« 味スタ便り-20100502 | vs サガン鳥栖 | Main | こどもの日 »

ICU から一般病棟へ

20100503p1010611twmu

一昨日、昨日と長男のところへ面会に行ってきた。

一昨日(5/2)はヴェルディのホームゲームのあった日で、
何でもないときならこの時期 19:00スタートはちょっと遅くないかと思ったりするのだが、
いまの状況ではゆっくり面会出来る時間が持てて良かったりする。

病室へ入ると昼食が終わりかける頃だった。
食事、と言っても固形物はまだ食べられないのでペースト状になった物を口に入れる。
それでも、結構時間がかかるようだ。
ちょっと前まで水を飲み込むことさえ出来なかった。
少しずつだが回復へ向かっているようだ。

いろいろな検査しても原因の分からない発熱が続いていて、
面会が終わったら足のギブスを外して検査をやるという。
それが終わったら車椅子でのリハビリが待っている。
16時半頃に病院を出て味スタへ向かった。

昨日(5/3)は、両親の墓参りに行ってきた。
いつもは長男も一緒に行くのだが、今年は妻と娘、 3人で出かけた。

墓参りに向かう途中、電車の中で病院から着信があった。
相手が誰であれ、車内では通話しないようにしているので出なかった。
乗換駅にでも着いたら電話を入れようと思っていたら、またすぐに着信があった。
容体でも急変したのか、と心配になり通話ボタンを押した。

「いま電車の中なので」と前置きすると、
それでは要件だけ、と言いながら伝えられたのは、
「(長男が)一般病棟へ移ったので、今日の面会からそちらへ行って下さい」、
との趣旨の連絡だった。

分かりました、と答えたものの、前日の面会時にもまったく聞いていない。
あまりにいきなりの話で戸惑った。

墓参りを終えて病院へ向かった。
長男が移ったのは ICU の2階にある一般病棟。
本人も当日の朝突然移動を告げられストレッチャーでここへ運ばれた、とのこと。

病室は個室になっていて、冷蔵庫やロッカー、有料テレビなどが置いてある。

ICU の個室と違って大きな窓があり、外の風景が見える。
風が通るくらいは窓も開けられる。

家族 3人揃って面会に来るのは初めて。
長男が夕食を済ますまで居て病室を後にした。

これは仕方ないことなのだが、一般病棟へ移れば完全介護の ICUと違って患者自身や家族がいろいろとやらなければならない。

ただ、長男はまだ腕以外は動かせない、あるいは動かない。首の向きさえ自力では変えられない。
そうした容体について一般病棟のスタッフの方々がどこまで認識、理解して頂けるのか、
親としては正直なところ不安がないわけではない。
長男自身は置かれた状況をそのまま受け入れようとしているようだった。


|

« 味スタ便り-20100502 | vs サガン鳥栖 | Main | こどもの日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ICU から一般病棟へ:

« 味スタ便り-20100502 | vs サガン鳥栖 | Main | こどもの日 »