« August 2008 | Main | November 2008 »

September 2008 posts

味スタ便り-20080928 | vs ガンバ大阪

V200809280017615

リーグ戦第27節、ガンバ大阪戦。

今日は、良かったことと言ったら4試合振りにゴールシーンが見られたことか。

ガンバサポーターもたくさん見えられ、さらに「TOMAS PRESENTS MATCH」と云うことでスポンサーである株式会社リソー教育(TOMAS)の生徒さん・関係者さん達が大挙来場、バックスタンド及びホーム側自由席上層部が開放されそちらも埋まるほどの入りだった。

こういった日に面白いゲームで勝ち試合を見せられれば良いのだろうが、いまのヴェルディはそう云う流れにない。序盤こそ良さそうな入り方をしたものの開始10分で先制され、その2分後に追加点を取られ、あっという間に2点のビハインド。そのまま何も出来ずに前半終了。

前節まで無得点で3連敗でしてきたヴェルディにとっては非常に厳しい展開である。

後半、バックスタンドからゴール裏へ移動した。見る場所が変わっただけではないだろう。まるでスイッチが入れ直されたかのようにアグレッシブに攻めるヴェルディが見られた。そうした中でPA内に攻め込んだディエゴのシュートが決まり、1点差へと持ち込む。

これをきっかけに何とか早く追いついて欲しいところだが、逆に播戸に代わって投入された佐々木に3点目を決められまたまた2点差に。ヴェルディはその後得点できないまま結局 1 - 3 で終了。実力差と納得するしかない。

ここ数試合怪我で欠場していた守備的ボランチ菅原がスタメンで復帰したが、まだ調子が良くなかったのだろうか。

また、平本・飯尾のコンビが第21節アウェー鹿島戦以来の2トップでスタメン(ヴェルディ公式サイトのホットトピックスでは「8月9日に4-0で勝利した新潟戦以来」とあるがこれは間違い)、FWは交代なく90分この2人がピッチに立ったが得点と云う結果は出せなかった。

飯尾は守備もサボらずいつも終始走り回るタイプのFWなのだが、そのプレーぶりもあってか、スタメンでもベンチスタートでも途中交代がこれまでのパターンだった。フル出場は今節が初めて。

これで、9月は4戦全敗。勝ち点の上積みゼロ。4試合で得点 1と散々な戦績に終わった。

8月末時点で11位だった順位も今節終了時点で 15位まで下げている。

下位だったチームは札幌を除いてすべて勝ち点を積み重ね、神戸、新潟 、清水、横浜は順位でヴェルディを追い越していった。17位だった千葉はヴェルディ戦での勝利から連勝し続けて勝ち点12を積み重ね、順位も磐田と入れ替わり16位。ヴェルディとの勝ち点差も 1 と快進撃。ヴェルディは 17位の磐田とも勝ち点差 2。

残留最低ラインは勝ち点40と云う話がある。ヴェルディは現在勝ち点31、残り7試合。
いよいよ順位表をみるのが恐い状態にはまりこんでしまった訳だが・・・

なにはともあれ、とにかくガンガンとシュートを打って欲しい。

2008/09/28 16:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】30,517人【天候】曇時々雨 18.8℃ 52%
【主審】東城 穣【副審】廣嶋 禎数/原田 昌彦
東京ヴェルディ 1 - 3 ガンバ大阪
(10' 遠藤保仁)
(12' 明神智和)
55' ディエゴ
(69' 佐々木勇人)

GK 1 土肥洋一
DF 2 福田健介
DF 17 土屋征夫
DF 5 那須大亮
DF 22 服部年宏
MF 23 福西崇史
MF 6 菅原 智 78' OUT
MF 8 柴崎晃誠
MF 10 ディエゴ
FW 16 飯尾一慶
FW 25 平本一樹
(SUB)
GK 21 高木義成
DF 3 萩村滋則
MF 7 レアンドロ
MF 20 廣山 望 78' IN
MF 24 吉武 剛
FW 19 船越優蔵
FW 36 大黒将志

V200809280017621

| | Comments (0) | TrackBack (0)

味スタ便り-20080920 | vs 大分トリニータ

V200809200017572

J1リーグ戦第25節、対戦相手は首位争い真っ最中の大分トリニータ(前節終了時順位2位4位、ヴェルディは14位13位)。味スタでのホームゲームはずいぶん久しぶりだな、と思ったら8月9日の新潟戦以来だった。

デーゲームだったが、あまり書く気もなくて今頃更新している。

負けた悔しさは不思議なほどない。ただただ、なんともつまらないゲームだった。

これは凡戦だなあ、と思いながら見ていた前半、終了間近にウェズレイのFKが直接ゴールネットを揺らし 0 - 1 で折り返す。FK は那須のファール(那須はここでイエローカードを出される)によるものだった。

後半早々、大分側の FK にからむゴール前でのごたごたの中で那須に2枚目のイエローカードが出され退場。スタンドからは何が起きたのか分からなかった。とにかく負け越している中で退場者を出し、数的不利の中で追加点を決められ、そのまま試合終了。

那須の2枚目は、ゴール前の競り合いの中、大分のFW森重に小突かれ、それに対する報復行為で出されたらしい(森重にもイエローカード)。

中盤の底で守備的ボランチとして要となっていた菅原が怪我で欠場。

元々CBである那須が前節からボランチとして起用されていたが、その前節、那須に代わってCBとして入った萩村が2度の警告で退場。今回は那須が同じように2度の警告で退場。萩村はPKを与えて失点、那須も(ウェズレイのシュートが見事だったにしても)失点のきっかけを与える、と云うまるでデジャブのような流れで連敗。

