« August 2007 | Main | October 2007 »

September 2007 posts

味スタ便り-20070930 | vs コンサドーレ札幌

V2007093015626

J2リーグ戦第43節、コンサドーレ札幌。首位との直接対決。

難しいゲームになると予想していたが、ディエゴがキレキレで大爆発。

キックオフの笛の音の余韻がまだ耳に残っているような時間帯、服部のFKを起点にディエゴが7試合ぶりのゴールでまさかの先制。

振り返るとこの立ち上がり早々の先制弾が両チームの勢いを分けたような気がする。

ヴェルディペースでの時間が続く中、服部のFKをヘッドで決めディエゴ2点目。セットプレーで苦戦させられきた札幌相手にセットプレーで2得点。

2 - 0 で折り返し、後半間もない時間帯で大野のヘッドで追加点、そして5試合連続得点中のフッキが相手陣内へ切り込み今季31得点目となるゴールを決め 4 - 0 に。

後半終了間際に1点取られるも、すぐ後にまたまたディエゴのゴールと終わってみれば 5 - 1 で圧勝。

ディエゴは日本に来て初のハットトリックだとか。3ゴール目はPA内でフッキが自分でも打てる位置からパスを出し、ディエゴが決めた。フッキからディエゴへのプレゼント?

フッキ、ディエゴの活躍だけでなくピッチに立った選手全員が 90分を通して気持ちのこもったプレーで攻め、守った。デジャブのようなセットプレーからの失点だけは余計だったが・・・

札幌首位は変わらずだが、ヴェルディは2位へ浮上。第1クール悪夢の7連敗時の 9位からここまで良く持ち直したものだと思う。札幌とは最大で19点開いていた勝ち点差が4点までになった。

それでも3位京都とは勝ち点1、4位仙台とは勝ち点2の差しかない。京都、札幌と上位相手に連勝をして次節からは(現時点で)下位チームとのゲームとなるが、当然のことながら順位が下だからと言って楽なゲームはひとつもない。まだまだ厳しい昇格争いは続く。

V2007093015634
2007/09/30 13:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】11,833人【天候】雨 16.3℃ 86%
【主審】家本 政明【副審】宮島 一代/金子 聡一郎
東京ヴェルディ1969 5 - 1 コンサドーレ札幌
01' ディエゴ
14' ディエゴ
51' 大野 敏隆
76' フッキ
(87' 池内 友彦)
89' ディエゴ



V2007093015609
ヴェルディボーイズ?
TOMAS PRESENTS MATCH と云うことで来場者にプレゼントされたオリジナルタオマフを頭に巻き、雨をものともせずゴール裏最前列に立つ子供達。なかなかキマッてました。

V2007093015638
味スタで購入した天皇杯3回戦のチケット。10月7日開催。
またこの季節が来た。早いものだ。

| | Comments (2)

負けないTシャツ

世の中には他愛のないげんを担ぐ人間がいる。
自分もそのひとりだったりする訳で。

2004年に買ったアウェーバージョンのプレイヤーズTシャツ。

これまでスタジアムへ着ていくことはほとんどなかった。もしかしたら一度もなかったかも知れない。

ほんの気まぐれで20節仙台戦の時にこれを着て味スタへ向かった。この試合は 2 - 1 でヴェルディが勝った。

次のホームゲーム、札幌戦(味スタ)ではまたいつものように緑のTシャツに戻した。特に理由はない。セットプレー1発に沈んだ。

その次の鳥栖戦ではまたこのTシャツを着てみた。3 - 1で勝った。

ん?これは勝つTシャツなのか?以降意識的にこのTシャツを着てスタジアムへ行くようになった。

その次は西が丘での山形戦。
0 - 0 のまま後半に入り、終盤で先制されてしまった。1点ビハインドのままロスタイムへ。これは駄目なのか・・・と半ば諦めかけていたところ終了間際にフッキの劇的な同点弾で引き分けへ。

以来、勝つTシャツ改め負けないTシャツと勝手に呼ぶことにした。

■20節以降のホームゲームの戦績
20:06/09(土)仙台○2-1[味スタ]
23:06/24(日)札幌●0-1[味スタ]*負けないTシャツ非着用
25:07/01(日)鳥栖○3-1[味スタ]
28:07/14(土)山形△1-1[西が丘]
30:07/25(水)大阪○4-0[西が丘]
33:08/12(日)水戸○2-0[西が丘]
35:08/19(日)京都△1-1[国立]
36:08/26(日)徳島○1-0[国立]
38:09/02(日)草津○3-1[味スタ]
40:09/16(日)福岡○2-0[味スタ]
(左端の数字は節)

札幌戦を除くと7勝2分。ホームゲームで負けなくなった時期とたまたま重なっただけじゃないか、と言われればその通り。それでも構わない。

明日は、首位札幌との直接対決。2位京都が今日の試合でドローに終わり、勝ち点差2。ヴェルディが勝てば入れ替わりで2位に上がる。引き分け以下の場合は3位キープ若しくは4位後退。

通算で負け越している札幌が相手で難しいゲームになるのは予想されるが、
もちろん、「負けないTシャツ」を着ていく。

| | Comments (0)

ヴェルヴェット・リヴォルヴァー | リベルタド-デラックス・エディション(DVD付) [Limited Edition]

070819r0015316

Velvet Revolver の 2ndアルバム Libertad。CD単体だけのものも発売されているが、DVD付き2枚セットの方を購入。
DVDには2007年(て、今年ですが)の南米ツアーのドキュメント映像が収録されている。

だいぶ前から新しいCDを買っても最初にCDプレーヤーで聴くと云うことがほとんどなくなり、まずは音源ソースをPCへ取り込んでしまうのが習慣になっている。

今回もいつものように開封早々にCDをPCにセット。するとディスプレイにいきなり VIDEO 映像が。あら、ディスクを間違えて入れてしまったかと確認するとDVDの方はちゃんとケースに残っている。

実は、Enhanced CD になっていて(ちゃんと記載がありました・・・)、 Re-Evolution:Maiking Of Libertad と題された VIDEO のエクストラトラックが含まれていた訳で、 バンドメンバーのインタビューが収録されている。

DVD に収録されている南米ツアーのライブ映像は4曲。画質はあまり良くないが、Velvet Revolver の実際の演奏シーンは見たことがなかったので DVD付きを買って良かったと思う。
(YouTobe でたくさんの動画がアップされているのは最近になって知った)

ちなみに、DVDに収録されているライブ映像は、

1st[Contraband] から、
Do It For The Kids
Sucker Train Blues

この[Libertad]から
She Builds Quick Machines
Let It Roll

の4曲。

さて感想は、と云うとこれがなかなか難しい。

実は買ったのが2ヶ月ほど前。以来毎日のように聴いているのだがなんともいまひとつしっくりこない。

1st の Contraband は一発で気に入った。こちらも1曲目 Let It Roll を聴いただけでこれだ!と思ったのだがアルバム全体を聴き通すとどうも微妙な感じで。

捨て曲がある訳ではないのだが 1st と比べて良くも悪くもバラエティー豊かな構成なのでそれが起因しているのかもしれない。


| | Comments (0)

味スタ便り-20070916 | vs アビスパ福岡

V2007091615518


J2リーグ戦第40節、アビスパ福岡戦。いよいよ最終クール、第4クールのスタート。
第3クール最終戦となった前節アウェー湘南戦は、両チームにとって相手チームだけでなく主審(柏原丈二)との戦いをも強いられる熾烈な戦いを余儀なくされ、両チーム合わせてイエローカード12枚が乱舞、2枚目での退場者が双方1名ずつ。

ゲーム自体は緊張感の溢れる好ゲームだったし特別ラフプレーが多かったわけではななかった。主審(柏原丈二)が大爆発しただけだったもと言われる。

結局、1 - 1 のドローで終わり勝ち点を1ずつ分けることになった。そして、ヴェルディは土屋、戸川のDF2人、湘南はアジエル他3名が次節出場停止と云うどちらも痛い結果となった。



第3クールを3位仙台と勝ち点差3で追う順位で終わったヴェルディ。最終クールを迎え、昇格争いにとどまるためには落とせるゲームなどない状況。

一方の福岡も一時は3位まで順位を上げながら前節までで4連敗、ここで負けると5連敗、さらに昇格争いから大きく後退、と云う厳しい状況。

久しぶりのデーゲームだが、9月半ばとは云えまだ日差しが厳しい。風が吹いているのがせめてもの救い。

上に書いたように土屋、戸川とセンターバック2人を欠いたヴェルディは、左から服部、富澤、萩村、海本の4バック。右サイドに廣山、左サイドにFW飯尾を前節に続きMF起用、菅原、そして久しぶりのスタメン起用となる佐藤悠介を中盤に置き、フッキ、ディエゴの2トップと云う布陣で臨む。そして昨年後半ヴェルディで活躍し、今季は横浜FCに在籍、そして再びヴェルディへ戻ってきたシウバがベンチ入り。

ゲーム開始からヴェルディは攻守ともにどこかぎこちない感じで、フッキのところへもなかなかボールが入らない。自分たちのペースでゲームを運んでいたのは福岡の方だった。

義成の好セーブでいくつ失点を免れただろう。GKの好セーブが印象に残ると云うのはあまりよろしいことではない。

それでもなんとかPKで先制し 1 - 0 で前半終了。

湘南戦では、同じように前半先制し、相手が退場者を出し数的有利になったにも関わらず追加点を取れず結局ロスタイムで同点に追いつかれた。今回は後半1分、フッキが直接FKを見事に決め早々に追加点を得る。

結局このまま 2 - 0 でゲーム終了。何とか3位仙台との勝ち点差を空けずに4位をキープすることとなった。

FWから本職のMFに戻った廣山、FWからMFへコンバート起用の飯尾、それぞれ左右のサイドを走り回ることで攻撃にバリエーションが生まれ、この2人の配置は当たりだと思う。

ディエゴも春先と比べると段違いに調子を戻してきたが、なかなかゴールが決まらない。ディエゴだけでなくフッキ以外はシュートの精度が悪く、絶好のチャンスをいくつも外した。

極めつけは、痛んだフッキに代わって投入されたシウバ。相手GKと1対1と云う絶妙の場面で放ったシュートはまさかの枠外へ。去年の活躍ぶりを見ているだけにがっかりな外しっぷりだった。まだゲーム感が戻っていないのか、劣化してしまったのか分からないが、どうなんでしょうね?

この時期、13時キックオフはちと早いようで。観てる方も暑くてたまらないが、ピッチでプレーする選手達はもっときつくて大変だっただろうことは言うまでもない。試合後のインタビューで義成も「こんな時間にやりたくないですねえ」みたいなことを話していた。ラモスも監督インタービューで「あり得ない」とコメントしている。

次のホームゲーム(第43節札幌戦)も味スタで13時キックオフ。9月30日なのでその頃には少しは暑さも和らぐでしょうか?

V2007091615537

2007年9月16日 13:03キックオフ/味の素スタジアム
【入場者数】7,274人 【天候】晴 32.4℃ 60%
【主審】小川 直仁  【副審】五十川 和也/阿部 浩士
東京ヴェルディ1969 2 - 0 アビスパ福岡
'31 フッキ(PK)
'46 フッキ



V2007091615515
試合前の選手紹介、相手チームの紹介時にオーロラビジョンに映し出される選手名一覧。
何故か左下にリンゴが。さてこのリンゴの意味は・・・


これを書いている間ににラモス監督のお母さんが逝去されたとの訃報が入った。
突然のことでびっくりしている。
合掌

| | Comments (4)

稲城の梨

0707909r0015507
(真ん中に立っているのは・・・クララです)

近くのスーパーで売っていたので買ってみた。
聞いていた通りずいぶん大きい。
右は普通の梨。大きさの違いが良く分かるかと。

稲城市のホームページをみると、稲城市内では、文字通り「稲城」を含めて色々な品種の梨が栽培されているようだが、写真の梨にはただ「稲城の梨」とだけ書かれていた。

ブランドとしての「稲城の梨」は、昨年商標登録された由。

| | Comments (0)

味スタ便り-20070902 | vs ザスパ草津

V2007090215468
2ヶ月ぶりの味スタホームゲーム

V2007090215480
恒例の湯もみ娘さん達の姿も



J2第38節、ザスパ草津戦は25節鳥栖戦(7/1)以来2ヶ月ぶりの味スタでのホームゲーム。

FWの高田選手が5試合連続ゴールを決めて波に乗り、チームとしてもここ5試合負け無しと好調な草津に対して、ヴェルディは服部、戸川、土屋、海本の4バック、中盤に名波、大野、廣山、菅原、そしてフッキ、ディエゴの2トップと云う初めて見る布陣で臨む。

4バックと云うことで嫌な予感があったが、結果は、前半2ゴール、後半1ゴールとフッキのハットトリックで 3 - 1 と勝利。まさにフッキデーと呼んでも良さそうなゲームだった。フッキ頼みの○サッカーとかの罵倒は甘んじて受けます。

ただ、失点は余計だった。相手CKのボールをジャンプしてキャッチした義成。普段ならGJ!と叫ぶ場面だが、ここでポロリと義成の手を離れたボールを相手に蹴り込まれてしまったもの。これの他にも集中力の切れたようなプレーが見られ、これが対戦相手のミスを見逃さず決定機をきちんと決めるチーム相手だったら、と思うとぞっとする。

前回アウェーでの対戦では、草津の選手から、
「ヴェルディの4バックは安定していなかった。なんでヴェルディが7連敗したかが分かった気がした。」
引用元:http://www.jsgoal.jp/news/00049000/00049936.html
とまで言われてしまった4バックだが、とりあえず今回は無難な結果で終わることが出来た。

順位は6位から4位に浮上。3位の仙台とは勝ち点差1。次節は第3クール最終節。現在勝ち点差2の6位湘南ベルマーレとのアウェーでのゲーム。湘南は消化試合がひとつ少なく、第28節の試合が繰り延べで9月5日に行われる。

V2007090215493

2007/09/02 19:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】4,378人【天候】曇 24.2℃ 62%
【主審】井上 知大【副審】長谷 忠志/木城 紀和
東京ヴェルディ1969 3 - 1 ザスパ草津
07' フッキ
28' フッキ
(47' 尾本 敬)
56' フッキ



昨年、途中加入してきたゼ ルイスが、今節の試合直前に退団。サンパウロFCに移籍してしまった。中盤で攻守に渡って献身的なプレーを見せてくれた選手だけに何故この時期に、と云う想いもあるが、家族の事情もあるようで。
警告累積で出場停止となった国立での京都戦。サイン会で間近で見たゼ ルイス。人なつっこさそうなその笑顔は忘れない。、とりあえずは、いままでありがとう。

| | Comments (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »