« 車椅子での一時帰宅 | Main | 退院 »

味スタ便り-20101204 | vs 水戸ホーリーホック

V20101204p1030075

J2リーグ戦第38節、最終節の相手は水戸ホーリーホック。

降格初年度。ホームで2戦2敗したイメージが強く残っていて、苦手な相手という感じが水戸にはなんとなくある。
前節のような試合運びだと苦戦するだろうと思っていた。

ところが、
開始早々に一樹が先制ゴール。
そして前半半ばに飯尾が CKから追加点。
その10分後に菊岡が 3点目を決め、前半を 3 - 0 で終わるというまさかの展開。

一樹、飯尾の得点にはどちらも河野が絡んでいる。
今日の河野はデビュー当時のような前に向かう意識の高いプレーで魅了させてくれた。

後半、1失点するがそのまま 2点差を守りきり、ホーム最終戦を勝ち試合で締めくくった。
勝敗の結果だけではなく、全員が前に向かう意識を感じさせ、見ていて楽しめるサッカーだった。

試合終了後、恒例のシーズン終了の挨拶。
松葉杖の選手がいたのでてっきり高木(俊)かと思ったが、阿部だった。
高木(俊)は歩ける程度には怪我も良くなっていたようだ。

キャプテンの富澤、川勝監督、羽生社長がスピーチ。


出向元の Jリーグ((社)日本プロサッカーリーグ)の職を辞してヴェルディ再建に専念する道を選ばれた羽生氏。
「個人的には」と前置きしながら「土肥や土屋をまたJ1でやらせたい」と羽生社長が話された時にはちょっとグスンと来た。
(ヴェルディのというだけでなく)Jリーグの選手をリスペクトする気持ちがこの言葉から感じられる。
ヴェルディにこういう方が社長として来てくれたことはありがたいことだと思う。

既に 4人の選手が今季限りでチームを離れることが公表されている。
シーズンも終わり、これからいろいろな事情で去っていく選手も出てくるだろう。
今季はチームのまとまりの良さの感じられたシーズンだった。
メンバーが入れ替わってもそうした部分は来季も継承されるよう期待したい。

ともあれ、ヴェルディが何とか来季もリーグに留まれる形でシーズンを終えることが出来たのは本当にうれしいこと。
他クラブのサポーターさんたちを含め、存続の為に応援・支援して下さったたくさんの皆さんに感謝。

V20101204p1030183

2010/12/04 12:34キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】4,430人【天候】晴 15.6℃ 27%
【主審】今村義朗【副審】西尾英朗/長谷忠志
東京ヴェルディ 3 (3) - (0) 1 水戸ホーリーホック
19 SH 11 / 7 CK 8 / 20 FK 14

04' 平本一樹
22' 飯尾一慶
32' 菊岡拓朗
(82' 常盤 聡)

GK 1 土肥洋一
DF 2 福田健介
DF 17 土屋征夫
DF 14 富澤清太郎
DF 23 高橋祥平 46' OUT
MF 10 菊岡拓朗
MF 8 柴崎晃誠
MF 22 和田拓也
MF 16 飯尾一慶 80' OUT
FW 7 河野広貴
FW 25 平本一樹 89' OUT
(SUB)
GK 26 柴崎貴広
DF 31 福井諒司
MF 6 菅原 智
MF 27 清水康也 89' IN
MF 33 高木善朗 46' IN
MF 37 小林祐希
FW 13 井上 平 80' IN


V20101204p1030074

V20101204p1030087

V20101204p1030090

V20101204p1030078

V20101204p1030099

V20101204p1030187

V20101204p1030194


|

« 車椅子での一時帰宅 | Main | 退院 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 味スタ便り-20101204 | vs 水戸ホーリーホック:

« 車椅子での一時帰宅 | Main | 退院 »