« March 2009 | Main | May 2009 »

April 2009 posts

味スタ便り-20090429 | vs ロアッソ熊本

V20090429r0018118

天国と地獄を味わった。

昨年、J2へ参入したロアッソ熊本。コーチの上村健一、FW木島良輔、MF喜名哲裕など元ヴェルディ在籍選手がいる。

中でも木島は在籍期間中怪我とリハビリに追われ、公式戦でプレーする機会なくヴェルディから去っていった。一度もピッチに立つ姿をみることがなかった。その木島が元気な姿でどんなプレーを見せてくれるのか、が楽しみでもあった。
とゲーム開始前は思っていました。

また、長年ジュビロ磐田で活躍し、名古屋を経て今季よりロアッソ熊本へ加入した藤田俊哉。現在37歳だがここまで全試合出場している。木島と共に気になる選手である。

前半、大黒のゴールで先制、そのすぐ後に柴崎の追加点で 2 - 0 のスコア。前節の草津戦同様幸先が良い。このまま折り返して後半を凌げれば初の連勝である。

が、前半が終わらない内に藤田に失点を許してしまう。移籍後初ゴールだとか。ヴェルディは追加点のないまま1点差でハーフタイムへ。

後半、間もない時間帯で木島の同点弾で追いつかれてしまう。木島は前半でもスピードのあるドリブルでDFをかわし、左サイドからPA内に突入、シュートまで放つというプレーをみせていた。木島への対策はどんな風になされていたのだろうか?

この木島の同点弾を含めて15分の間に3ゴール決められて一気に逆転され、そのままゲーム終了。ヴェルディ今季初めての4失点で敗戦。

林がスタメン入りするようになって連携が良くなったのか大黒が本来の活躍を見せるようになった。今日で3試合連続ゴールを決めている。

が、ほとんどフル出場が続き、攻守に渡ってピッチでの運動量が半端でない大黒。
さすがに少し疲れが出てきたのか、決定的な場面で決めきれない場面がいくつかあった。
たらればを語っても仕方ないが、調子が良ければハットトリックまであったかも知れない。

今日の試合は深夜に日テレで録画放送がある。
今年、日テレで録画放送される試合はいまのところ全敗である。

2009/04/29 16:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】4,540人【天候】晴 18.5℃ 32%
【主審】岡部 拓人【副審】間島 宗一/蒲澤 淳一
東京ヴェルディ 2 - 4 ロアッソ熊本
29' 大黒将志
31' 柴崎晃誠
(38'藤田俊哉)
(50' 木島良輔)
(53' 中山悟志)
(65' 福王忠世)

GK 1 土肥洋一
DF 18 永里源気 64' OUT
DF 14 富澤清太郎
DF 32 高橋祥平
DF 23 藤田優人
MF 8 柴崎晃誠
MF 5 河村崇大
MF 15 滝澤邦彦 75' OUT
FW 10 レアンドロ
FW 9 大黒将志
FW 27 林 陵平 68' OUT
(SUB)
GK 26 柴崎貴広
DF 20 岩倉一弥 64' IN
MF 30 富所 悠 75' IN
FW 13 井上 平
FW 19 船越優蔵 68' IN



V20090429r0018100
右端のデザインのユニは初めて見る。どこかで見たようなカラーだが・・・
ちょうどフロントの田中さんがいたのでちょっと立ち話をしたら、読売クラブ時代に結構使っていたユニだとのこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

味スタ便り-20090415 | vs サガン鳥栖

V20090415r0018075

【タイトル】泣かせるヴェルディ・・・涙の Go West
【監督】高木琢也
【演出】菅原 智
【出演者】大黒将志・柴崎晃誠・林 陵平・菅原 智(特別出演)ほか

【番組内容】
試合開始0分で退場者を出しまったヴェルディ。この予期せぬ展開の中、2連敗中のヴェルディが、数的不利の中、ここ4戦負け無しの鳥栖を相手に90分間どこまで耐えられるのか?

んな感じ?

