« 昼休み | Main | 家族受診 »

車椅子

日曜日、久しぶりに長男のところへ面会に行ってきた。
8日ぶりだ。

前の日曜日(5/23)は専門学校時代の友達たちが見舞いに来てくれ、土曜日(5/29)には例の動画を贈ってくれた友達たちがまた見舞いに来てくれている。
その合間にも仕事関係の方々がお見舞いに来て下さっているようだ。

日曜日は16時から国立でヴェルディのホームゲームがあるので13時頃に病院へ着くようにした。
2時間くらい病院にいても国立なら余裕で間に合う。味スタで同じ時間にキックオフだとだいぶ厳しい。

病室を覗くと長男はベッド脇で車椅子にぽつんと座っていた。

いつもベッドの上に架けるように置かれているテーブルは車椅子の前に置かれていた。こうやって移動するのか、と初めて知った。
日曜日で病院内のリハビリ室がお休みなので、ここで車椅子に座っているのだという(車椅子に座っているのだけでもリハビリの一環のようだ)。

車椅子に座った長男を見るのはたぶんこれが2度目である。

一度目は、まだ ICUに居たときで、首には常時コルセットをしていて、車椅子に乗るときは上肢のコルセットを装着していた。
(このときの様子はこちらの記事で書いた)

首のコルセットも既に不要になり、いまは車椅子を使う際も上肢のコルセットは使わない。ずいぶん回復したものだ。

前にも書いたように、ICU から一般病棟へ移って早々は個室にいたが、いまは4人部屋にいる。
様子を見ていると他のベッドの患者さんたちはそれほど長くはここにいないようだ。
退院したのか転院したのか、あるいは他の病室へ移動したのか判らない。
長男より後に入ってきたが既にここから出て行った患者さんがいたりする。
偶然なのか、ここはそういう位置づけの病室なのか、良く判らない。

長男もそういうことを感じ取っているのだろうが、もともと余計なことはしゃべらないし、こちらからも訊かないので、実際のところ何を考え、何を思っているのかは判らない。

有料テレビカードのカウンタを見ると前に来たときとほとんど残りが変わらなかった。平日はリハビリが日課になり、前よりはやることが増えてきているのだが、それにしてもほとんど見ていないようだ。

UEFA CL の決勝戦の話をしたり、iPhone 4G(実は良くわかっていない)の話をしたりしていたがどうもノリがよろしくない。

そんなところへ、前日も来てくれたお友達の中のひとりがまた見舞いに来てくれた。長男が、自分と二人きりでいるときよりうれしそうな顔をしているので、後をよろしく、と云う感じで引き上げててきた。


|

« 昼休み | Main | 家族受診 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 車椅子:

« 昼休み | Main | 家族受診 »