« リハビリ | Main | ICU での iPhone »

/*
ICU での話の続きです。
*/

長男のいる部屋に入った時に、何か声らしきものが聞こえた。
また喉でも詰まって唸っているのかと思っていたら、話し声だ。

気管切開をしたので声が出せない、
と書いてきたが、実は声を出せるような器具(?)があるらしく、
医師が先週それを試してみたが、装着するとすぐに発作を起こしたようになり看護士さんが駆けつける騒ぎがあった、
と妻から聞いていた。

どんなものでどんな風に使用するのかまったく分からないのだが、再度それを付けてみたそうで、今回は上手い具合にいったらしく普通に会話が出来る状態だった。

はじめはびっくりした。
気管切開の手術をする前も一言二言話すことはあったが、つぶやくような声だった。
事故が起きてからほぼ 4週間ぶりに、長男が普通に話す声を聞いたのだ。

1時間ほど病室にいたが、その間あれこれとずーっと話をしていた。

「明日はお母さんが来るからそうやって話が出来たら喜ぶよ」

と言うと、妻が面会に来た時にその器具(?)を付けているかどうか分からない、とのことだった。今回も就寝前には外すらしい。

容体の方は、ここ何日も37~38度の熱が続いている。
胸水によるものだと自分は説明されたが、妻の話では感染で炎症を起こしているかもしれないと説明する医師もいるそうで、良く分からない。

それと、今日は(実際は昨日です)水を飲ませてみたが、食道ではなく気管の方へ流れてしまったので検査が必要になるかもしれないとのこと。

決して上向きの状態とは思えないが、身体面でのリハビリが相乗効果で治癒力をアップさせ、全体の元気を呼び込んでくれれば、と期待したい。

|

« リハビリ | Main | ICU での iPhone »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25660/48149256

Listed below are links to weblogs that reference :

« リハビリ | Main | ICU での iPhone »