られた桜飴(マッチデープログラムの右上)。

2007/03/21 13:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】8,065人【天候】晴 12.6℃ 30%
【主審】扇谷 健司【副審】相樂 亨/武田 進
東京ヴェルディ1969 2 - 0 セレッソ大阪
80' フッキ
86' 船越 優蔵

|

« 国立便り-20070304 | vs ザスパ草津 | Main | ぼくは二十歳だった。それが人の一生で一番・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 国立便り-20070304 | vs ザスパ草津 | Main | ぼくは二十歳だった。それが人の一生で一番・・・ »