« 災害情報関係臨時リンク集 | Main | HONEY BEE 4 (WX350K) 其の二 »

HONEY BEE 4 (WX350K) BLACK

「もう1台無料キャンペーン」での2台目は、HONEY BEE 4 を選んだ。
0円端末の HONEY BEE 3 もまだ在庫はあったようだが、7,200円でこちらを購入。

同じ価格だと HONEY BEE BOX(WX334K、WX334K P) という選択肢もあったが、HONEY BEE 4 にしたのはブラウザの違いが一番だろうか。

HONEY BEE シリーズではこれだけ NetFront が搭載されている。
Opera の使い勝手は WX310K で知っているので NetFront を一度使ってみたかった。

あとは、連続通話時間約 9時間。
あくまでカタログスペックとは云え WILLCOM の他の音声端末でここまで長いのはない。
それとデータフォルダ容量約70MB と云うのも選択ポイントとなった。
外部メディアが使えないのでこれは大きいほどありがたい。

筐体はさすがにコンパクトだが、WX310K と比べてあまりにも軽いので、同じような感覚で手に持っているとうっかり落としてしまいそうになった。

WX310K との比較写真
左が HONEY BEE 4 (WX350K)、右が WX310K
20110321wx350kp1030536

20110321wx350kp1030537

20110321wx350kp1030539

以下2枚は何故か位置が逆になってます :-)
左が WX310K、右が HONEY BEE 4 (WX350K)
20110321wx350kp1030542

20110321wx350kp1030543


内蔵カメラで撮った写真の比較

WX310K (130万画素)
撮影モード:VGA 画質: ファイン
20110321wxk3100051r

WX350K (31万画素)
撮影モード:VGA 画質: ファイン
20110321wxk3500002r

画素数はかなり差がありますが、実際の画像は負けてません。
ちょこっと写してメールで送るとかブログへアップなどであれば十分使えるレベルかも。

しばらく触って気になったのが、触った後の指の脂、ベタ付きが結構目立つこと。
これは黒を選んだので仕方ないいのだけど。

通話や Web はまだ試していないのでそこら辺は別の機会に。

|

« 災害情報関係臨時リンク集 | Main | HONEY BEE 4 (WX350K) 其の二 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25660/51183663

Listed below are links to weblogs that reference HONEY BEE 4 (WX350K) BLACK:

« 災害情報関係臨時リンク集 | Main | HONEY BEE 4 (WX350K) 其の二 »