« 母の日 | Main | Dark Tranquillity | Fiction [from US] [Import] »

一樹、横浜FCへ期限付き移籍

例えば、ラモスが練習中に呼びつけられいきなり解任を告げられたとかの話しを聞いてもビックリしないが、一樹のこれには・・・

自分にとって一樹は良くも悪しくもヴェルディの顔。降格後残留を決めてくれた時は本当にうれしかった。

昨シーズン、一樹自身は日本人選手で得点ランキング2番目の実績を残しながらチームは昇格ならず。

今シーズン、怪我で出遅れ、初めてスタメンとなった試合でイエローカード2枚もらい退場。延べ3試合130分の出場、得点0。

監督は誰でも良い。一樹がいるヴェルディでJ1へ行きたかった。

とにかく、新しい環境で頑張ってくれ、といまはそれだけ。


■予兆、あるいは勝手な思い込み

実は、サポクラ先行入会キャンペーンで希望選手のサイン入り試合球プレゼントに当選したと電話があったのが3月の20日過ぎ。そんなキャンペーンはすっかり忘れていた。
平本選手でお願いします、と伝え電話を切った。

ところがいつになってもブツが届かない。連絡もない。いくら選手や事務局が忙しいとはいえサインひとつもらうのにこんなに時間がかかるものなのだろうか?何となく嫌な予感が。

ひと月ほど待ってからサポクラ事務局に問い合わせの電話を入れてみた。

分かるものがいない、と言う。最初に電話で応対した人は既に事務局から去っていて、状況の分かる人間がいないと。

その直後事務局からメールも送られてきたが、「お待ち下さい」との内容。

単にサポクラ事務局がいい加減なだけなのか、あるいはその頃から移籍話が裏で進行していてサインがもらえなかったのか(邪推かな?)、何とも分からない。

今日現在、一樹のサイン入り試合球は届いていない・・・


|

« 母の日 | Main | Dark Tranquillity | Fiction [from US] [Import] »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 母の日 | Main | Dark Tranquillity | Fiction [from US] [Import] »