« February 2011 | Main | April 2011 »

March 2011 posts

HONEY BEE 4 (WX350K) 其の四

WX310K のアドレス帳、ブックマークの HONEY BEE 4へのインポート。

HONEY BEE 4 のリストア機能が WX310Kのバックアップファイルにも対応しているのでこれを利用する。

流れとしては、それぞれのバックアップ機能を利用して、

1.WX310K からのエクスポート、
2.HONEY BEE 4でのインポート

を行う。

インポートを実行すると HONEY BEE 4 側の既存アドレス帳もブックマークも上書きされる。
マージではないので注意。

■WX310K側での操作


  • バックアップファイルの作成
    メニュー
    →データフォルダ
    →miniSD
    →バックアップ
    →書き込み
    →アドレス帳 or ブックマーク
    (暗証番号入力)

    *バックアップファイルは miniSDカード内のフォルダにに保存される。
    *WX310K本体からこのバックアップファイル保存先領域へはアクセス出来ない。


  • バックアップファイルのPCへの取り込み
    WX310KをマスストレージモードでUSBケーブルにてPCと接続
    もしくは、miniSDカードを取り出し、PC のカードリーダーへ。

    アドレス帳バックアップファイル AD310K.vcf
    (PATH)
    (Drive:)/PRIVATE/BACKUP/AD/AD310K.vcf

    ブックマークバックアップファイル BM310K.vbm
    (PATH)
    (Drive:)/PRIVATE/BACKUP/BM/BM310K.vbm

    *(Drive:) は WX310K(もしくは miniSDカード) に割り当てられたドライブレター


  • HONEY BEE 4 への送信
    必要なファイルを添付して HONEY BEE 4 宛にメール送信。

■HONEY BEE 4 側での操作


  • WX310K用バックアップファイルの取り込み
    受信したメールから添付ファイル(AD310K.vcf、BM310K.vbm)をデータフォルダへ保存。

  • インポート操作
    基本メニュー
    →ACCESSORY
    →バックアップ
    →データフォルダ⇒本体
    →アドレス帳 or ブックマーク
    (暗証番号入力)
    ファイルを選択
    →インポートしますか?(はい|いいえ)

■インポート結果
アドレス帳は WX310K のグループ分けは反映されていたが、グループ名は反映されていない。元のバックアップファイルを見ると AD310K.vcf 自体にグループ名情報が含まれていなかった。

ブックマークの方は、フォルダ名がないだけでなく、フォルダ分け自体もされず完全にフォルダ情報が反映されていなかった。
こちらは、元のバックアップファイル BM310K.vbm では、フォルダのグループ情報だけは保存されている。
(X-KC-FOLDER=**)

HONEY BEE 4 のバックアップファイル(AD350K.KBF、BM350K.KBF)はバイナリファイルだが、WK310K のバックアップファイル(AD310K.vcf、BM310K.vbm)はテキストファイルなので中身が見られるし、編集も出来る。

AD310K.vcf、BM310K.vbmを編集して HONEY BEE 4の既存データを手動追加した上で、上の手順を実行すれば、実質的にマージされた形でインポート出来るかもしれない。

と考え、BM310K.vbm で試してみた。
テキストエディタで BM310K.vbmを編集する(改行コードは LF)。
とりあえず HONEY BEE 4デフォルトのブックマーク+WX310K のブックマークがマージされてインポート出来た。


Continue reading "HONEY BEE 4 (WX350K) 其の四"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昼休み

会社に向かう途中でコンビニに在庫があったので思わず買った。
グリコ牛乳です。
普段コンビニで牛乳を買うことなどないので良く知らないけどいつも扱っているのだろうか?
初めて見たかも。
スーパーの牛乳売り場は相変わらず空っぽです。


おっと、PHS からの投稿時にファイルを添付し忘れてました。 これです。

20110324glico110324_0918001


| | Comments (0) | TrackBack (0)

HONEY BEE 4 (WX350K) 其の三

■「選べる電話番号キャンペーン」
今回、HONEY BEE 4 を購入する際にこのキャンペーンを思い出した。
番号は 3つまで希望できるが、1969 ひとつだけお願いした。
この番号以外ならなんでも良かった。
引き取りに行ってみたら、希望通り取れたようで、

