« 西が丘便り-20070812 | vs 水戸ホーリーホック | Main | 夏なんです »

国立便り-20070819 | vs 京都サンガF.C

V2007081915330

V2007081915343

J2第35節、2位京都との国立での対戦。

今夜のゲームメーカーはフッキと扇谷主審。

0 - 0 で前半の試合が終わり他の選手達が引き上げ始めたピッチ上でフッキ、ディエゴが審判団と何か言い合っていた。とそのうちフッキにイエローカードが。異議への警告のようだ。フッキは金髪で登場してきたのだが、その金髪も扇谷主審には不快だったのでしょうか。

なんとなく嫌な予感・・・

そして後半始まってまもなく、ラインを割ったボールをフッキが思い切り蹴飛ばした行為に対し2枚目のイエローカード、即レッドカードで退場。

これでゲームプランが大きく変わってしまった。以降ヴェルディは10人での戦いを強いられることになる。京都の方はフッキが居なくなった分攻撃に注力できる。

フッキとコンビでスタメンだったFW船越を下げ、前線でボールを持てばなんとかひとりで打開できるタイプの齋藤投入。が、なかなかうまいタイミングでボールが来ない。

右サイド(京都側からは左サイト)の守備がもたもたとするようになり心配になっていたところ、案の定右サイドから上げられたクロスに徳重が走り込んできて先制されてしまった。

大野OUTで金澤IN。そして久々にベンチ入りしていた飯尾がこれまた久しぶりにスタメン起用されていた藤田に代わってピッチへ。飯尾は得点こそなかったもののチャンスメイクとなるプレーを見せてくれたと思う。

なんとか追加点を与えずに迎えたロスタイム。服部からのクロスをディエゴが決めやっと追いつく。そしてこのまま 1 - 1 でタイムアップ。

試合終了後、選手達を迎えるゴール裏からはブーイングと拍手が。

それは勝ち点2を取り損なったことへのブーイングであり、一方で、後半10人での戦いを強いられ先制されながらもロスタイムで何とか引き分けに持ち込んだことへの拍手でもあった。

前節アウェーで鳥栖に負けながらも、どうにか3位以下のだんご状態の中に踏みとどまっていたヴェルディ。第3クールも今節を含めて残すところ4試合、とにかく勝ち続けるしかない状況で迎えた2位との直接対決となったゲームを勝てなかった。

30節以降3位チームとの勝ち点差が1だったのが、前節で2点差に開き、今節で4点差まで開いてしまった。福岡、湘南が勝ち進んできて順位も30節での4位から6位に後退。

うーん、厳しい。

V2007081915360


V2007081915353
札幌か!?、と一瞬思わせるような京都のユニ


2007/08/19 19:03キックオフ 国立競技場
【入場者数】6,070人【天候】晴 28.6℃ 75%
【主審】扇谷 健司【副審】手塚 洋/安食 弘幸
東京ヴェルディ1969 1 - 1 京都サンガF.C.
(73' 徳重 隆明)
89' ディエゴ

|

« 西が丘便り-20070812 | vs 水戸ホーリーホック | Main | 夏なんです »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 西が丘便り-20070812 | vs 水戸ホーリーホック | Main | 夏なんです »