« 西が丘便り-20091011|vs ホンダロック | Main | メニエール病 »

味スタ便り-20091018 | vs 水戸ホーリーホック

V20091018p1000718

J2リーグ戦第45節、水戸ホーリーホック戦。

リーグ戦も残り7試合。昇格もなくなり天皇杯も初戦敗退。最終節まで消化試合となる。
監督も替わり、目先の勝ち負けよりも来季に繋がるゲームが見られればそれで十分だろう。
ヴェルディに来季があるならば、だが・・・

松田新監督が初めて指揮を執る。
ユース所属のFW高木俊幸(18)がベンチ入り。
大黒、平本はまだ怪我らしい。
その他は高木監督時代と大きなメンバー変更はない。

高木監督時代ほぼ右サイド固定で使われてきた河野が実質FWのポジションのようで林と2トップのようなかたち。フリーに走り回っていた。
気のせいか他の選手達も集中力を持ちつつものびのびプレーしているように見えた。

開始早々に飯尾のゴールで先制。
飯尾は昨年J1リーグ戦第20節(2008.8.9)以来の得点である。
その後セットプレーから土屋がヘッドでゴールを決め、前半のうちに欲しかった追加点を得て、2 - 0 で折り返す。

後半、なあんでそれが決められないのかねえ、と思わせる惜しいチャンスがいくつかあったものの更なる追加点をあげられず、そのまま 2 - 0 で試合終了。
ここ何試合はその「惜しいチャンス」すらほとんどなかった。
後半途中でトップチームデビューとなった高木俊幸はゴールを決めることはなかったものの、とにかく積極的にシュートを打つ姿勢が頼もしく今後が楽しみである。

水戸は自ボールになると縦に早いパスを繋ぎながら素早い攻撃を仕掛けてくる。
いつもそれにやられてきたような気がするが、今日はみんなが守備意識も高く持って落ち着いて対処し、水戸の良さを潰しながらのゲーム運びで、松田新監督の初陣を勝利で飾った。

また、TOMAS PRESENTS 25th ANNIVERSARY MATCH、杉並区サンクスマッチということでスポンサーである TOMASの生徒や父兄さん達他たくさんの観客が来場された。
それでも入場者数が1万人を切ったのは淋しいが、これがヴェルディの現状。
ともあれ、普段はスタジアムに足を運ぶ機会も少ないだろうお客さん達の前で負け試合を見せなくて良かったと思う。


キックオフ前にサポーターズブースで 2008シーズン来場ポイントグッズを受け取った。
尋ねたらポイントは 19だった(全ホームゲーム観戦で 20ポイント)。
来年も来場ポイントグッズをもらえるのだろうか・・・

V20091018p1000764

2009/10/18 16:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】9,076人【天候】晴 21.4℃ 53%
【主審】山本雄大【副審】手塚洋/前島和彦
東京ヴェルディ 2 (2) - 0 (0) 水戸ホーリーホック
03' 飯尾一慶
37' 土屋征夫

GK1 土肥洋一
DF2 福田健介
DF17 土屋征夫
DF14 富澤清太郎
DF23 藤田優人
MF8 柴崎晃誠
MF22 服部年宏
MF7 河野広貴 79' OUT
MF10 レアンドロ
FW16 飯尾一慶 68' OUT
FW27 林 陵平
(SUB)
GK21 高木義成
DF3 廣井友信
MF18 永里源気 79' IN
MF28 弦巻健人
FW33 高木俊幸 68' IN



V20091018p1000715

V20091018p1000702

V20091018p1000704

V20091018p1000706

V20091018p1000707

V20091018p1000713

V20091018p1000772

|

« 西が丘便り-20091011|vs ホンダロック | Main | メニエール病 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25660/46520255

Listed below are links to weblogs that reference 味スタ便り-20091018 | vs 水戸ホーリーホック:

« 西が丘便り-20091011|vs ホンダロック | Main | メニエール病 »