« Puppy Linux を USBメモリーで使ってみる | Main | 23試合 »

Puppy Linux と無線LAN

Puppy Linuxを使うにあたって気がかりだったのが Wireless でインターネットにつながるのか?
と云うことだった。

Inspiron6000 には Intel Pro Wireless 2200BG Mini PCI Card を後付けで入れてある。

Puppy Linux の前に試した CD版KNOPPIX では内蔵有線LANポートしか認識されなかった。必要な手順を踏めばちゃんと認識されたのかもしれないが、あまり調べることもせず、とりあえずあきらめた。

結論から書いてしまうと Puppy Linux では 2200BG が自動で認識されアクセスポイントへの接続も成功し無事にインターネットにつながった。

ネットワークウィザードを実行してみると既に eth1 として 2200BG が認識され、モジュールは ipw2200 がロードされている。あとは eth1 の設定を行うだけである。

毎回すんなりとは進まないのだが、いろいろいじっているうちにアクセスポイントへ接続が出来ている、そんな感じ。

我が家の無線アクセスポイントは WHR-G54S(WEP64)、その LANポートに何故か Apple の Wi-Fi Base Station - AirMac Extreme(こちらはWPA) がぶら下がっている。

WindowsXP からはどちらもつながるのだが、どういうわけか Puppy Linux では何度試しても WHR-G54S につながらない。

とりあえず AirMac Extreme で困ることはないのだが、なんだかくやしい。

いろいろと手なずけなくてはならないようだ。こういうのもまた楽しみであるわけで。

|

« Puppy Linux を USBメモリーで使ってみる | Main | 23試合 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Puppy Linux と無線LAN:

« Puppy Linux を USBメモリーで使ってみる | Main | 23試合 »