« 気管切開 | Main | Creative Aurvana In-Ear (EP-AURVN-BK) »

チキンカチャトーラ超手抜き風

20100411p1010339cacciatora
煮詰まってしまって、トマトソースがほとんど見えず、
なんだか不味そうですが、気のせいです :-)


/*
お店で実物を食べたことがないし見たこともないので、
作り方はまったく適当なのをあらかじめお断りしておきます。
*/

まず、「鶏肉のトマト煮用ソース」を用意。

20100411p1010349cacciatora

2~3人前用のパックで、いつもはこれを2つ、それと材料も4~5人前用意するのだが、いまは家族が一人少ないので、2~3人用に作った。

「鶏肉のトマト煮用ソース」の裏面に書かれている調理法では、材料は鶏肉とピーマンだけ、とあるのだが、娘がピーマンを食べないので他の食材を用意する。
今回は、鶏肉(400g)の他にタマネギ、ニンジン各1個、マッシュルームを1パックを使ってみることにした。

鶏肉は唐揚げ用などに切り分けられたもも肉のパックをいつも買う。
ブロック肉を買ってきて(料理に合わせて)自分で好きな大きさに切れば良い、と妻に何度も言われるのだが、肉を切るのが面倒なのでいつもこうしている。

さらにミックスビーンズの缶詰を1缶使ってみた。

20100411p1010351cacciatora

この缶詰はサラダを作るときの材料としてにいつも重宝している。
今回初めて他の用途で利用してみた。

調理はごく簡単。
まず鶏肉を炒め、表面に焼き目が付いたところで、適当に切っておいたタマネギ、ニンジン、マッシュルーム、ミックスビーンズをどかっと入れて炒め続ける。

タマネギが透明になった頃合いでソースを注ぎ、やや弱めの中火で煮込む。
塩、コショウは適当に。
煮込み時間は5分と書かれているのだが、ニンジンが柔らかくなるようにもっと時間をかけた。30分くらい煮込んだだろうか。おかげでソースがだいぶ煮詰まってしまい、冒頭の写真のような出来具合になってしまった。

手間暇かからない割には、味の方はまあまあで、家族からクレームの出ないレベル。

参考サイト:鶏肉のトマト煮・チキンカチャトーラ


|

« 気管切開 | Main | Creative Aurvana In-Ear (EP-AURVN-BK) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference チキンカチャトーラ超手抜き風:

« 気管切開 | Main | Creative Aurvana In-Ear (EP-AURVN-BK) »