070-XXXX-1969

が 電話番号となった。

■赤外線(IrDA)
赤外線を使って WX310K からアドレス帳を取り込もうとした。
が、WX310Kは、Bluetoothを搭載してるけど、IrDA非搭載なのを忘れていた。
うーむ。

■QRコード
WX310Kは無料ライセンスで QRコードリーダーを追加することが出来た。
購入前からスペック表などで分かってはいたが、HONEY BEE 4 は非対応。

■携帯向けサイト
上に書いたように WX310Kは QRコードから携帯向けサイトの URL を読み取ったりすることが出来るが、実際にアクセスしてみると大体「お使いの機種には非対応です」と蹴られてほとんど見ることが出来ない。アクセス出来ても満足に表示されない。

ヴェルディの携帯向けサイトが見られないと知った時はがっかりだった。

ウィルコムでも比較的新しい機種で見られる携帯向けサイトもあるらしい。
HONEY BEE 4ではどうなんだろうか?まだ試してはいない。

■包装袋
WX310K を買った時は、黒地に Willcom のロゴの入った包装袋に入れてもらって帰ってきた。
結構シャレたデザインだった。
今回はロゴも何もない全く無地の青い袋に入れて渡された。
どうでも良いと云えばどうでも良いことだが、がっかり度は高かった。


HONEY BEE 4 と alneo XA-V80 とのツーショット。 カラーも一緒で兄弟みたいです :-)

20110323wx350kp1030551

| | Comments (0) | TrackBack (0)

HONEY BEE 4 (WX350K) 其の二

実は、最初にオンラインショップのウィルコムストアで同じ機種を発注したのだが、その時期(2月20日から末頃にかけて)は、「だれとでも定額」申し込みが必須となっていた。このオプションだけは外せないようになっていたのだ。

不要ならいったん申し込みした後にオプションだけ解約すれば良いのだが、本人確認書類のやりとりでゴタゴタがあり、ウィルコムストアで発注するのは止めることにした。
(さきほどウィルコムストアを覗いてみたら、いまは「だれとでも定額」も任意オプションに変わっていた)

近場の実店舗、と云うことでウィルコムプラザ立川店へ電話で照会したところオプション類加入はまったく任意とのことだった。
実際、今回購入した際にオプション類加入は一切要求されなかった。
端末代金だけである(但し、一括支払いのみの取り扱い)。

ショップによっては半ば強制的にオプション加入を求められるところもあるらしい。
必要と思うオプションでも、任意で申し込むのと押しつけがましく加入させられるのでは後味が違う。

HONEY BEE 4 は、いまのところ通話に関しては 21円/30秒の従量料金。
パケット通信に関しては、基本プラン(「新ウィルコム定額プランS」)の仕様である 0円~上限2,800円(0.105円/パケット)。

3月に入ったら、WX310K でのパケット通信を止めて、HONEY BEE 4 だけでひと月やり過ごしてみようかと考えている。
どちらでパケット通信を行っても上限まで行くのは目に見えているので、片方の端末だけに限定しよう、と云う貧乏人の発想です。

もうひとつのプランは、HONEY BEE 4 で「だれとでも定額」オプションに加入。
ネットはパケット通信を使わず、PIAFS方式(PHS)を利用する、と云うもの。
10分以内で接続を切れば通話と合わせて500回/月まで 980円の定額で収まる(はず)。

どちらにしても、やっぱり貧乏人の発想ですね :-)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

HONEY BEE 4 (WX350K) BLACK

「もう1台無料キャンペーン」での2台目は、HONEY BEE 4 を選んだ。
0円端末の HONEY BEE 3 もまだ在庫はあったようだが、7,200円でこちらを購入。

同じ価格だと HONEY BEE BOX(WX334K、WX334K P) という選択肢もあったが、HONEY BEE 4 にしたのはブラウザの違いが一番だろうか。

HONEY BEE シリーズではこれだけ NetFront が搭載されている。
Opera の使い勝手は WX310K で知っているので NetFront を一度使ってみたかった。

あとは、連続通話時間約 9時間。
あくまでカタログスペックとは云え WILLCOM の他の音声端末でここまで長いのはない。
それとデータフォルダ容量約70MB と云うのも選択ポイントとなった。
外部メディアが使えないのでこれは大きいほどありがたい。

