« 味スタ便り-20120513 | vsファジアーノ岡山 | Main | アサヒスーパードライ鮮度実感パック »

Inspiron 6000 Part5 | HDD逝く

昨年 11月にトラブル多発でOSからインストールし直した Inspiron 6000 ・・・

だったが、またまたトラブルが起きるようになり、ブルースクリーンで頻繁に落ちるようになってしまった。

酷いときは Windowsが起動してデスクトップが表示されたあと、何もせず放っておいてもブルースクリーンが出て落ちる。

TI (Acronis True Image)でバックアップしておいたイメージファイルからのリストアを何度も試みたが改善せず。

ブルースクリーンが出る度に電源オフで強制終了させていたので HDD にもかなりダメージが与えられたはず。
Dell Diagnostics を走らせてみたら HDD の read Test でエラーが出てしまった。

諦めて HDDを交換することにした。

CD起動の TI で、クローン作成機能を使い、

内蔵の WESTERN DIGITAL WD1200BEVE 120GB

から、

外付けHDDケースにセットした Hitachi HTS541616J9AT00 160GB

へディスク丸ごとコピー。

コピー終了後、WD1200BEVE を取り外し、HTS541616J9AT00に入れ替え。

パーティション構成、容量はそのままで 160GBの内 120GBだけ使用。
残りの領域は未割り当て領域として放置することにした。

もったいない気もするが、dv4a/CT があるとはいえ Inspiron 6000 がいまだにメインマシンなので、リスク回避を優先させた。

Cドライブはそのままでは使い物にならない状態だろうから、11月のクリーンインストール後に TIでバックアップしておいたイメージファイルをリストア。

Microsoft Update を実行して 11月以降のパッチなどを当ててひとまず終了。


何が不調の原因だったのかわからないが、HDDが逝ってしまう頃にはPC起動後 CPU使用率が常に100%近くで推移、HDDのアクセスランプが点滅しっぱなし、と云う状態。
で、タスクマネージャーで見ると MsMpEng.exe が気になった。
S24EventMonitor も気になった。

それぞれ、MSE(Microsoft Security Essentials) と Intel PRO/Wireless 2200BG 用ソフトウェアのプロセスだ。

これらが何か悪影響を与えていたのか、
あるいは逆ですでにシステムがおかしくなっていた為に MsMpEng や、S24EventMonito が挙動不審(?)になっていたのか、分からない。

HDD換装後は、とりあえず 、

MSE のインストールは見合わせる。
また、WiFi の管理は Windowsに任せる。

と云う方針をとることにした(これといって明確な根拠はない)。

MSE の代わりは、ちょうど配布の始まっていた ALYac Internet Security FREE版を入れてみた。
ESET かと思ったら ESTsoft だった :-)

うざいポップアップ広告もなく、動作も軽い。
CPUへの負荷もほとんどないようで、ちゃんと仕事をしてくれているのか心配になるほどだ。

別にこれといって不満はなかったが、いまは Ad-Aware Free Antivirus に入れ替えている。

セキュリティソフトはしばらくあれこれ試してみる予定。


|

« 味スタ便り-20120513 | vsファジアーノ岡山 | Main | アサヒスーパードライ鮮度実感パック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Inspiron 6000 Part5 | HDD逝く:

« 味スタ便り-20120513 | vsファジアーノ岡山 | Main | アサヒスーパードライ鮮度実感パック »