« November 2011 | Main | January 2012 »

December 2011 posts

The Beatles 2 CD's

前回 7枚の CDをまとめ買いしたとき、Please Please Me は外した。

既に手元にあったわけではない。
CDで既に持っていたオリジナルアルバムは 5枚、

With The Beatles (1963/11)
A Hard Day's Night (1964/07)
Beatles For Sale (1964/12)
Rubber Soul (1965/12)
The Beatles(The White Album) (1968/11)

オリジナルファーストアルバムである Please Please Me も一緒に買っていれば一通り揃ったわけだが、このジャケットには前からなんとなく馴染めなかった。

自分にとってのファーストアルバムは
Meet The Beatles!

US盤ではなく、日本独自編集盤。
ジャケットは UK盤 2nd アルバムの With the Beatles と同じだが、内容はオリジナルとも、 US盤 Meet The Beatles! とも異なる。
A面は、I Want To Hold Your hand で始まり、ジョージの Don't Bother Me で終わる。

日本独自編集の Meet The Beatles! が自分を育てた。
ジャケットと共に独自の曲目構成は抜群だった。

と思って外したのだが、やはりオリジナル曲を全曲聴いてみたくなって追加購入。

日本独自編集盤ではTHE Beatles Second Album と、Beatles No5 も聴いていた。
現在 CD化されているオリジナルアルバムだけでは、これら日本独自編集盤に収録されていた曲が揃わない。

結局、2枚組の Past Masters も購入(ジャケットは黒地に白文字)。

何故か、Past Masters 2 だけは持っていたのだが(ジャケットは白地に黒文字)、Beatles No5 に収録されていたドイツ語版の She Loves You や、I Want Hold Your Hand は Past Masters 1 の方に入っている。

Past Masters 2 がかぶることになったが、
これで全部のピースが揃った。

20111225the_beatlesp1050822


The Beatles 日本独自編集盤についての参考サイトを紹介させていただきます。
http://popup15.tok2.com/home2/rollingbeat/beatles.html
http://home.q04.itscom.net/hiropon/frame_catalog.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Beatles 7 CD's

20111211the_beatlesp1050787

ビートルズのオリジナルアルバムはあまり持っていなかった。

CD が普及する前、アナログ盤の時代は少ない月でも 4、5枚のペースでロックやジャズのアルバムを買っていた。
ビートルズは、まず、廃盤になる心配がない(たぶん)。
それと、セールなどでプライスダウンすることもなかった。
だから、とりあえず他のアーティストで欲しいアルバムがあればそちらを買ってしまう。

アナログ盤から CDの時代に移行してもこれは変わらなかった。
別に欲しくないわけではなく、いつでも買えるから。

先日、そんなビートルズの CDを 7枚、まとめ買いした。

きっかけは、テレビで観た「ゴールデンスランバー」。
映画や原作のファンの方には申し訳ないがストーリーはほとんど覚えていない。
ただ、作中に何度か流れた Golden Slumbers が耳に残った。

懐かしかった。
Abbey Road は持っていないので無性に CDが欲しくなった。
HMV Online がマルチバイで輸入盤CD、1枚1,000円で販売しているのを知り、いっきに 7枚購入。

内訳は、

Help! (1965/08)
Revolver (1966/08)
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (1967/06)
Yellow Submarine (1969/01)
Abbey Road (1969/09)
Let It Be (1970/05)

Magical Mystery Tour (1967)
/* Wikipedia の discography ではオリジナルアルバムと別扱いとなっている */

すべてリアルタイムで聴いていたのだが、改めて Abbey Road の完成度の高さに驚いた。

もちろん、まっさきに聴いたのは Golden Slumbers です。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

皆既月食なう

20111211lunar_eclipsep1050786

英語では、月食のことを Lunar eclipse と言うそうで。

コンデジたとこんなもの?
腕が悪いだけですか、そうですか :-)

元々カメラのことは良く分からない。
試行錯誤の末シーンモードの「夜景」で撮影。

ブログに載せる写真はいつもは 640 x 480 にリサイズし 256色に減食するのだが、今回はオリジナルそのままでアップ。
クリックしてビックリしないで下さいねえ。

Make - Panasonic
Model - DMC-FX40
DateTime - 2011:12:10 23:48:34
MaxApertureValue - F 2.83
MeteringMode - Multi-segment
LightSource - Auto
Flash - Flash not fired, compulsory flash mode
FocalLength - 22.00 mm
FlashPixVersion - 0100
ColorSpace - sRGB
ExifImageWidth - 1600
ExifImageHeight - 1200
InteroperabilityOffset - 10320
SensingMethod - One-chip color area sensor
SceneType - A directly photographed image
CustomRendered - Normal process
ExposureMode - Auto
White Balance - Auto
DigitalZoomRatio - 4.00 x
FocalLengthIn35mmFilm - 244 mm
SceneCaptureType - Night scene
GainControl - High gain up

| | Comments (0) | TrackBack (0)

WZR-HP-AG300H なんちゃってセットアップ

WHR-G54S からの買い換え。

家のインターネット環境は、BフレッツマンションタイプのVDSL方式。

VDSL宅内装置
  |
  +WHR-G54S(WEP) --->無線子機(PC、ゲーム機 etc)
   |
   | (有線LAN)
   |
   +- AirMac Extreme(WPA2-AES) --->無線子機(PC、DIGA、iPhone、iPAD etc)

こんな感じ。

AirMac Extreme は、何年か前に Apple好きな長男が知らぬ間に繋いでいた :-)

VDSL宅内装置はルータ機能内蔵だがこちらはオフにして、WHR-G54S をルータとして使用。
古いゲーム機が WEP にしか対応していないので WHR-G54Sは 脆弱性を知りつつ仕方なく WEPに設定していた。

昨年、WiMAXのルーター URoad-7000 を買った時、複数の SSID 持ち、暗号化レベルを混在利用できる Wi-Fiルーターが存在する、と云うことにビックリした。
マルチセキュリティと呼ばれるもので、まあ、自分が情報に疎いだけだった訳ですが :-)

AirMac Extremeが WPA2-AES を使っていたので、とりあえず、INSPIRON6000 や HP dv4a/CT はそちらに繋ぐように変えて運用していた。

が、WHR-G54S は 2005年に発売された製品。
最近のものの方がパフォーマンスもアップしているだろう、と考え、思い切って買い換えることに。

ここまで前置き。以下本題。

AOS とか WPS とか、自動設定はなんだか性に合わない。
マニュアル通りの手動設定もつまらない。

で、以下の手順でセットアップ。

1.
まず、WHR-G54S でいつも通りインターネットにはつなげておく。

2.
PC(INSPIRON6000) のそばに WZR-HP-AG300H 単体を置いて LANケーブルで PC に接続。
ACアダプターをコンセントに差し込む。

2-1.
WZR-HP-AG300H の LAN側 IPアドレスの変更。
WHR-G54Sを 192.168.253.1 に設定してるのでこれに合わせるため。
(交換前に親機に元々デフォルトの 192.168.11.1 を使っているならばこの操作は不要です)
PC からブラウザを起動して、 192.168.11.1 にアクセス
LAN 側 IPアドレスを192.168.253.1 に変更。

WZR-HP-AG300Hの Internet/LAN 設定でいじるのはここだけ。
Internet 関係は何もせずに放置。

2-2.
WHR-G54S と同じ SSID、WEPキー を WZR-HP-AG300H の SSID3に設定。

WZR-HP-AG300H は、2.4GHz、5GHz 共に 3つの SSID、セキュリティ方式を設定できる(はず)。
それぞれ、認証方式や暗号化レベルが異なる。

SSID1 : 認証方式/暗号化 WPA-PSK/TKIP | WPA/WPA2 mixedmode - PSK /TKIP+AES mixedmode
SSID2 : 認証方式/暗号化 WPA-PSK/AES
SSID3 : 認証方式 なし 暗号化 WEP(64|128)

2-3.
SSID1 に WPA2-AES で新しい SSIDを作成。
INSPIRON6000 の内蔵無線アダプタは対応していないが、5GHz(a/n のみ対応) の方にも SSID を作成。

* MACアドレス制限をしておきたければここで済ませておく。
(今回は後で行った)

20111127whr_ag300h

20111127whr_ag300h_2

ここまで作業したら、WZR-HP-AG300H側の設定を保存して ACアダプターと LANケーブルを引っこ抜く。

WZR-HP-AG300H を持って、WHR-G54S 設置場所まで移動。

3.
WHR-G54S の ACアダプターを引っこ抜き、VDSL宅内装置と繋いでいる LANケーブルも引っこ抜く。

4.
WZR-HP-AG300H のACアダプターをコンセントに差し込み、LANケーブルを VDSL宅内装置に繋げる。

5.
AirMac Extreme(電源は入ったまま) の LANケーブルを WHR-G54Sから外し、WZR-HP-AG300H の LANポートに差し込む。

以上。

ちょっと乱暴な気もしないではないが、これで親機交換セットアップ完了。

ちなみに、INSPIRON6000 の後付け内蔵 Intel PRO/Wireless 2200BG での速度は、

WHR-G54S 6~7Mbps

WZR-HP-AG300H 10Mbps前後

まあこんなもんでしょうかね。

設置完了後の機器類の画像。
ごちゃごちゃしてますが、気にしないで下さい :-)

20111127whrag300h_p1050580


| | Comments (0) | TrackBack (0)

味スタ便り-20111203 | vs 湘南ベルマーレ

V20111203p1050594

J2リーグ戦第38節、湘南ベルマーレ戦。

リーグの最終節、そしてホーム最終戦。

雨の中、雲で覆われた味スタ。
が、試合が始まってしばらくすると空が明るくなり陽まで差してきた。
不思議な感じだった。

ピッチは雨水がたまり、コンディションは最悪。
ボールがピッチを動くたびに水しぶきが飛ぶ。
選手たちが滑って転ぶシーンがいくつも見られた。

ドリブルもパスも思うようにボールが動かない。
こうなるとロングボールの前線放り込み作戦が有効。

ヴェルディは巻が前節アウェイ戦で全治 1ヶ月の負傷。
今日のようなピッチ状態では巻の不在が痛い。
湘南は上背もある田原選手が良く効いていた。

その田原選手が先制ゴールを決める。
が、そのすぐ後に河野が見事なシュートでゴールを決め、同点に追いつく。

後半、膠着状態が続いた中で、CKからそれてきたボールをファーで飯尾がゴールネットに蹴り込む。
勝ち越し弾。
ユニを脱いでゴール裏に駆け寄る飯尾。
もちろんイエローカードです、はい。

2 - 1 でリードしたまま後半45分が過ぎ、あとは終了のホイッスルが鳴るのを待つだけ。
とホーム側では誰もが思っていたのではないだろうか。

が、6連敗中の湘南が最後に意地を見せる。
ロスタイムで同点弾を決められてしまった。

がっかりな結果でゲーム終了。
ヴェルディの 1年が終わった。

先制されたものの前半の内に追いつき、後半追加点で勝ち越し、後半45分を過ぎ、最終戦を勝利で飾るかと思わせたが、ロスタイムで失点し、結局ドローで終了。

なんとなく、今季のヴェルディを象徴するようなゲームだった。

V20111203p1050718

2011/12/03 12:34キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】3,929人【天候】曇 13.6℃ 79%
【主審】大西弘幸【副審】抱山公彦/秋澤昌治
東京ヴェルディ 2 (1) - (1) 2 湘南ベルマーレ
8 SH 12 / 6 CK 6 / 18 FK 20

(36' 田原 豊)
39' 河野広貴
73' 飯尾一慶
(90'+3 ルーカス)

GK 26 柴崎貴広
DF 18 森 勇介
DF 17 土屋征夫
DF 14 富澤清太郎
DF 22 和田拓也
MF 4 アポジ
MF 21 小林祐希
MF 7 河野広貴 90'+2 OUT
MF 23 高橋祥平
MF 16 飯尾一慶 84' OUT
FW 11 マラニョン 61' OUT
(SUB)
GK 1 土肥洋一
DF 2 福田健介
DF 3 吉田正樹
DF 20 深津康太
MF 10 菊岡拓朗 84' IN
MF 37 中谷勇介 90'+2 IN
FW 19 阿部拓馬 61' IN


V20111203p1050587

V20111203p1050598

V20111203p1050636

V20111203p1050702

V20111203p1050704

V20111203p1050709

V20111203p1050713

V20111203p1050726

V20111203p1050734


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2011 | Main | January 2012 »