« フクアリ便り-20080914| vs ジェフユナイテッド千葉 | Main | 味スタ便り-20080928 | vs ガンバ大阪 »

味スタ便り-20080920 | vs 大分トリニータ

V200809200017572

J1リーグ戦第25節、対戦相手は首位争い真っ最中の大分トリニータ(前節終了時順位2位4位、ヴェルディは14位13位)。味スタでのホームゲームはずいぶん久しぶりだな、と思ったら8月9日の新潟戦以来だった。

デーゲームだったが、あまり書く気もなくて今頃更新している。

負けた悔しさは不思議なほどない。ただただ、なんともつまらないゲームだった。

これは凡戦だなあ、と思いながら見ていた前半、終了間近にウェズレイのFKが直接ゴールネットを揺らし 0 - 1 で折り返す。FK は那須のファール(那須はここでイエローカードを出される)によるものだった。

後半早々、大分側の FK にからむゴール前でのごたごたの中で那須に2枚目のイエローカードが出され退場。スタンドからは何が起きたのか分からなかった。とにかく負け越している中で退場者を出し、数的不利の中で追加点を決められ、そのまま試合終了。

那須の2枚目は、ゴール前の競り合いの中、大分のFW森重に小突かれ、それに対する報復行為で出されたらしい(森重にもイエローカード)。

中盤の底で守備的ボランチとして要となっていた菅原が怪我で欠場。

元々CBである那須が前節からボランチとして起用されていたが、その前節、那須に代わってCBとして入った萩村が2度の警告で退場。今回は那須が同じように2度の警告で退場。萩村はPKを与えて失点、那須も(ウェズレイのシュートが見事だったにしても)失点のきっかけを与える、と云うまるでデジャブのような流れで連敗。

大分のサッカーは、良くも悪しくものらりくらりとしたような印象のサッカーで正直面白みのないサッカーだったが、それに乗せられるようにヴェルディも面白みのないサッカーをしてしまった(それでも後半、大黒に代わって河野が入ってからはちょっと見入ってしまうプレーもあったが)。あれが大分の戦術なのだろうか。

とはいえ、試合データを見ると大分は11本のシュートを打っている。対してヴェルディはたったの3本である。前節アウェー千葉戦では18本、それでも無得点だった。いくらエコ推奨のご時勢だとはいえ、90分でシュート3本はエコモードにもほどがある。

首位争いをしているチームはやはりそれだけのものがあるのだろうと妙に納得。

それにしても、那須退場のきっかけとなった大分のFKの場面。キッカーがなかなかボールを蹴らず、スタンドで見ていてもイライラするものだった。ゴール前で守りに入るヴェルディの選手達はどうだっただろうか。

あからさまな遅延行為だと思うのだが、主審は放置。あの呆れるほど長い時間かせぎシーンが今日の試合で一番印象に残るシーンだった。

2008/09/20 13:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】8,671人【天候】晴 29.0℃ 54%
【主審】高山 啓義【副審】岡野 宇広/相葉 忠臣
東京ヴェルディ 0 - 2 大分トリニータ
(44' ウェズレイ)
(58' 上本大海)

GK 1 土肥洋一
DF 4 和田拓三 '63 OUT
DF 27 飯田真輝
DF 17 土屋征夫
DF 22 服部年宏
MF 23 福西崇史
MF 5 那須大亮
MF 8 柴崎晃誠
MF 10 ディエゴ
FW 25 平本一樹 '82 OUT
FW 36 大黒将志 '63 OUT
(SUB)
GK 21 高木義成
DF 2 福田健介 '63 IN
MF 20 廣山 望
MF 31 新村純平
MF 33 河野広貴 '63 IN
FW 16 飯尾一慶 '82 IN
FW 19 船越優蔵


|

« フクアリ便り-20080914| vs ジェフユナイテッド千葉 | Main | 味スタ便り-20080928 | vs ガンバ大阪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 味スタ便り-20080920 | vs 大分トリニータ:

« フクアリ便り-20080914| vs ジェフユナイテッド千葉 | Main | 味スタ便り-20080928 | vs ガンバ大阪 »