大卒ルーキーの林 陵平が初スタメン入り。どんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみな試合、になるはずが、キックオフ時のバックパスの処理ミスを突かれ飛び出してきた鳥栖の選手を、後ろから追いかけてきた菅原が倒してしまいレッドカードで一発退場。

守備的ボランチとして貴重な菅原をいきなり欠いて、当然ながら圧倒的に鳥栖がボールを支配する。

林ひとりを前線に置き、鳥栖の猛攻を残りの選手と土肥さんのファインセーブで凌ぐ。大黒も右サイドの守備に走り回る時間が続く。

そんな中、大黒から前線へ出されたロングパスを林がヘッドで落とし、中央に走り込んできた柴崎に送る。これを柴崎が見事なミドルシュートでゴールネットを揺らし、なんと先制。

1 - 0 で折り返した後半、今度は右サイドを駆け上がった柴崎が深い位置から鋭いクロスを放り込み、ファーに居た林がヘッドでそのボールを叩き込み、追加点を得る。林はヴェルディでの初ゴールである。

10人になったことで逆にひとりひとりの守備意識が高まったのだろうか、無失点でゲーム終了。

今日は、本当に久しぶりに最初から最後までゴール裏にいた。Go West はこんな試合の終了間近に歌うのが一番しっくりくる。

V20090415r0018082

V20090415r0018087

2009/04/15 19:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】3,043人【天候】晴 18.3℃ 39%
【主審】飯田 淳平【副審】抱山 公彦/大川 直也
東京ヴェルディ 2 - 0 サガン鳥栖
12' 柴崎晃誠
74' 林 陵平

GK 1 土肥洋一
DF 18 永里源気 78' OUT
DF 14 富澤清太郎
DF 32 高橋祥平
DF 23 藤田優人
MF 8 柴崎晃誠
MF 5 河村崇大
MF 6 菅原 智
FW 9 大黒将志 45' OUT
FW 27 林 陵平 75' OUT
FW 15 滝澤邦彦
(SUB)
GK 21 高木義成
DF 20 岩倉一弥 45' IN
FW 11 レオナルド
FW 16 飯尾一慶 78' IN
FW 19 船越優蔵 75' IN

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ZEN Stone with built-in speaker

CREATIVE メモリプレーヤー ZEN Stone 2GB スピーカー内蔵モデル ZN-STK2G-BL。
Amazon で、1,980円で販売されていた頃に購入。

既に液晶付きの Stone Plus も持っているのだが、この値段に惹かれて買ってみた。

外観は似ているが、液晶の有無だけでなく機能面でもまったく別物と言える。

再生モードは全曲リピートと全曲シャッフルだけ。ノーマルモードは当たり前のことなのでスペック表に書かれていないだけなのかと思ったら、本当になかった。これにはちょっとビックリ。最後のフォルダを指定して、聴きながら寝る、ということが出来ない。

イコライザはなし。音は特に癖もなく悪くはないと思うが低音がちょっと弱いかな、と云う感じ。これはヘッドフォン次第で変化があるかもしれない。

フォルダ指定はハードスイッチでの一方向スキップしかできない。つまり進みすぎても後戻りできない。

あと気になったのが、電源スイッチが甘いこと。軽く押して2秒くらいで再生が始まる。ヘッドフォンが挿入されていないとスピーカーから音が出るのは STONE PLUS と同じなので、再生途中で電源オフ。そしてヘッドフォンを抜き、その状態でポケットやバッグに入れたまま混んだ電車などに乗ると恥ずかしい思いをすることになったりする。

内蔵スピーカーは Stone Plus 同様モノラルだが、例えば音楽を流しながら台所で何か手料理を造る、などと云った場面では楽しめる。ジップロックに入れて風呂に入りながらリスニング、と云うユーザもいるらしい。

まあ、サブのポータブルプレーヤーとしての利用なら、値段を考えれば十分満足出来る。


Stone Plus との比較写真。

R0017944zen_stone

R0017997zen_stone

R0017998zen_stone

写真だとさほど分からないかも知れないが、実際に手に持つと筐体はひとまわりくらいコンパクト。今回ブルーを買ったがつや消し塗装で落ち着いた感じ。


CREATIVE のポータブルオーディオプレーヤー唯一の現行品であるモザイクもスピーカー内蔵なのだが、今後の製品でこれがデフォルトの仕様にならないことを祈る。スピーカー内蔵はせいぜい2つもあれば十分。

