« July 2007 | Main | September 2007 »

August 2007 posts

国立便り-20070826 | vs 徳島ヴォルティス

V2007082615384

V2007082615413

J2第36節、徳島ヴォルティス戦。

7連敗中で順位も12位の徳島だが、そんなの関係ない。ヴェルディとは今季1勝1敗。しかも1敗は味スタでのホームゲーム。3位争いから脱落しないためにはとにかく勝つしかない。

日中の暑さも少しは和らぎ、スタジアムは風が心地良いくらいだった。が、試合の方は先制した時間帯の後は最後まですっきりしない、グダグダ感が漂う、そんな内容だった。

名波が14試合ぶりにピッチに。気持ちは感じられたが怪我の状態がまだ良くないのだろうか?走る歩くのも辛そうだった。

フッキが出場停止で、FWスタメンは船越、飯尾の二人。ほぼフルタイムでプレーする飯尾を見るのは初めてのような気がする。船越の先制点も飯尾のアシストから。後半、絶対的な好機でシュートをふかしてしまったが、これまた終始気持ちの感じられるプレーを見せてくれたと思う。

後半齋藤、金澤が投入されてからは得点への匂いは出てきたが、結局追加点を決めきれなかった。義成とゴールポストのファインセーブに助けられ何とか無失点で終わったと云うところか。

この調子では次節の草津戦も苦戦しそうな予感。

順位は6位からひとつ上がり、3位福岡、4位仙台と勝ち点差1となった。が、試合数が二つ少ない湘南が勝ち点差3で真下にいるのが不気味ではある。

V2007082615451

2007/08/26 19:03キックオフ 国立競技場
【入場者数】5,243人【天候】晴 28.6℃ 69%
【主審】野田 祐樹【副審】鳥越 明弘/村田 裕介
東京ヴェルディ1969 1 - 0 徳島ヴォルティス
01' 船越 優蔵

| | Comments (0)

ヨーグルト入りチキンカレー

仕事休みの土曜日は夕食当番となる(ヴェルディのホームゲームのある時は免除)。

定番はカレーライス。

夏場は家族にあまり歓迎されないのだが、あれこれ料理を考えるのが面倒なので今夜もカレー。

たまには変わったカレーを、と思い立ちヨーグルトを使ったチキンカレーに挑戦。

本格的なものはまたの機会にすることにして、市販のカレールーを利用したレシピをネットで見つけたのでそちらを参考にさせてもらうことにした。

材料の買い出しを先に済ませてしまってからレシピを調べたのだが、トマト水煮缶が必要らしいことが分かった。ひとりでキッチンを探し回ったが無さそうなので生のトマトで代用することに。

元々、火にかけたカレーの鍋にヨーグルトを入れるのかとイージーに考えていたのだが大きな勘違いで、あらかじめ塩こしょうした鶏肉をヨーグルトに漬けておくらしい。無知とは恥ずかしいものだ。

まずは塩こしょうした鶏肉とヨーグルトをジップロックに詰め込み冷蔵庫へ。

0707825r0015376
こんな感じ。うーん、見た目は(ry

包丁を使うのが苦手なのでにんじんやらタマネギやらを切ったり刻んだりの野菜の下ごしらえに軽く1時間はかかる。

家族に笑われるのだが乱切りと云うものがうまく出来ない。例えばにんじんだっらこんな姿に・・・

0707825r0015374


0707825r0015381
完成品。
ただただご飯にカレーをかけるだけなのだが、ブログに写真を載せるのにこの盛りつけはなんとかならんかったのかな、と撮った後で気になったが後の祭り。

味の方だが、お手軽版にしてはなかなか美味かった。本格的なチキンカレーはクセがあってちょっとどうも、と云う向きにもお勧めです。

フライパンと鍋で作るチキンカレー by あやのすけ
http://cookpad.com/ayano/recipe/59642/

今回は、こちらのレシピを参考にさせて頂きました。材料やら手順やら勝手に手抜きした部分もありましたが、ありがとうございます。

| | Comments (0)

夏なんです

0707822r0015364

ここ最近はサッカー観戦以外で都心方面へへ出てくることはほとんどないのだが、

所用があって2ヶ月に一度ここを通る。

かれこれ10年近くになるだろうか、昔は真夏の炎天下に渋谷からここまで歩いてきたこともあった。

この場所の夏の風景を見るのも今年が最後。

目黒川船入場、と云うらしい。

0707822r0015367

| | Comments (0)

国立便り-20070819 | vs 京都サンガF.C

V2007081915330

V2007081915343

J2第35節、2位京都との国立での対戦。

今夜のゲームメーカーはフッキと扇谷主審。

0 - 0 で前半の試合が終わり他の選手達が引き上げ始めたピッチ上でフッキ、ディエゴが審判団と何か言い合っていた。とそのうちフッキにイエローカードが。異議への警告のようだ。フッキは金髪で登場してきたのだが、その金髪も扇谷主審には不快だったのでしょうか。

なんとなく嫌な予感・・・

そして後半始まってまもなく、ラインを割ったボールをフッキが思い切り蹴飛ばした行為に対し2枚目のイエローカード、即レッドカードで退場。

これでゲームプランが大きく変わってしまった。以降ヴェルディは10人での戦いを強いられることになる。京都の方はフッキが居なくなった分攻撃に注力できる。

フッキとコンビでスタメンだったFW船越を下げ、前線でボールを持てばなんとかひとりで打開できるタイプの齋藤投入。が、なかなかうまいタイミングでボールが来ない。

右サイド(京都側からは左サイト)の守備がもたもたとするようになり心配になっていたところ、案の定右サイドから上げられたクロスに徳重が走り込んできて先制されてしまった。

大野OUTで金澤IN。そして久々にベンチ入りしていた飯尾がこれまた久しぶりにスタメン起用されていた藤田に代わってピッチへ。飯尾は得点こそなかったもののチャンスメイクとなるプレーを見せてくれたと思う。

なんとか追加点を与えずに迎えたロスタイム。服部からのクロスをディエゴが決めやっと追いつく。そしてこのまま 1 - 1 でタイムアップ。

試合終了後、選手達を迎えるゴール裏からはブーイングと拍手が。

それは勝ち点2を取り損なったことへのブーイングであり、一方で、後半10人での戦いを強いられ先制されながらもロスタイムで何とか引き分けに持ち込んだことへの拍手でもあった。

前節アウェーで鳥栖に負けながらも、どうにか3位以下のだんご状態の中に踏みとどまっていたヴェルディ。第3クールも今節を含めて残すところ4試合、とにかく勝ち続けるしかない状況で迎えた2位との直接対決となったゲームを勝てなかった。

30節以降3位チームとの勝ち点差が1だったのが、前節で2点差に開き、今節で4点差まで開いてしまった。福岡、湘南が勝ち進んできて順位も30節での4位から6位に後退。

うーん、厳しい。

V2007081915360


V2007081915353
札幌か!?、と一瞬思わせるような京都のユニ


2007/08/19 19:03キックオフ 国立競技場
【入場者数】6,070人【天候】晴 28.6℃ 75%
【主審】扇谷 健司【副審】手塚 洋/安食 弘幸
東京ヴェルディ1969 1 - 1 京都サンガF.C.
(73' 徳重 隆明)
89' ディエゴ

| | Comments (0)

西が丘便り-20070812 | vs 水戸ホーリーホック

V2007081215285

J2第33節、水戸ホーリーホック戦は西が丘3連戦の最終日。

これまで水戸にはホームで勝ったことがない。特に昨年10月28日味スタで 1 - 4(この敗戦で昇格への可能性が完全に絶たれた)、今年は5月3日国立で 1 - 5 (この敗戦で7連敗と云う不甲斐ない記録を・・・)とやられ放題。

水戸ちゃん、などと呼ばれたりするが、ヴェルディキラーで怖いチーム、と云うのが個人的な印象。ボールを持った後のスピーディーな攻撃や裏を取られるプレーにやられてきた。

今日のヴェルディ。今節、出場停止明けのフッキが復帰。ゴールこそなかったものの相変わらず見応えのあるプレーを見せてくれた。そう云えば前回5失点で負けた時はフッキもディエゴもいなかった。

そして、同じくFWではこれまで怪我で出場機会がなかった齋藤が今季初ベンチ入り。後半残り5分ほどの時間帯でフッキに代わりピッチに立った。アッピールするほどの時間はほとんどなかったが、昨年7ゴールあげた選手である。これからの活躍に期待したい。

廣山はどうしたのかベンチ入りもなかったが、ほとんど出ずっぱりだったので疲れたか?

ゲームの方は、前半の内に先制し、さらに追加点をあげ 2 - 0 で折り返し、後半は得点の積み上げはなかったが水戸を無失点で抑え前回の雪辱を果たし、西が丘3連戦を全勝2勝1分と無敗で終えることが出来た。

気になる順位に目をやると、札幌(65)の首位独走体制は崩れず、勝ち点差7で京都(58)が2位。そして、

3位:福岡(52)
4位:仙台(52)
5位:ヴェルディ(51)
(札幌、京都、福岡は1試合づつ未消化)

入れ替え戦となる3位周辺が混戦となっている。

V2007081215292
ブレまくってます。新しいデジカメが欲しい・・・


2007/08/12 19:03キックオフ 西が丘サッカー場
【入場者数】4,382人【天候】晴 29.3℃ 64%
【主審】家本 政明【副審】岡野 尚士/前島 和彦
東京ヴェルディ1969 2 - 0 水戸ホーリーホック
22' ディエゴ
32' 船越 優蔵



V2007081215262
高いところは苦手なのでカメラマンさんを見上げているだけで足がガクブルします

V2007081215267
移動用バス

V2007081215269
アウェーゴール裏の皆様は納涼漢祭りとやらを存分に楽しまれたでしょうか?



| | Comments (0)

ひよ子、夏の詰め合わせ

0707811r0015260

妻が買ってきたのだが、このパッケージ、詰め合わせは初めて見る。

昔、「ぽんぽこ」と云う名前の菓子があった。
父が好きだったのだが、いつのまにか見かけなくなった。

「ひよ子」は可愛い動物の形状、もこもことした味わい、とその「ぽんぽこ」に良く似ている。

早速口にしようとしたら、盆の入りに父に供えてから・・・、と妻に叱られてしまった。

ちなみにこのパッケージとは別に、夏バージョンの「ひよ子」と云うのもあるらしく、そちらはパッケージがひまりの絵になっている。

0707811r0015259

| | Comments (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »