« 23試合 | Main | Puppy Linux と無線LAN その2 »

味スタ便り-20080809| vs アルビレックス新潟

V200808090017396

リーグ戦第20節、アルビレックス新潟戦。

なんというか感慨深いゲームだった。

キックオフ前に飯尾の100試合出場(前々節柏戦で達成)、平本の150試合出場を祝うセレモニーが行われ、このコンビがスタメンで2トップ。大黒はベンチ入りもしていなかったのでどうしたのだろうと思っていたのだが怪我らしい。それで一樹・飯尾コンビが見られることとなったようだ。

開始間もない時間帯にフリーキックからのこぼれ球を振り向き様にシュートした飯尾のゲット・ゴールで先制。それからほぼ10分後に一樹からのパスを受けた飯尾が2ゴール目をあげる。

そして前半も終盤間近、今度は平本が3点目を決める。相手守備陣を振り払い、転びそうな体勢になりながら(そんな風に見えた)も必死にゴールに向かい、シュート。そのボールが相手GK越しにネットを揺らした。

4点目は、飯尾の放ったシュートを相手GKが弾き飛ばし、そのボールをいつの間にどこから飛び込んできたのか福西がさわやかにゴールへ蹴り込んだ。

その福西は前半・後半でイエローカードを 1枚づつもらって退場。次節出場停止となってしまった。あとで録画で確認してみることにするが、どちらのカードも現地では良く分からなかった。

新潟はマルシオ リシャルデスの出場停止が影響したのだろうか(良く分からないけど・・・)。得点順位 2位のアレッサンドロはさすがだなあと思わせる動きを見せていた。また、いつ加入したのかアウグストが後半から出てきた。J2時代に横浜FCでプレーしていた選手である。

ホームで4得点もあげたのは13節の清水戦以来で今年2回目。過去ホームで 3得点以上あげたゲームにはいつもフッキが居た。日本人選手だけで4得点、しかも無失点で抑えたと云うのは大きいと思う。

前線からの献身的な守備、和田の久々の右SB起用(残念ながらイエローカードで次節出場停止となってしまったが)、そしてチーム全体が(当たり前のことなんだけど)チームとして連動、機能していた。

ホームでの勝ち試合はうれしいし、ゴールシーンはいくつでも見たいものだ。

今日はそれだけでなく、一樹・飯尾が節目を祝うゲームでそれぞれしっかり結果を残したのが何よりもうれしかった。
このコンビがスタメンで 2トップと云うのは久々に見るなあ、
と思ったら 2005年元日の天皇杯決勝以来だとか。

2008/08/09 18:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】9,211人【天候】曇 28.9℃ 66%
【主審】村上 伸次【副審】宮島 一代/大塚 晴弘
東京ヴェルディ 4 - 0 アルビレックス新潟
09' 飯尾 一慶
20' 飯尾 一慶
40' 平本 一樹
62' 福西 崇史

V200808090017419


|

« 23試合 | Main | Puppy Linux と無線LAN その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 味スタ便り-20080809| vs アルビレックス新潟:

« 23試合 | Main | Puppy Linux と無線LAN その2 »