大分のサッカーは、良くも悪しくものらりくらりとしたような印象のサッカーで正直面白みのないサッカーだったが、それに乗せられるようにヴェルディも面白みのないサッカーをしてしまった(それでも後半、大黒に代わって河野が入ってからはちょっと見入ってしまうプレーもあったが)。あれが大分の戦術なのだろうか。

とはいえ、試合データを見ると大分は11本のシュートを打っている。対してヴェルディはたったの3本である。前節アウェー千葉戦では18本、それでも無得点だった。いくらエコ推奨のご時勢だとはいえ、90分でシュート3本はエコモードにもほどがある。

首位争いをしているチームはやはりそれだけのものがあるのだろうと妙に納得。

それにしても、那須退場のきっかけとなった大分のFKの場面。キッカーがなかなかボールを蹴らず、スタンドで見ていてもイライラするものだった。ゴール前で守りに入るヴェルディの選手達はどうだっただろうか。

あからさまな遅延行為だと思うのだが、主審は放置。あの呆れるほど長い時間かせぎシーンが今日の試合で一番印象に残るシーンだった。

2008/09/20 13:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】8,671人【天候】晴 29.0℃ 54%
【主審】高山 啓義【副審】岡野 宇広/相葉 忠臣
東京ヴェルディ 0 - 2 大分トリニータ
(44' ウェズレイ)
(58' 上本大海)

GK 1 土肥洋一
DF 4 和田拓三 '63 OUT
DF 27 飯田真輝
DF 17 土屋征夫
DF 22 服部年宏
MF 23 福西崇史
MF 5 那須大亮
MF 8 柴崎晃誠
MF 10 ディエゴ
FW 25 平本一樹 '82 OUT
FW 36 大黒将志 '63 OUT
(SUB)
GK 21 高木義成
DF 2 福田健介 '63 IN
MF 20 廣山 望
MF 31 新村純平
MF 33 河野広貴 '63 IN
FW 16 飯尾一慶 '82 IN
FW 19 船越優蔵


| | Comments (0) | TrackBack (0)

フクアリ便り-20080914| vs ジェフユナイテッド千葉

V200809140017531

リーグ戦第24節、フクダ電子アリーナでのジェフとのアウェー戦。

勝負事だから勝ったり負けたりは仕方ない。しかし、無得点というのは何とも・・・

前半、面白いようにスピーディーにパスが繋がり敵陣に攻撃をしかける。見ていて楽しい。ワクワクする。

ジェフの方は16番と36番が目に付いた。16番は谷澤。この選手は恐い。TV放映でジェフの試合をみたことがあるが、柏は何故谷澤を出したのだろう?と思ったものだ。

全体的にはほとんどヴェルディペースで進んだこの前半、シュートを何本も打ちながら、しかしノーゴール。0 - 0 で折り返す。

後半、先制したのはジェフだった。その先制点に勢いづいたか流れはジェフへ。1点差のままならまだ分からない展開だっただろうが、更にDF萩村の不用意なファールでPK献上。2点差に。萩村はその後2枚目のカードをもらい退場となる。

終わってみると何だか分からないゲームだった。やはり押していた前半の内に先制点を取れなかったのが大きかったのだろう。



ジェフとのアウェー戦観戦は2004年の臨海以来2度目。
あの日の臨海のヴェルディ側ゴール裏は本当に数えるほどしか人がいなかった。
初めてのアウェーゲームだったのであまりの少なさにびっくりしたものだ。
今日のゴール裏はほとんどぎっしり埋まっていた。

フクアリは評判通り、なかなか良いスタジアムだった。
/*
書き忘れたので追加。
電光掲示板がアウェー自由席側しかない。
選手紹介などが終わってからスタンド入りしたので相手チームのスタメンが良く分からなかった。前半、戸田が出ていたらしい。後で知った。
*/
試合開始前に、ピッチでの練習を終えロッカールームへと向かう途中、ジェフのサポーター達に手を振っている廣山の姿が見えた。ジェフは廣山がプロ生活をスタートさせた古巣。後半途中から投入されたが、ここは廣山をスタメンで見たかった。

2008/09/14 19:00キックオフ フクダ電子アリーナ
【入場者数】15,353人【天候】晴 24.4℃ 79%
【主審】西村 雄一【副審】江角 直樹/安食 弘幸
ジェフユナイテッド千葉 2 - 0 東京ヴェルディ
(49' 巻 誠一郎)
(68' 深井正樹)

GK 1 ,土肥洋一
DF 4 和田拓三
DF 3 萩村滋則 69' OUT(CCS)
DF 17 土屋征夫
DF 22 服部年宏
MF 7 レアンドロ '67 OUT
MF 5 那須大亮
MF 8 柴崎晃誠
MF 10 ディエゴ
FW 16 飯尾一慶 74' OUT
FW 36大黒将志 80' OUT
(SUB)
GK 21 高木義成
DF 2 福田健介 74' IN
DF 27 飯田真輝
MF 20 廣山 望 '67 IN
MF 31 新村純平
FW 19 ,船越優蔵
FW 5 平本一樹 80' IN
監督 柱谷哲二

V200809140017508
蘇我駅構内

V200809140017512
蘇我駅構内

V200809140017516
スタジアム遠景

V200809140017529
段幕


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | November 2008 »