« ひな祭り | Main | JIM BEAM RYE »

つかの間の帰宅

昨夜、国リハの寮から長男がひょっこりと帰ってきた。

土日はあちらでは何もないので自由なのだが、家に帰ってくるのか、そのまま寮にいるのか未定だった。
前もって連絡もなかったのだが、妻が夕方メールで尋ねたら、いま新宿にいてその後は家に帰ってくる、と珍しく返信してきたらしい。

人で混雑しているだろう週末の新宿にひとりで車椅子で出向く。
12月、退院した後には毎年恒例の上原ひろみのコンサートを観に友達と一緒に行ったり。

いろいろとハンデキャップを負うことになってしまったが、いまでも行動力はそのまま。
ヴェルディの試合を見にいく以外はほとんど街へ出ない自分などとは比べるべくもない。

夜になってもなかなか帰宅せず、柏と清水戦を見ながらの夕食が終わるころにようやく帰ってきた。
欲しいものがあったようで、新宿で買い物をしてきたらしい。
出かけるといつ帰ってくるのか分からないのは昔からだが、車椅子なので暗くなるとやはり心配になる。
本人はまったく気にしていないようだ。

今日は、寮での夕食は要らないと伝えてきたというので、早めに夕食を準備して家族揃って食べた。
寮へ戻るため6時くらいに家を出て行った。
新所沢まで電車を乗り継いで向かう。
1時間半から2時間くらいかかる。

車で送ってあげれば楽なのは分かっているが、この時間から往復すると戻ってくるのが遅い時間になってしまう。
その辺は本人も心得ている。
ひとりで帰っていった。
無事に着いたようだ。


ひな人形は昼間の内に片付けた。
今年はいつになく仕舞うのが早い。
せっかく長男が戻っていたのだが、
ひな人形をバックにしての兄妹のツーショットは結局撮らずじまいだった。


|

« ひな祭り | Main | JIM BEAM RYE »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference つかの間の帰宅:

« ひな祭り | Main | JIM BEAM RYE »