筐体はさすがにコンパクトだが、WX310K と比べてあまりにも軽いので、同じような感覚で手に持っているとうっかり落としてしまいそうになった。

WX310K との比較写真
左が HONEY BEE 4 (WX350K)、右が WX310K
20110321wx350kp1030536

20110321wx350kp1030537

20110321wx350kp1030539

以下2枚は何故か位置が逆になってます :-)
左が WX310K、右が HONEY BEE 4 (WX350K)
20110321wx350kp1030542

20110321wx350kp1030543


内蔵カメラで撮った写真の比較

WX310K (130万画素)
撮影モード:VGA 画質: ファイン
20110321wxk3100051r

WX350K (31万画素)
撮影モード:VGA 画質: ファイン
20110321wxk3500002r

画素数はかなり差がありますが、実際の画像は負けてません。
ちょこっと写してメールで送るとかブログへアップなどであれば十分使えるレベルかも。

しばらく触って気になったのが、触った後の指の脂、ベタ付きが結構目立つこと。
これは黒を選んだので仕方ないいのだけど。

通話や Web はまだ試していないのでそこら辺は別の機会に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

災害情報関係臨時リンク集

災害情報
放射能関係情報

被災脊損者救援募金のお願い
日本せきずい基金


非力な自分にはこういうことしかできません。
しばらくサイトのトップ固定で掲載します。

[更新履歴]
2011.11.06 :
Googleのパーソンファインダー Person Finder(消息情報)が10月30日でサービスを終了したので、非表示としました。
2011.06.26 :
NHK の「東北関東大震災・避難者名簿検索」はサイトが行方不明になってしまいましたので、非表示としました。
2011.04.14 :
計画停電関係(「原則不実施」となりました)及びみずほ銀行(まあ落ち着いてきたでしょう)は非表示としました。元の文章を削除したわけではないので、ソースを表示させればご覧になれます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ライトメール

昨夜帰宅途中の電車内で着信があった。
車内なのでもちろん出ない。
知らない番号だが、070 で始まる。
どこからかはすぐに分かった。

その後ライトメール受信。
ライトメールというのは他キャリアではSMSとか呼ばれるもの。

070 で始まる番号からの着信もライトメール受信も何年ぶりのことだろう。
感動すら覚える。

昨夜は会社帰りに立川のウィルコムプラザに寄ってきた。
WILLCOMでは、2台目無料キャンペーンもう1台無料キャンペーンを絶賛開催中で、2台目端末の購入手続きをしてきたのだ。

普段は50分ほどで終わる登録手続きが大地震後は1時間半から2時間ほどかかる。下手すると今日中に手続できないかもしれない、と店長さんに言われた。
仕方ないので書類上の手続きだけを済ませて店を出た。

着信もライトメールもウィルコムプラザからだった。
登録が済んで商品を渡せる状態になった、とのこと。
結局 1時間くらいで登録できたようだ。

WILLCOM同士の通話24時間無料、とかいわれても知り合いにWILLCOM音声端末ユーザーがひとりもいない。

WILL COM 2台も持ってどうすんの?
と言われそうだが、
確かに自分もそう思います :-)

非常時のメイン機バッテリー切れ時の予備

ですかね。

大地震発生当日、他キャリアの携帯電話が繋がりにくい中、WILLCOM の音声端末は比較的良く繋がった、という話を見かけた、っていうのもある。
PHS と携帯電話では仕組みや設備も異なるのでその関係なのか、単にユーザー数が少ないのでそのおかげ、なのかは分かりません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無計画停電

やるって決めたことを、なぁんできちんと実行しないかね。

そりゃぁ、そこそこ苦労して辿り着いた会社で普通に仕事は出来たのは助かったが、それは別。

もっと言えば、会社のある日野本町は、第2グループと第4グループに分かれているのだが、どこの範囲がどっちのグループなのか東電の資料では分からなかった。

東電の PDFで、丁目まできちんと書かれてどのグループに所属しているのか分かるようになっていたのは、15時版とされるもの。
計画停電中止になった後だ。

非常時で混乱してるのは分からないでもないが、
怒ってます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Puppy Linux 4.3.1 と FAT32 なUSBメモリ

