« June 2009 | Main | August 2009 »

July 2009 posts

味スタ便り-20090722 | vs ヴァンフォーレ甲府

V20090722p1000171

リーグ戦第29節、ヴァンフォーレ甲府戦。

勝てば勝ち点差1に縮まり、負ければ勝ち点差7に拡がる、と云うひとつの山場となる試合。

マラニョンにやられた。と言っても過言ではないだろう。
甲府の選手達の運動量も大したものだが、マラニョンには翻弄されまくった。
マークはどんな指示が出ていたのだろうか?

もうひとり、甲府の32番(杉山 新)が目に付いた。
マッチアップするのは那須川か。手に負えない。
いったん、大黒の同点ゴールで仕切り直しに持ち込むも、終盤間際にこの32番が右サイドから放ったクロスが甲府の決勝点を生んだ。

これで6連勝にひと区切り。
鳥栖、水戸と勝ち点で並び、勝ち点差で辛うじて5位キープ。

前半で下がった土屋の状態が心配である。
それとレアンドロ、色々と我慢しているのは分かる。
が、最後まで落ち着いてくれ。

2009/07/22 19:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】5,909人【天候】曇 24.9℃ 86%
【主審】牧野 明久【副審】山崎 裕彦/村井 良輔
東京ヴェルディ 1 - 2 ヴァンフォーレ甲府
(56' マラニョン)
75' 大黒将志
(89' 大西容平)

GK 1土肥洋一
DF 23藤田優人 62' OUT
DF 17土屋征夫 45' OUT
DF 14富澤清太郎
DF 24那須川将大
MF 6菅原 智
MF 22服部年宏
MF 10レアンドロ
FW 16飯尾一慶 57' OUT
FW 25平本一樹
FW 9大黒将志
(SUB)
GK 21高木義成
DF 32高橋祥平 45' IN
MF 5河村崇大 62' IN
MF 7河野広貴 57' IN
MF 15滝澤邦彦



V20090722p1000163
こんな空だったが、試合中は幸い雨は降らなかった。

V20090722p1000193
本日発売開始の「勝利を呼びこむ!ヴェルドッグ」 。
帰宅してから食べた。
試合中に食べないから負けたんだよ、と娘に言われた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国立便り-20090711 | vs 徳島ヴォルティス

V20090711p1000072

リーグ戦第27節、徳島ヴォルティス戦。

徳島と云うチームには何かと特別な想いがある。
最初のJ2降格年度、ホーム開幕戦の相手が徳島だった。
会場は同じここ国立。当時、スタジアム改修中で通常のアウェー側がヴェルディのゴール裏自由席となっていた。
そのゲームでSBとしてスタメンで出た藤田泰成がいまは徳島にいる。

藤田泰成はFC東京からレンタル移籍でやってきて 2006-2007 と在籍した。
2年目は完全移籍。
初めの頃は何か微妙な感じだったが、試合数をこなすうちにどんどん成長していった。
残念ながらJ1昇格で徳島へ移籍。
今日もベンチスタートだがメンバー入りしていた。

と、想い出語りはこのくらいにしておいて・・・

サッカーは何があるか分からない。ちょっと連勝したくらいで調子に乗ると痛い目に遭う。
だが、今日は調子に乗らせてもらいます。

勝ち点差1で第2グループの上位にいる徳島相手に 4 - 0 で完勝。
大黒の初のマルチゴール。
河野の今季2得点目。
そして、そして、平本のホームゲーム初ゴール。

平本は前節アウェー熊本戦でヘッドで今季初ゴール。
2試合連続得点となった。
いかにも平本らしい、センターラインハーフウェイラインを越えてのドリブル突破でそのまま左側からシュート。
これまでは、枠を外すか、相手GKへのパスとなっていたのが見事に決まった。

試合終了後のインタビューで、「いまは負ける気がしない」みたいなことを河野が言っていたが、シーズン序盤と比べると本当に見違えるようなチームになってきた。

次節は、ひとつの山場となるだろうアウェー甲府戦。
次節はアウェー栃木戦、そして次々節はひとつの山場となるだろうホーム甲府戦。

V20090711p1000097

2009/07/11 18:03キックオフ 国立競技場
【入場者数】6,923人【天候】曇 25.8℃ 53%
【主審】岡部 拓人【副審】大川 直也/野口 達生
東京ヴェルディ 4 - 0 徳島ヴォルティス

24' 大黒将志
46' 河野広貴
73' 大黒将志
78' 平本一樹

GK 1 土肥洋一
DF 23 藤田優人
DF 17 土屋征夫
DF 14 富澤清太郎
DF 24 那須川将大
MF 8 柴崎晃誠 84' OUT
MF 22 服部年宏
MF 7 河野広貴 84' OUT
MF 10 レアンドロ
FW 25 平本一樹 89' OUT
FW 9 大黒将志
(SUB)
GK 21 高木義成
DF 32 高橋祥平
MF 5 河村崇大 84' IN
MF 15 滝澤邦彦 89' IN
FW 16 飯尾一慶 84' IN



V20090711p1000061

V20090711p1000062

V20090711p1000104
2016年東京オリンピック・パラリンピック招致活動応援DAYと云うことで用意されたのか、模擬表彰台に立つ平本、大黒、河野。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

味スタ便り-20090705 | vs 愛媛FC

V20090705p1000023

リーグ第25節、対愛媛FC。

前節アウェー福岡戦でのカード祭りの煽りで警告累積による出場停止3名。
代わりに、永里、福田、高橋が久々にスタメン入り。
記録を見たら、福田は久々と云うか今季一度もベンチにも入っていなかった。

開始早々、奇しくもMDPの表紙を飾った高橋のヘディングによるJ初ゴールで前半先制。
そして、後半、これも開始早々、今季3得点目となるレアンドロの見事なシュートで追加点。
愛媛を無失点で抑え 2 - 0 で終了。
今季初の3連勝となった。

大黒はゴールのないまま後半終了近くに交代でピッチを離れた。
本人は不本意だったかも知れないが、高橋のゴールも大黒のシュートを相手GKが弾いて得たCKからのものだし、レアンドロのゴールも大黒が相手PA前で倒されて流れて来たこぼれ球によるもの。
どちらにも絡んでいる。

無失点で終わったとは云え、結構危ない場面もいくつかあり、たまたま愛媛の決定力のなさに助けられたかも知れない。
まあ、そういうことを言い出すと、平本もハットトリックがあったかも知れず・・・と、きりがない。

今日は、レアンドロ、永里がかなり効いていたと思う。
レアンドロはここのところ、良い意味で去年とは別人のような活躍ぶり。

愛媛の選手ははラフプレーもなく、主審の妙捌きもあり、勝敗結果を別にしても 90分通して気持ちよく見ていられるゲームだった。



V20090705p1000010
愛媛の名産品即売会ブース。

V20090705p1000012
アウェークラブ関連のこのような催しは初めて見るような気がする。

V20090705p1000016
わらび餅を2つ買いました。

V20090705p1000009
もう七夕の季節。

V20090705p1000014

V20090705p1000032
愛媛FCのマスコット、オーレくんとヴェルディ君の2ショット。

V20090705p1000039
キャラクター祭り。

V20090705p1000044

2009/07/05 18:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】4,834人【天候】曇のち晴 24.6℃ 70%
【主審】吉田 寿光【副審】西尾 英朗/阿部 浩士
東京ヴェルディ 2 - 0 愛媛FC
02' 高橋祥平
46' レアンドロ

GK 1 土肥洋一
DF 2 福田健介
DF 17 土屋征夫
DF 32 高橋祥平
DF 23 藤田優人
MF 8 柴崎晃誠
MF 22 服部年宏 78' OUT
MF 18 永里源気
MF 10 レアンドロ 85' OUT
FW 25 平本一樹
FW 9 大黒将志 80' OUT
(SUB)
GK 21 高木義成
MF 5 河村崇大 78' IN
MF 15 滝澤邦彦 85' IN
FW 13 井上 平
FW 27 林 陵平 80' IN

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MuVo MICRO N200 で CD音質 の WAVE を楽しむ

>手持ちのクリエティブ製DAPで WAVE(LPCM)再生に対応しているものはない。

と書いたばかりですが、すみません、ウソを書いていました。

その後あれこれ試してみたら、N200 で CD音質(PCM 16bit / 44.1kHz )の WAVE ファイル再生が出来てしまった訳でございます。



N200 には録音データ保存専用の Recorded Tracks と云う名前のフォルダがある。
ボイス録音の場合、録音データは、IMA ADPCM 4bit / 8kHz / モノラルの形式で 拡張子 .wav のファイルとしてこのフォルダに作成される。
S200、T200、ZEN Stone Plus も同様(ただし、T200、ZEN Stone Plus はフォルダ名が Record となっている)。

このフォルダに CD音質の WAVE ファイルを放り込み、メニューから録音ファイルの再生を選ぶだけで普通に再生出来てしまった。何と言うことだろう。

ちなみに S200 も N200 同様に再生することが出来た。

T200、ZEN Stone Plus はアウトだった(8kHz までサンプリングレートを落とせば辛うじて再生は出来る)。

CD音質のWAVE再生出来るのが分かったのは目っけ物だが、256MB の容量では実用にならない。
N200 の1GBモデルが壊れてしまったのが今更ながら悔やまれる。

とりあえず、1GB ある S200 に John Lennon の Rock 'n' Roll を WAVE で放り込んだ。
今夜はこれを聴きながら寝ることにしよう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

alneo XA-C51-W

R0018302alneo_xac51

クリエティブ製以外のデジタルオーディオプレイヤー(DAP)を買うのは初めてである。
alneo と云うブランドも初めて知ったような気がする。

きっかけは、ソースネクストのメールマガジン、eSHOP キャンペーンNEWS。
毎日配信されてくるのだが、いつも流し読みしている。

5月の20日過ぎに配信されたキャンペーンNEWSの中に、
> ・ 高音質で録音できる。「多機能ボイスレコーダ」が、なんと3,980円!
と紹介されているのが目に入った。

いわゆるICレコーダーの類は仕事でもプライベートでも縁がないものなのだが、何故かリンクをクリックしていた。

商品紹介ページを見てみると、ボイスレコーダと云うより、どこをどうみても録音機能付きの DAP です。

MP3、WMA だけでなく AAC、さらに WAVE(LPCM)まで再生出来る。
手持ちのクリエティブ製DAPで WAVE(LPCM)再生に対応しているものはない。
これが決め手でカートに入れた。
価格比較サイトなどをいくつか見て回ったが、よそでは最安価格が 6,000円(当時)だったので割安感もあった。

容量は512MBしかないが、用途を工夫すれば別に問題ない。
実際、DAP として一番最初に買ったクリエティブの 256MB の N200 もまだ現役である。


1週間ほどで商品が届いた。 外観にはあまり拘らない方だが、これはまたなんとも微妙なデザインである。 Victor のロゴが大きすぎてまぶしい。

ファイルの転送にWindows Media Player 10を使うとあったが、これは MTPモード(これがデフォルト)の時の話で、MSCモードに切り替えればUSB大容量記憶デバイスとして認識され、いつもやっているように愛用のだいなファイラーで自由にファイルやフォルダを入れ替え出来る。

ファイル転送後、PCとの接続を切ると本体のデータベースが更新される。

音は文句なし。
イコライザーの他にK2テクノロジーとかエモーショナルサラウンドとか独自の音響効果機能を持っていて色々と変化のある音を楽しめるが、それらをすべてオフにしても音は良い。

クリエティブ製品の音もイコライザで色々楽しめるし気に入っているのだが、質が違う。異次元の音と云うか、突き抜けるような感じ、と云ったら良いのか。上手く表現できないが、とにかく耳に心地よく入ってくる。

手元に届いてから知ったのだが、スリープ機能があり、設定した時間になると再生を停止し自動的に電源をオフに出来る。

手持ちのクリエティブ製品にはこの機能がなく、いつも最後のフォルダをノーマル再生→最後の曲が終わると電源オフ、と云う方法で凌いでいたが(PLUS ではない方の ZEN Stone ではノーマル再生モードがないので不可)、XA-C51-Wがあれば、どの曲から聴き始めてもそのまま眠りにつくことが出来る。

良い買い物をした。

購入日:2009/05/27
購入価格:3,980円(本体のみの価格。送料他込みで 4,575円)
購入先:ソースネクスト・ドットコム

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »