« November 2010 | Main | January 2011 »

December 2010 posts

退院

20101218rehabp1030218

昨日12月18日、長男が国リハから退院した。

長男がこういう事故に遭わなければ自分自身知らないままだったろうが、脊髄損傷の「リハビリ」は普通思い浮かべるようなリハビリとは違う。

Wikipedia の言葉を借りると、

脊髄損傷のリハビリテーションとは失われた機能を回復させることではない。神経が再生しない以上、それは不可能だからである。

引用元:脊髄損傷 - Wikipedia

自宅での車いす生活が予想以上に大変なことは先月に一時帰宅した際に分かった。が、当初の予定からだいぶ遅れてしまったものの、入院して行うリハビリも一通りやり終え、病院にいる方が楽とはいえいつまでもそこにいるわけにもいかない。

本当は、退院するまでに就労移行支援(国リハ内の自立支援局あるいは国立職業リハビリテーションセンター)の利用を受けられることを確定させるのが理想だったが、入所のための宿泊施設入寮の目途が立たず、退院、帰宅となった(宿泊施設入寮については機会があったら改めて書くつもりです)。


妻は娘と家から車で、自分は午前中仕事に出てから電車で病院へ向かい、ちょうど病院の玄関先で合流。

2階の病棟へ行くと、車いすに乗ったグループが廊下で楽しそうに話をしているのが見えた。廊下の壁に車いすの背をもたれかけるようにして横に並んでいる。その中に長男がいた。
仲の良くなったリハビリ仲間と、よくこんな風にしているそうだ。
結構若い方もいらっしゃる。

普段の土曜日よりも人が少ない。
たまたま退院が集中する時期なのか、12月も半ばを過ぎ外出、外泊で不在の方が多いのか分からないが、結構ベッドが空いている。

土日は休診なので、お世話になった先生・スタッフの方に退院の挨拶をするため前の日に来てみたのだが、ケースワーカーさんだけわずかな時間を空けてもらって会うことが出来たものの、主治医の先生は極めて多忙、担当看護師さんはお休みということでどちらとも会えなかった。

荷物を車に積み込み、駐車場から病院の玄関先まで車を回す。
自分は車に乗らず電車で帰るので、先に国リハ入り口の方へ回り様子を見ていた。
リハビリ仲間が何人か玄関先まで見送りに来てくれていた。
あの子たちはクリスマスやお正月をどこで過ごすのだろう?
などと、ふと思う(大きなお世話だろうけど)。

先週出来上がってきたばかりの自前の車いすを積み込み、リハビリ仲間に手を振られながら長男を乗せた車は病院を後にした。

3月25日、東京女子医大病院へ救急搬送。
6月22日、国リハへ転院。
12月18日、国リハ退院。

1年の約4分の3、長かった入院生活もこれでひとまず終わり。

20101218rehabp1030222


20101218rehabp1030223


| | Comments (0) | TrackBack (0)

味スタ便り-20101204 | vs 水戸ホーリーホック

V20101204p1030075

J2リーグ戦第38節、最終節の相手は水戸ホーリーホック。

降格初年度。ホームで2戦2敗したイメージが強く残っていて、苦手な相手という感じが水戸にはなんとなくある。
前節のような試合運びだと苦戦するだろうと思っていた。

ところが、
開始早々に一樹が先制ゴール。
そして前半半ばに飯尾が CKから追加点。
その10分後に菊岡が 3点目を決め、前半を 3 - 0 で終わるというまさかの展開。

一樹、飯尾の得点にはどちらも河野が絡んでいる。
今日の河野はデビュー当時のような前に向かう意識の高いプレーで魅了させてくれた。

後半、1失点するがそのまま 2点差を守りきり、ホーム最終戦を勝ち試合で締めくくった。
勝敗の結果だけではなく、全員が前に向かう意識を感じさせ、見ていて楽しめるサッカーだった。

試合終了後、恒例のシーズン終了の挨拶。
松葉杖の選手がいたのでてっきり高木(俊)かと思ったが、阿部だった。
高木(俊)は歩ける程度には怪我も良くなっていたようだ。

キャプテンの富澤、川勝監督、羽生社長がスピーチ。


出向元の Jリーグ((社)日本プロサッカーリーグ)の職を辞してヴェルディ再建に専念する道を選ばれた羽生氏。
「個人的には」と前置きしながら「土肥や土屋をまたJ1でやらせたい」と羽生社長が話された時にはちょっとグスンと来た。
(ヴェルディのというだけでなく)Jリーグの選手をリスペクトする気持ちがこの言葉から感じられる。
ヴェルディにこういう方が社長として来てくれたことはありがたいことだと思う。

既に 4人の選手が今季限りでチームを離れることが公表されている。
シーズンも終わり、これからいろいろな事情で去っていく選手も出てくるだろう。
今季はチームのまとまりの良さの感じられたシーズンだった。
メンバーが入れ替わってもそうした部分は来季も継承されるよう期待したい。

ともあれ、ヴェルディが何とか来季もリーグに留まれる形でシーズンを終えることが出来たのは本当にうれしいこと。
他クラブのサポーターさんたちを含め、存続の為に応援・支援して下さったたくさんの皆さんに感謝。

V20101204p1030183

2010/12/04 12:34キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】4,430人【天候】晴 15.6℃ 27%
【主審】今村義朗【副審】西尾英朗/長谷忠志
東京ヴェルディ 3 (3) - (0) 1 水戸ホーリーホック
19 SH 11 / 7 CK 8 / 20 FK 14

04' 平本一樹
22' 飯尾一慶
32' 菊岡拓朗
(82' 常盤 聡)

GK 1 土肥洋一
DF 2 福田健介
DF 17 土屋征夫
DF 14 富澤清太郎
DF 23 高橋祥平 46' OUT
MF 10 菊岡拓朗
MF 8 柴崎晃誠
MF 22 和田拓也
MF 16 飯尾一慶 80' OUT
FW 7 河野広貴
FW 25 平本一樹 89' OUT
(SUB)
GK 26 柴崎貴広
DF 31 福井諒司
MF 6 菅原 智
MF 27 清水康也 89' IN
MF 33 高木善朗 46' IN
MF 37 小林祐希
FW 13 井上 平 80' IN


V20101204p1030074

V20101204p1030087

V20101204p1030090

V20101204p1030078

V20101204p1030099

V20101204p1030187

V20101204p1030194


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | January 2011 »