前振り。

■Puppyユニバーサルインストーラ
FAT32 でフォーマットされた USBメモリへのインストールに何故か失敗する。
INSPIRON6000、それと職場の Vostro200 で試してみて同じ結果。
どちらも DELL の XP搭載マシンだが、当然ながら CPU を含めハードウェア構成は異なる。
ちなみにサブノートの hp dv4a/CT(Windows7稼働中)で試したらこちらではインストールできた。

■Ext2Fsd
前に、どうもうまく使えないと書いたが、原因が判明。
ext3 のパーティションが認識されないのではなく、USBメモリを複数のパーティションに分けていると WindowsXP からは最初のパーティションしかアクセス出来ない模様。

以下のようにパーティションを分けると、

(a)第1パーティション: FAT32
(b)第2パーティション: ext3

(a)第1パーティション: ext3
(b)第2パーティション: FAT32

(a)のパーティションしかアクセス出来ない。

当然ながら、ドライブ全体を ext3 でひとつのパーティションにフォーマットしておけば、Ext2Fsd を使って XP から USBメモリ全体にアクセス出来る。

■extlinux
syslinux(WIN32版) は FAT(16|32) なパーティションにしかインストール出来ないようで、ext3 のような Linux のファイルシステムには extlinux を使わなければならないようだ。

USBメモリ全体を ext3 でフォーマットして、extlinux をインストールするには Linux な環境で作業しないとならない。

何度か試してみたがスキル不足でうまく起動まで至らず。
extlinux.conf も複雑そうなので今回はあっさり諦めた。


と云うことで、結局は syslinux を使って FAT32でドライブ全体がフォーマットされた USBメモリーへ Puppy Linux 4.3.1 をインストール。

ただし、今回は素人なりにちょっと趣向を凝らしてみた。

ルートディレクトリに puppy431 と syslinux のサブディレクトリを作成して、それぞれ必要なファイルだけをサブディレクトリへ置くことにした。
あとで別バージョンの Puppy なども入れることを考えてこうしてみた。

まず、このふたつのサブディレクトリを作成した後

syslinux -ma <USBメモリに割り当てられたドライブレター>:

を実行。
ルートディレクトに ldlinux.sys が作成される。
syslinux.bin(isolinux.bin) は要らないようだ。

pup-431JP.iso の中身を サブディレクトリ puppy431 へ展開。

[BOOT]
AUTORUN.INF
boot.catalog
grldr
menu.lst
PUPPYJP.ICO
splash.xpm

などのファイルは(たぶん)不要なので削除。

syslinux.cfg はテキストファイルで新規作成して、サブディレクトリ syslinux へ保存。

ルートディレクトはかなりシンプルになった。

とりあえずこれで起動している。
USBの中身と syslinux.cfg の内容は以下の通りです。

# ls -lR
.:
total 40
-r-xr-xr-x 1 root root 32768 2011-03-13 20:47 ldlinux.sys
drwxrwxrwx 2 root root 4096 2011-03-14 06:57 puppy431
drwxrwxrwx 2 root root 4096 2011-03-13 20:44 syslinux

./puppy431:
total 120764
-rwxr-xr-x 1 root root 3673 2009-11-30 11:46 README.HTM
-rwxr-xr-x 1 root root 5250 2009-11-30 11:48 READMEJA_.HTM
-rwxr-xr-x 1 root root 1426801 2009-11-26 07:54 initrd.gz
-rwxr-xr-x 1 root root 96485376 2009-11-30 22:05 pup-431JP.sfs
-rwxr-xr-x 1 root root 2024512 2009-11-26 07:54 vmlinuz
-rwxr-xr-x 1 root root 23707648 2009-11-26 16:54 zp431305.sfs

./syslinux:
total 4
-rwxr-xr-x 1 root root 116 2011-03-13 22:21 syslinux.cfg
# cd syslinux
# cat syslinux.cfg
default puppy
prompt 1
label puppy
kernel /puppy431/vmlinuz
append initrd=/puppy431/initrd.gz pmedia=usb
timeout 50
#


| | Comments (0) | TrackBack (0)

昨日の大地震のこと

まず、今回の地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
そして被災された皆様にお見舞い申し上げます。
また、消息不明な方々につきましてはひとりでも多くの方が無事に救援されるようお祈り申し上げます。


以下、私的な文章で恐縮です。

大地震、その瞬間、仕事の用事で立川にいた。

銀行の用事を済ませ、北口のケンタッキーで遅い昼食をとった後、店内でうたた寝をしていた。
軽い揺れで目が覚めた。
どうせすぐに収まるだろうとまたうたた寝に戻ろうとしていたら、揺れがどんどんひどくなる。
これまで経験した地震となにか違う。
揺れは激しさを増しながらいつまでも収まらない。

ケンタッキー3階は、北口のペデストリアンデッキとほぼ同じ高さにあるのだが、ペデストリアンデッキ近くの大きな街灯がこわいほど揺れている。

なんだかこのまま建物が崩れて死んじゃうかも・・・
と思いながらも何故か足が動かない。
舐めていたのかもしれない。

すぐに家族や会社へ電話をかけた。
特に車いすでしか移動の出来ない長男のことが気掛かり。
が、どこへかけても繋がらない。
何故か上司の docomo携帯だけは繋がった。
恐るべし docomo。
会社の方は無事な様子。

とっても長い時間大揺れした後、店員さんが上がってきて余震の恐れがあるので早々に店外に出て下さい、と促される。
昼食は既に終えていたので、店員さんのひと声をきっかけに店を出た。

駅の周辺は人がいっぱい。
公衆電話には列が出来ていた。
携帯電話や PHS がほぼ壊滅状態でも公衆電話は繋がるようだ。

ケンタッキーへ入る前に立ち寄った銀行が入っているビル。
上の方の階の窓ガラスが割れ落ちたようで、他の窓ガラスもいくつかひび割れてていた。
幸い怪我人は出なかったようだが、昼食と銀行立ち寄りの順番が逆だったら巻き添えになっていたかもしれない。

駅に向かうと、中央線は地震の影響で運転を見合わせている、という。
更に、余震の心配があるので駅員の誘導に従ってこの地域の避難場所になっている昭和記念公園へ向え、とアナウンスが流れる。

なんでこんな寒い中、昭和記念公園まで待避しなきゃならんの?
と思ったがその直後くらいに本当に余震が来た。

とりあえずいったん駅構内から表に出た。

しばらくしてまた駅に戻ってみると、運転再開見通しは限りなく先になる、と云うようなアナウンスが聞こえた。
そうこうしているうちに、改札口はシャッターが降りてしまっていた。

仕方なく再び外に出る。

会社のある日野と立川とは中央線でひと駅だが、間に多摩川があり、歩いて戻るとなると大きく遠回りして橋を渡らないとならず、とっても時間がかかる。
ビックカメラで時間をつぶそうかと思ったが、店の前にロープを張って客が入れないようになっていた。
こんなに大きな地震の直後だし、これは仕方ない。

いつの間にかルミネもシャッターが降りていて入店出来ないようになっていた。

2台目無料キャンペーンで一度行ってみようと思っていた WILLCOM PLAZA が開いていたので、そこへ避難。
しばらく端末を見比べた後、2台目契約の相談を持ちかけると、システムが繋がらないので今日は契約手続などが出来ない、と言われる。
とほほ・・・

JRは当てにならないし、
これはもう諦めてモノレールに乗るしかない、と覚悟を決める。
どういうわけか多摩モノレールは動いていたのだ。

立川駅南口へ出てモノレールの駅へ。
地面から離れて動く乗り物は生理的に乗りたくないのだが、バスは混雑している様子で駄目だし他に移動方法がない。
多摩モノレールの立川南駅から甲州街道駅までたった二駅。
幸い、モノレールは空いていて、パニくることもなく無事に甲州街道駅へ到着。

日野駅前までとぼとぼ歩き、ようやく会社へ戻った。

他の社員は暗くならないうちに府中まで徒歩で行く、と言う。
府中まで行けばバスなりなんなりでなんとかなると。
自分は仕事がまだ残っているし、京王線運転再開と云うかすかな可能性に賭けて会社に残ることにした。
最悪、会社で寝泊まりすれば良いかな、と。

以降の推移はこちらに書いた次第。

帰宅してしばらくした後、妻と娘が帰ってきた。
長男からも珍しく返信メールが来た。
とりあえず家族はみな無事だった。


今日も余震や別の場所での地震がいくつもあった。
時間が経つにつれ亡くなった方の数もどんどん増えている。

たくさんの方が被災された中で不謹慎かもしれないが、

ベガルタ仙台の関係者、サポーター、ファンのみなさんがどうかご無事であることを祈ります。
いつか同じカテゴリーで再び対戦出来る日を待っています。
「やっちまえ!POPSTAR」をスタジアムでまた聞きたいぜ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっとこさ帰宅

午前0時頃に帰宅。
この深夜にカティサークを飲みながらこれを書いている。
飲んべえです、はい。

娘は車で妻を迎えにいったのだが、自分が家に着いた時にはまだ帰っていなかった。
甲州街道が渋滞しているのだろうか。

誰もいない家の中は寒かった。
すぐにガスストーブをつけた。
が、動作しない。
試しにキッチンのガスコンロを点けてみたがやはり点かない。

あら?ガスが止まった?
と思ったが、ここへ引っ越してきた時に東京ガスの方から聞いた安全装置の話を思い出した。
懐中電灯を片手に通路に出てガスの安全装置復旧作業を行う。
3分待って復旧。

家の中は、積んでおいた本がちょっと崩れたくらいでさほど被害はなかった。
ただ、玄関の棚の上に飾っておいた鏡が落下していた。
新婚祝いに当時勤めていた会社の上司からもらったものだ。
木枠が壊れてしまっていたが鏡自体は割れていなかった。
不思議なものだ。

心配したほどの被害はなかったようだ。


鉄道について。

京王線はじめ私鉄各社は良く頑張ったと思う。
会社での待機中にネットで運行情報をひっきりなしにチェックした。
京王線はなんどリロードしても運転見合わせ中。
だが、「点検中」の表示は変わらなかった。
それに比べてJR東日本は早々に「終日運転見合わせ」。
こんな状況で、私鉄各社は公共の輸送機関としてなんとかしようという意志が見えた。
運行再開を信じて会社で待機していた。

カバー範囲やフォーロー体制の違いはあるだろう。
が、JR使えねえ、と思ったのは自分だけではないはずだ。

もう午前 2時を回っている。
が、京王線はまだ走っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京王線高幡不動駅を出た

京王線高幡不動駅を出た
混乱回避の為か、ホームに入れてもらえず改札口の前で長だの列にくわわる。
満員電車にギュウギュウ詰めだとパニック障害が出そうでこわい。

などと考えてると早くも心臓がパクパクしてくる。

ようやくホームに誘導され、しばらくして新宿行の電車がやって来た。
あらガラガラじゃあないですか。これから府中辺りでたくさん乗り込んでくるんだろうか。
とりあえずいまは余裕をこいてこれを書いてます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大地震の夜

さっきまで会社で待機。京王線が動き出したのをネットで確認して、日野駅前から多摩モノレール甲州街道駅まで歩いて来た。
いま恐怖のモノレールの中です。
足ががくがくします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JIM BEAM RYE

20110222jimbeam_ryep1030465

国内発売元の商品紹介ページでは、


ライウイスキーならではの個性とともに、フルーティーな芳香が楽しめる、軽快な味わいのライトタイプです。

とるあが、俺のとは違うなぁ(by 倉石検視官)。

ここのところ、冬場ということもあり、ウィスキーはもっぱらストレートで飲んでいるせいもあるのだろうか、軽くはない、と云うのが率直な感想。
日本酒に例えると辛口タイプ。

カクテルのベースにも使われたりするそうだが、どうなんだろう。

もちろん決してまずいお酒ではないのだが、手頃な価格で口当たりの良いウィスキーなら他にあるような気もする。
フルーティーな芳香と云うのがネックなのだろうか?
相性なんでしょうかね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

つかの間の帰宅

昨夜、国リハの寮から長男がひょっこりと帰ってきた。

土日はあちらでは何もないので自由なのだが、家に帰ってくるのか、そのまま寮にいるのか未定だった。
前もって連絡もなかったのだが、妻が夕方メールで尋ねたら、いま新宿にいてその後は家に帰ってくる、と珍しく返信してきたらしい。

人で混雑しているだろう週末の新宿にひとりで車椅子で出向く。
12月、退院した後には毎年恒例の上原ひろみのコンサートを観に友達と一緒に行ったり。

いろいろとハンデキャップを負うことになってしまったが、いまでも行動力はそのまま。
ヴェルディの試合を見にいく以外はほとんど街へ出ない自分などとは比べるべくもない。

