« 国立便り-20091004 | vs ヴァンフォーレ甲府 | Main | 西が丘便り-20091011|vs ホンダロック »

森本貴幸、A代表デビュー

代表戦、と云うのは、特に日本代表を応援する訳でもなく比較的ニュートラルな感じで見るようになってしまった。
理由は単純でヴェルディの選手がそこにいないからである。

Jリーグ開幕当時はそうでもなかった。
その頃は別段ヴェルディのファンでもなかったので、カズがいるから、ラモスがいるからと云うことではなく、純粋に自国のチームとしてブラウン管の前で応援していた。
それが、ドーハの悲劇で一気に冷めた。

Jリーグはテレビ中継があっても次第に見なくなっていた。
クラブ数がオリジナルの10クラブからどんどん増えていき、逆にテレビ放映の方は急減。
で、付いていけなくなったと云うこともある。
代表戦も次第に興味が褪せていった。

今日のスコットランドとの親善試合はこれまでと違った。
もちろん、森本のA代表デビュー戦だからである。
現在はカターニア所属だが、かつてヴェルディに在籍していたプレーヤーとして自分には特別な存在。

後半途中から投入され、自身のゴールはなかったものの十分に存在感を見せてくれた。
先制点はオウンゴールだったが、相手選手が余計な足を出さなければ1969%の可能性で森本が初ゴールを決めていただろう。

追加点も、PA内で相手選手達に囲まれながら森本が反転シュートを放ったところから生まれている。

J2降格の決まった2005年シーズン。
ホーム最終ゲーム、試合後の選手一同揃っての挨拶時、松葉杖を抱えた森本がそこにいた。
怪我でピッチに立つことのないままクラブは降格。どんな気持ちで立っていたのだろう。
あの時の森本の姿はとても印象深いものだった。

ちなみに、川崎から東京へ移転したことも、チーム名も変わったことも知らなかった自分が、ヴェルディの試合をスタジアムで見るようになったのが2004年。
同じ年、森本がトップチームでデビューした。

日本代表としてピッチに立った森本。
ずいぶん逞しくなった。
森本が起用される間はニュートラルな気持ちにはなれない。
日本代表を応援しよう、と思う。

|

« 国立便り-20091004 | vs ヴァンフォーレ甲府 | Main | 西が丘便り-20091011|vs ホンダロック »

Comments

Siさんはドーハの悲劇で冷めたのですか、僕は中学生の頃は野球をしていて、サッカー部とは校庭でのボールの交差で仲が悪くサッカーに対して好きでは無かったんですね、思えば意地で止めなかった中学三年間でしたが、苦しい辛い思いの方が強く野球もあまり好きでは無かったです。
それが息子が幼稚園児の頃にサッカーを初めて興味を持ちだして、ドーハの悲劇が頂点で一気にサッカーファンになりました、Jリーグ開幕当時は息子がオーレオーレのCDを毎日聞かされていましたねヾ^^;;
その後はお決まりの流れで、Jリーグから中田がイタリアで活躍する事で、欧州やワールドカップでの有名人に流れ、日本代表を応援すると言う口ですが、核となる選手が見あたらず最近あまりサッカーを真剣に見なくなってしまいました。
先日の森本のデビュー戦は、わくわくして見ていました、今後かなり期待が出来ると!!

Posted by: vafee | October 11, 2009 07:38 PM

中学でのサッカー部との確執とか面白い話ですね。
僕のところは中・高共にサッカー部がなく、サッカーがどんなスポーツなのかも知らずに過ごしました。vafeeさんとは同世代のはず(?)なのに何というギャップでしょう^^;
vafeeさんはてっきり海外サッカーから入ったのかと勝手に思っていたのですが、全く逆でしたか。
森本はマスコミからも注目されている分その反動で結果を出さないと色々叩かれることもあるでしょうが、頑張って欲しいものです。

Posted by: Si | October 12, 2009 08:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 森本貴幸、A代表デビュー:

« 国立便り-20091004 | vs ヴァンフォーレ甲府 | Main | 西が丘便り-20091011|vs ホンダロック »