« EZRA BROOKS | Main | LAFESTA 20S »

山口冨士夫 | Atmosphere 1#2

20100909atmosphere12

1992年・東芝EMIより「Atmosphere Ⅰ」、「Atmosphere II」として発売され、その後長い間廃盤となっていたアルバム。
Fjo Recordsの新レーベル「EXP.」第2弾として、2枚組となって再発売。

その昔、リードギターのようにベースを弾いて度肝を抜かせたマー坊(ルイズルイス加部 = 加部正義)/b、そして大口広司/ds と涙が出そうな懐かしいメンバーが参加しての作品。

20100909atmosphere12back

CD1.
01 雪どけを待って *
02 太陽の下で *
03 スカイ・ハイ *
04 好きなんだ *
05 サレンダー
06 マブダチの部屋 *
07 馬保ーッ! *
08 しじまの中で *
09 錆びた扉
10 碧い夜に *

CD2.
01 FUN IN THE SUN *
02 シカトすんなよ
03 歩く歩く
04 ヤバイ橋
05 リップズ モンスター
06 呼んでおくれよ
07 漂う
08 捨てきれはしないさ
09 今夜はおやすみ
10 マブダチの部屋~Sunday Afternoon~ (*)

* 印を付けた曲は、既に持っている Atmosphere Live にライブ演奏が収録されているもの。
(豆知識というほどではないが、Atmosphere Live では、マー坊がベースではなくギターを弾いている)

「馬保ーッ!」、「FUN IN THE SUN」 みたいに元気な曲、「ヤバイ橋」のようなホントにヤバそうな曲、歌詞がほとんど "好きなんだ" と繰り返すだけの「好きなんだ」など賑やかな作品も入っているが、他はレイドバックしたようなナンバーが多く、どこかスピリチュアルな雰囲気さえ感じさせるアルバム。

20100909atmosphere12p1020275

山口冨士夫自身が全曲について語るライナーノーツと通販先着限定200名の Out take CD 「黒の戦士」。「黒の戦士」は 15分半に及ぶ大作で丁寧に別ケースに入れられていた。
ライナーノーツにはいろんなエピソードが書かれていて面白い。
フジオ節炸裂。



Atmosphere について調べている内に大口広司が昨年亡くなっていたことを知った。一時期 PYG でドラムを叩いていたのが彼だったんですね。
PYG は、日比谷野音のロックフェスで観客から激しい総スカンを食っていたっけ・・・

山口冨士夫の人脈の広さを改めて知ると共に、まわりの連中がどんどんあの世に行ってしまっている中で、老いてもロックミュージックにこだわり続けて頑張っているフジオは最高ですよね!


|

« EZRA BROOKS | Main | LAFESTA 20S »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山口冨士夫 | Atmosphere 1#2:

« EZRA BROOKS | Main | LAFESTA 20S »