« 再認定について訊いてみる | Main | ふぞろいの夏 »

国立便り-20100815 | vs コンサドーレ札幌

V20100815p1020109

J2リーグ戦第22節、対コンサドーレ札幌。国立でのホームゲームはこれが最後となる。

自分基準では早めに国立に着いたつもりだったが、来場者全員に用意されたGIANT KILLINGクリアファイルは入場口でもらえたものの、練馬区サンクスマッチということで先着3000名に用意された「練馬区×ヴェルディ コラボうちわ」は既に配布終了。
今日から発売開始の2010タオルマフラーもメイン側の売店では売り切れだった。

警告累積で出場停止中の河野がタオマフ購入者対象のサイン会をやっていた。
タオマフは自由席の方の売店に在庫があったので購入。
エンブレムのワッペンが付いていないタイプ。
ワッペンは首に巻いたとき鬱陶しいのでこの方が都合がよい。

札幌はいつもたくさんのサポーターがやってくる。
無人のバックスタンドは淋しいが、両ゴール裏は結構埋まっている。

キックオフ前に土肥選手へ花束贈呈のセレモニー。

開始 10分と早い時間帯で先制される。
あっさりとやられてしまった。
その 3分後、高木(善)のシュートをGKが止めるがこぼれたボールをキクちゃんこと菊岡がゴールに蹴り込み、早々と同点に追いつく。

が、前節まで 20試合消化して、2得点以上の試合はふたつしかない。
このまま追加失点を防いでも引き分けで終わりそうな、ちょっと嫌な予感。

1 - 1 のまま折り返し、後半に入ってもなかなかスコアは動かない。
ほぼ一方的なボールポゼッション、そして積極的なシュートもゴールにつながらない。

ついにスコアが動いたのはロスタイム入りまであと数分という時間。
高木(善)と交代で投入された高木(俊)からのボールを吉田がゴール前の平本に向けてパス。そのボールを大黒ばりのシュートで平本が決める。
平本もずいぶん頼りになる FW になったものだ。

勝ち越してからは相手側コーナー付近でのボールキープを何度かやっていた。
が、巧者鹿島みたいにはうまくいかないようだ。

それでも平本のゴールが決勝点となり、初の 3連勝。

いまのヴェルディはスタープレイヤーがいない代わりに、全員が攻撃・守備にとハードワークをこなしている。
え、そこに出すか、と思わせる意表を付くようなパス交換など、見ていて面白いサッカーをやっている。それできちんと結果を出している。

いろいろ難しい問題を抱えながら、いやだからこそか、選手たちはピッチで一生懸命プレーしている。
いつのまにか順位も 5位まであがった。

ハーフタイムには、日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会で優勝したユースの選手たちの報告会がゴール裏で行われた。
ユースの選手からはヴェルディへの熱い思いが語られた。

2010/08/15 19:33キックオフ 国立競技場
【入場者数】7,405人【天候】晴 31.3℃ 62%
【主審】今村亮一【副審】犬飼一郎/蒲澤淳一
東京ヴェルディ 2 (1) - (1) 1 コンサドーレ札幌
(10' 内村圭宏)
13' 菊岡拓朗
84' 平本一樹
18 SH 3 / 14 CK 0 / 17 FK 15

GK 1 土肥洋一
DF 2 福田健介
DF 17 土屋征夫
DF 14 富澤清太郎
DF 3 吉田正樹
MF 10 菊岡拓朗
MF 8 柴崎晃誠
MF 5 佐伯直哉
MF 16 飯尾一慶 91' OUT
FW 33 高木善朗 82' OUT
FW 25 平本一樹
(SUB)
GK 26 柴崎貴広
DF 22 和田拓也
DF 23 高橋祥平
MF 6 菅原 智 91' IN
MF 19 阿部拓馬
MF 24 高木俊幸 82' IN
FW 13 井上 平

V20100815p1020153



V20100815p1020110

V20100815p1020123

V20100815p1020128

V20100815p1020129

V20100815p1020155


|

« 再認定について訊いてみる | Main | ふぞろいの夏 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国立便り-20100815 | vs コンサドーレ札幌:

« 再認定について訊いてみる | Main | ふぞろいの夏 »