« HUB 八王子店 | Main | 母の日 »

七転び一起き

5月7日、セレッソ大阪の都並監督解任。ビックリした。

都並さんを間近で見たのは昨年のヴェルディファン感謝デー。後にも先にもあの時一度だけ。

元々ああ云うキャラクなのだろうか、場を盛り上げるのが上手く、頼りになる兄貴、って感じの印象だった。

セレッソ大阪は第2クール緒戦終了時で9位。勝ち点15、4勝3分け6敗と云う成績。
7位のヴェルディとは勝ち点差1だけ。

他のクラブの事情はほとんど分からないが、過酷で厳しいプロの世界、あくまで1年でのJ1復帰を目指すと云うクラブの姿勢だけは否が応でも感じられた。

J's GOALに都並さんや選手たちのコメントが掲載されている。監督は選手の所為にしないし、選手は監督の所為にしない。

(選手達に対して)「やる気を持ってついてきてくれたのに結果を出してあげらず(ママ)本当申し訳ない。」と語る都並さん、

そしてその都並さんに「チームとして選手として申し訳ない。」と森島選手。他の選手達の口からも自分たちの責任、と云ったようなコメントが寄せられている。

こう云うコメントを読むと切ない気持ちになるが、

やはりなんだかんだ言っても結果が一番。
すでに後任監督も決定しているとか。ずいぶん手際が良いが、これがJ1昇格を目指すクラブの普通の姿なんだろうなあ。


|

« HUB 八王子店 | Main | 母の日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« HUB 八王子店 | Main | 母の日 »