« September 2010 | Main | November 2010 »

October 2010 posts

味スタ便り-20101031 | vs 大分トリニータ

V20101031p1020776

J2リーグ戦第32節、大分トリニータ戦。

キックオフ前に Jリーグのベストゴールに選ばれた高木(俊)の表彰セレモニーが行われた。
高木(俊)は松葉杖で現れた、
怪我をしている、という話は耳にしていたがどんな様子なのか知らなかった。
早く元気になって欲しい、と思います。

前節まで全試合出場していた右SB福田が出場停止。
高木(俊)は上記のように怪我で欠場、高木(善)はベンチスタート。

大分は自分たちのボールになると前へ前へと積極的に相手ゴールに向かう、ヴェルディにはあまりそれが見られなかった、その差ががそのまま結果となった。
そんな内容。
駄目な時のヴェルディの典型的なゲーム。

後半、高木(善)、菊岡の投入で少しはリズムが出だした。
更に SBの和田を下げて FW井上投入、4バックから3バックへ変更、CB富澤が前線に上がりっぱなし状態、更に機を見て土屋まで前線に上がる、というパワープレーに走るが結局 1点をを返すことが出来なかった。

いろんな方達の力で消滅危機を回避し、新規スポンサーまで発表された後の大事な試合でどうしてこんなサッカーをしてしまうのだろう?

2010/10/31 16:04キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】4,519人【天候】曇 16.9℃ 80%
【主審】野田祐樹【副審】中原美智雄/前田敦
東京ヴェルディ 0 (0) - (0) 1 大分トリニータ
10 SH 5 / 4 CK 3 / 20 FK 17

(50' 河原和寿)

GK 1 土肥洋一
DF 22 和田拓也 77' OUT
DF 17 土屋征夫
DF 14 富澤清太郎
DF 23 高橋祥平
MF 19 阿部拓馬 59' OUT
MF 8 柴崎晃誠
MF 5 佐伯直哉
MF 16 飯尾一慶 69' OUT
FW 7 河野広貴
FW 25 平本一樹
(SUB)
GK 26 柴崎貴広
DF 3 吉田正樹
MF 6 菅原 智
MF 10 菊岡拓朗 69' IN
MF 33 高木善朗 59' IN
MF 37 小林祐希
FW 13 井上 平 77' IN


今日の味スタで、2009シーズン来場ポイントグッズの受け渡しがあった。
ブースに寄って、オリジナルハンカチとオリジナルマグカップをもらってきた。
ポイント数を訊ねると 640ポイントだった。
昨年のホームゲーム皆勤でこの数字になるそうだ。
来年はたぶん無理だろうなあ。


V20101031p1020786

V20101031p1020789

V20101031p1020836

V20101031p1020837


| | Comments (0) | TrackBack (0)

SENNHEISER CX300-II

20101031cx300p1020765

Aurvana In-Ear がいきなり断線で使えなくなったので急遽購入。

4月の初め頃に買った Creative の Aurvana In-Ear、気になっていた低音の弱さがなかなか改善されない。
エージング効果に期待して使い続けたが、2ヶ月、3ヶ月経っても変化なし。
それでも諦めず(と云うか惰性でしょうかねえ)使い続けていたところ、夏が終わりかけた頃からだろうか低音が少しずつ出るようになった。

やっと思いが叶ったか、と喜んでいたのもつかの間、ある日突然断線。
まあ、こういうもんですね。

家に帰れば他のイヤホンがごろごろ転がっているのだが、外出中にこの状態になってしまうと、帰りの電車の中で音がないのが淋しい。

替わりのイヤホンを買いに急遽ビックカメラ立川店に立ち寄って買ったのが CX300-II 。

年と共に視力も弱くなったのに眼鏡もかけず商品選びをしたので、実はメーカー名も商品名も良く見えなかった。外観と価格だけでこれを選んだ。

ぶっ壊れた Aurvana In-Ear の代わりにすぐ使うのでレジでパッケージを開けてもらい、中身(本体、スペアのイヤーパッド、保証書、ケース)だけ受け取って店を出た。

早速、 XA-V80 に差し込んで聴いてみると、いきなり低音の良く効いた音が飛び込んできてびっくりした。

Aurvana In-Ear も低音の弱さ以外はなかなか気に入っていたのだが、CX300-II はプレーヤー本体側で低音強調などの設定をせずにノーマルの状態でベースの音がずっしりと聞こえる。

あとで調べたら値段的にはもっと安く買えるところもあるようだが、とにかくこの価格でこれだけ低音が出れば十分に満足出来る。

あえて気になる点をあげるとL型プラグがちょっと大きめかな、というところ。

20101031cx300p1020759

20101031cx300p1020760

alneo XA-V80 自体がコンパクトなせいもあるだろうが、プラグをどちらへ向けて差してもこんな感じです。

購入日:2010/10/12
購入価格:4,980円
購入先:ビックカメラ立川店

| | Comments (0) | TrackBack (0)

事故から7ヶ月

24日の日曜日、妻と二人で病院(国立障害者リハビリテーションセンター病院、以下国リハ )へ行ってきた。
いつも休日の面会はどちらかが行くのだが、今後のことについて色々と話を詰めなければ、と思い立ち今回は急遽二人で出かけたのだが・・・

病室へ入ると長男の姿は見えず同室の方が「今日は外出すると言ってましたよ」と教えてくれた。
少しして長男が戻ってきたが、やはりこれから外出するのだ、と言う。
同じような障害を抱えここでリハビリを行っている入院仲間と一緒に、町へ繰り出す予定が入っていたらしい。
話が出来たのは 5分ほどだろうか。
あわただしく病室を出て行ってしまった。

行き先などは言わなかったが、新所沢方面へ出かけたようだ。

面会時はいつも航空公園駅からのルートで国リハまで往復するのだが、転院してくる前、妻と一緒に家族受診で来た時は、国リハから新所沢の駅まで歩いて帰った。

新所沢へ向かう病院近くの歩道橋にはゆるやかなスロープがあり、車いすでも渡れるようになっていた。
以前、妻が長男から聞いた話では新所沢には車いす利用者がそのまま入って飲食できるお店があり、もちろん車いす利用者用のトイレなども用意されているらしい。

国リハのような施設があるせいだろうか、なかなかこういう面で配慮された町環境と言うのは身近なところで見かけたことがない。

長男の外出で肩透かしを食ってしまい肝心の用件は片付かなかった訳だが、ちょっと前までは長引く褥瘡治療のために車いすの座位時間制限が設けられて、病院内でも 1日に 3時間ほどしか車いすに乗っていることができなかったことを思うと・・・

これからは、面会に行く前日にでもメールで確認するようにすれば良いだけだ。


今月 7日(木)に本人を交えて主治医の先生との家族面接があり、妻共々会社を早退して国リハへ出向いた。
退院予定日については具体的な話まで出なかった。
が、帰宅に備えてOT(作業療法士)さんと打ち合わせをしておくように、との指示を頂いた(これは最初の家族面接でも同じ話が出たのだが結局そのまま進展がなかった)。
車いすで生活するのに不便の無いよう、家の中をどのようにして準備しておかなければならないか、と言うこと。

17日(日)は、長女の運転で初めて自宅から国リハまでラフェスタで往復した。
といっても、長時間乗車NGな自分は自宅待機、妻と長女の従姉が付き合ってくれた。
長男は結構喜んでいたらしく、病院の回りを同乗してプチドライブ。
まだ実車に乗り始めてまもなく、自宅と病院、往復 4時間の運転で長女はさすがにだいぶ疲れたようだった。

翌、18日(月)には調布市のケースワーカーさんがヒアリングの為に国リハに出向かれ、国リハのケースワーカーさん、長男とで今後のこと、そして、OTさんを交えて外泊、帰宅に備えて自宅での生活に必要な器具・設備類の打ち合わせなどを行うことになっていた。

24日に妻と一緒に面会に行ったのはこの 18日の様子の詳細について長男から聞くためだった。

春だというのにコートにマフラー、と云う時期に事故に遭い、救急病棟で 3ヶ月弱を過ごしたあと国リハへ転院、あの馬鹿みたいに暑かった夏も過ぎ、またそろそろコートにマフラーが欲しいような季節を迎えようとしている。
トータルで 7ヶ月が過ぎ、この 25日で入院 8ヶ月目に入った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

味スタ便り-20101016 | vs ファジアーノ岡山

V20101016p1020613

J2リーグ戦第30節、ファジアーノ岡山戦。

前半早い時間帯に健介の見事なシュートが決まり先制、そのままそれが決勝点となり 1 - 0 で何とか勝ちきる。
1点差のままロスタイムが過ぎるまで観ている方も気の抜けないゲームだった。

怪我明けの一樹はベンチスタートで、河野、高木(俊)の2トップ。
警告累積で土屋が出場停止。富澤、祥平の CBコンビ。

全体的にシュート意識の高い攻撃をしていたが(シュート数参照)、決まらない時は決まらないものだ。

遠目の位置からの FKはすべて高木(俊)が蹴っていた(と思う)。
ゴールネットこそ揺らさなかったが可能性のあるキックを見せてくれた。

ゴールを決めた健介は、ここ 1年で急成長したように見える。
以前は頼りない印象が強かったが、いまや欠かせない右SBとなっている。
初ゴールおめでとう。

2010/10/16 16:04キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】4,464人【天候】晴 23.7℃ 48%
【主審】早川一行【副審】前島和彦/石川恭司
東京ヴェルディ 1 (1) - (0) 0 ファジアーノ岡山
17 SH 7 / 5 CK 4 / 25 FK 11

16' 福田健介

GK 1 土肥洋一
DF 2 福田健介
DF 23 高橋祥平
DF 14 富澤清太郎
DF 22 和田拓也
MF 33 高木善朗 84' OUT
MF 8 柴崎晃誠
MF 5 佐伯直哉
MF 1 6飯尾一慶 62' OUT
FW 7 河野広貴
FW 24 高木俊幸
(SUB)
GK 26 柴崎貴広
DF 3 吉田正樹
DF 36 キローラン木鈴
MF 6 菅原 智
MF 10 菊岡拓朗 84' IN
MF 19 阿部拓馬
FW 25 平本一樹62' IN

V20101016p1020712


V20101016p1020600

V20101016p1020601


V20101016p1020657


V20101016p1020658


V20101016p1020720


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2010 | Main | November 2010 »