Amazon では、1,980円→2,100円→2,480円と推移し、再び2,100円まで下がりしばらく落ち着いていたが、これを書いている時点でまた2,480円まで値段が上がっている。
商売上手と云うかあからさまと云うか・・・

ちなみに、クリエイティブストアではアウトレットで1,980円で出されているが、こちらは別途525円の送料がかかる(注文金額1万円以下の場合)。Amazon は1,500円以上送料無料なので2,480円でも実質的にはAmazonの方が安い。25円の差だけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

味スタ便り-20090405 | vs ベガルタ仙台

V20090405r0018032

「2006年6月以降の7戦で負け無し」で相性が良い(オフィシャルサイト4/3付けホットトピックスより)とされる仙台との今季初対戦。が、毎年毎年チームのリセットを繰り返しているようなヴェルディに過去のデータは無意味。

河野が怪我で欠場。ここ2試合ベンチ入りしていないレアンドロも怪我らしい。そんな中レオナルドがいきなりスタメンで初起用。守備の要土屋も負傷で今節を含め3試合欠場。右SBに和田に代わってMF登録の永里が入る。永里は初のスタメン入り。

仙台はサイドをワイドに使った豪快な攻撃をしてくる。前半ロスタイムを迎えるまでは見応えのある面白いゲームだった。先制点となった大黒のゴールはスタンドからはどんなゴールなのか良く見えなかった。リプレイ映像でやっと様子が分かった。

このまま 1 - 0 でハーフタイム入りしていれば後半の流れも変わったかも知れない。ロスタイム、仙台の CK。一度は守りきったものの、その後クリアしたボールがゴールラインを割ってしまい、続けて CK を与えてしまう。これをエリゼウが決めて追いつかれてしまった。

振り出しに戻って始まった後半、結局2失点して、前節までで勝ち点で並んでいた仙台に敗戦。ホームゲームを落としてしまう。

負け越している中での守備的ボランチ菅原の投入。FWレオナルドを下げてのDF岩倉投入。という素人には良く分からない采配。柴崎はあまり調子が良く無さそうだったし、レオナルドは 90分持たないのかも知れない。菅原を入れて河村を前目で動かす。岩倉を入れて永里を上げる、と云うことだったのだろうか。船越のところも井上じゃないかと思うのだが。うーむ・・・

今日のゲームを観戦しての収穫は、初めて見るレオナルドが結構良さげな選手だったこと。2007年ヴェルディ加入と同時に鳥栖へレンタルで移籍、と云うなんだか判らない流れで、鳥栖で2年間プレーした後今シーズンヴェルディへ戻ってきた。緑のユニを着てプレーするのは今シーズンからなので「戻ってきた」と云うより実質的にはまったくの新加入みたいな選手。これからが楽しみ。

V20090405r0018024
この時期毎年の風景だが、味スタ付近の桜も満開。

V20090405r0018027jpg
ダノンDAYと云うことで先着3000名にダノンジャパンの製品プレゼント。キックオフ40分前のスタジアム入りだが余裕でゲット。

V20090405r0018028
スイカユニと並んだ今シーズンのボーダー柄ユニ。

2009/04/05 16:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】7,166人【天候】晴時々曇 17.9℃ 23%
【主審】扇谷 健司【副審】山口 博司/田尻 智計
東京ヴェルディ 1 - 3 ベガルタ仙台

33' 大黒将志
(44' エリゼウ)
(64' 中島裕希)
(77' 田村直也)

GK 1 土肥洋一
DF 14富澤清太郎
DF 32 高橋祥平
MF 18 永里源気
MF 5 河村崇大
MF 23 藤田優人
MF 8 柴崎晃誠 80' OUT
MF 15 滝澤邦彦
FW 11 レオナルド 83' OUT
FW 9 大黒将志
FW 16 飯尾一慶 70' OUT
(SUB)
GK 21 高木義成
DF 20 岩倉一弥 83' IN
MF 6 菅原 智 80' IN
FW 13 井上 平
FW 19 船越優蔵 70' IN

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »