« HENRY McKENNA | Main | 飛田給駅前 »

slax6 もマルチブートで

初心者による Linux 導入記 slax 編

ここのブログで何度も出てくる PuppyマルチブートUSBメモリへ今度は slax6 を入れてみた。

20110501snapslax6desktop

【参考サイト】
slax-ja - PukiWiki:
isoイメージファイルのダウンロードもこのサイトから

@Palm84
いつも参考にさせて頂いている yassy さんのサイト

【作業の流れ】
USBメモリに slax6 のディレクトリを作成。

7-Zip File Manager を使って、slax-ja-6.1.2-2.iso から、boot 及び slax これら2つのディレクトリを丸ごと USBメモリ上の slax6ディレクトリ内に展開。

次に、USBメモリ上のブートメニュー設定ファイル書き換え。

/syslinux/syslinux.cfg に以下を追加。

LABEL slax6
MENU LABEL SLAX6(vesamenu.c32)
KERNEL /slax6/boot/vesamenu.c32
APPEND /slax6/boot/slax.cfg

/slax6/boot/slax.cfg の書き換え

[変更前]
LABEL xconf
MENU LABEL Slax Graphics mode (KDE)
KERNEL /boot/vmlinuz
APPEND initrd=/boot/initrd.gz ramdisk_size=6666 root=/dev/ram0 rw autoexec=xconf;telinit~4 changes=/slax/ locale=ja_JP.UTF-8 iocharset=utf8 codepage=932

[変更後]
LABEL xconf
MENU LABEL Slax Graphics mode (KDE)
KERNEL /slax6/boot/vmlinuz
APPEND initrd=/slax6/boot/initrd.gz ramdisk_size=6666 root=/dev/ram0 rw autoexec=xconf;telinit~4 changes=/slax/ locale=ja_JP.UTF-8 iocharset=utf8 codepage=932 from=slax6/

ポイントは、
/boot/vmlinuz、/boot/initrd.gz へのパスを絶対パスで記入、
それから、
from=slax6/ の追加

以下同様に書き換える。

起動後に変更した内容は、 /slax/changes/ ディレクトリに反映、保存される。
/slax6/ ディレクトリ直下に slaxsave.dat を置いて、slax.cfg の APPEND 行の

changes=/slax/

changes=/slax/slaxsave.dat
changes=/slax6/slaxsave.dat

に書き換えればこのファイルに保存される。

必要なモジュール(ファイル拡張子 .lzm)はダウンロードして、/slax6/slax/modules/ に置いておけば起動時に自動的に読み込んでくれる。

とりあえず、Slax modules: your pocket operating system: から

firefox-v4.0.lzm
opera-11.10-2092.i386.linux.lzm
geany-0.20.lzm
rox-filer-2.10-1.lzm

をダウンロードして modulesディレクトリに置いた。

【Wireless LAN】
INSPIRON6000 からの無線接続は、デフォルトで入っている KWiFiManager 3.5.10 で出来た。
ただ、無線ルータへは接続するが、IPアドレスまでは自動取得してくれないようで、いちいちターミナルを開いて dhcpcdコマンドを実行しなければならなかった。

Wireless Assistant0.5.7 というモジュールを使ってみたら、Automatic(DHCP)にチェックを入れるだけで自動でIPアドレスを取得してくれるのでこちらを使っている。
この Wireless Assistant0.5.7 は、
wireless-all.lzm
というモジュールに入っている。

残念ながら、slax6 のパッケージだけでは、Puppy Linux 同様に、hp dv4a/ct 内蔵の broadcomのワイアレスアダプタに対応していなかった。

【注意したこと】
vesamenu.c32 が、syslinuxディレクトリに置いてあるものと異なるとうまくブート出来ないようなので、
/syslinux/vesamenu.c32 で /slax6/boot/vesamenu.c32 を上書きする。

ちなみに、

slax-ja-6.1.2-2.iso に入っている vesamenu.c32 は、
140,580bytes 2009/08/05 09:20

syslinux-4.03.zip の方は、
162,860bytes 2010/10/22 23:07

To be continued.

|

« HENRY McKENNA | Main | 飛田給駅前 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference slax6 もマルチブートで:

« HENRY McKENNA | Main | 飛田給駅前 »