夜になってもなかなか帰宅せず、柏と清水戦を見ながらの夕食が終わるころにようやく帰ってきた。
欲しいものがあったようで、新宿で買い物をしてきたらしい。
出かけるといつ帰ってくるのか分からないのは昔からだが、車椅子なので暗くなるとやはり心配になる。
本人はまったく気にしていないようだ。

今日は、寮での夕食は要らないと伝えてきたというので、早めに夕食を準備して家族揃って食べた。
寮へ戻るため6時くらいに家を出て行った。
新所沢まで電車を乗り継いで向かう。
1時間半から2時間くらいかかる。

車で送ってあげれば楽なのは分かっているが、この時間から往復すると戻ってくるのが遅い時間になってしまう。
その辺は本人も心得ている。
ひとりで帰っていった。
無事に着いたようだ。


ひな人形は昼間の内に片付けた。
今年はいつになく仕舞うのが早い。
せっかく長男が戻っていたのだが、
ひな人形をバックにしての兄妹のツーショットは結局撮らずじまいだった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひな祭り

20110303hinamaturip1030491

長男は国リハの施設へ入寮、娘は仕事先の歓送迎会で不在。
妻と二人でひな祭りの夜を過ごす。
まあ、たまにはこんな年があっても良いか。

日曜日にひな人形を出し、日曜日、月曜日と長男は家にいたのだが、訳もなくなにかとせわしなく、うっかりしている間に入寮日を迎えてしまった。

毎年ひな人形の前で兄妹の写真を撮るのが恒例になっているのだが、今年は撮り損なった。

長男は月中頃に国リハからいったん帰宅する予定だが、さてその頃までひな人形を出しておいたものかどうか・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

手動運転装置

文字通り手動で運転する装置。
両下肢が不自由な方が自動車を運転する際に、足でペダルを踏む動作などを手動で行う。

20110107fujiconp1030289
運転席と助手席に間にフロアから突き出ているのが手動運転装置。
車に乗る方なら「何か付いている・・・」、とすぐに気付くのでしょうが、自分は説明されないと分かりません :-)

昨年、中古ラフェスタを買う時から車屋さんには相談していた。

こういう改造を行うと健常者が乗れなくなる(運転に支障が出る)のかと思っていたが、そういう排他的なものではなく、取り付けても普通に健常者が運転できると教えてもらった。
これは結構意外なことで驚いた。

そして、12月に長男が長い入院生活を終えて家に戻ってきた後、手動運転装置を取り付けた。
手動運転装置の操作については、退院する前に国リハで講習を受けていたようだ。
車椅子から運転席への移乗もひとりで出来るようになっていた。

これでちょっとした遠出も自分で運転して出来るだろうと考えていた・・・
が甘かった。
駐車場の左右のスペースに余裕がなく、車椅子に乗ったまま運転席まで行けないのだ。
運転席だけではなく、助手席、後部座席全部同様である。

誰かが車を動かして、車椅子から移乗できる空間のある状態にしないと乗ることが出来ない。
家族で他に運転できるのは娘だけ。
結局、娘がいないと長男も車に乗れない。

そんな訳でまだ数えるほどしか乗っていない。

住んでいるマンションの駐車場には車椅子利用者用のスペースが 1台分用意されている。
が、既に他の入居者の方が契約されていて、管理している不動産屋さんがその契約者さんに場所交換の相談をもちかけてくれたが、やんわりと断られてしまったようだ。

駐車場には空きがあるので 2台分借りることも考えたが、現在保留中。


昨日の早朝、長男が国リハへ戻っていった。
再入院ではなく、職リハ(国立職業リハビリテーションセンター)入所へ向けて、3月1日付けで国リハ内の自立支援局の宿泊施設へ入寮することとなったのだ。

入寮の為のオリエンテーションなどがあり、朝の 8時半から9時までの間に国リハに着かなければならない。
月初めで仕事が外せないため、妻と娘に付き添ってもらった。
最初は娘が運転席に座っていたが、準備も終わったようなので見送りに出ると、運転席には長男が座っていて、そのまま車は走り出して行った。

2時間ほどかかったようだが、手動運転装置を使ってラフェスタは無事に国リハに到着した模様。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »