« July 2012 | Main | September 2012 »

August 2012 posts

京王線地下化と WILLCOM、その後

ローカル & マイナーなネタの続編です。

国領駅の地下ホーム、
圏外マークからアンテナマークに変わるようになった。
なんだか分かりませんが :-)
アンテナは、1本立ってたりまったく立ってなかったり。

柴崎駅寄りの場所は地上に近いのでトンネルの出入り口から電波が届くのかな?
とも思うけど、
エスカレーターで降りた辺り(ホーム中央から調布寄り)でも圏外にならない。

電車の中にいてもドアが開いている間は圏外にならない。

ドアが閉まり、地下走行中は圏外に。

隣の布田駅や調布駅ホームはまだ下りたことがないので不明。

そういえば、
西が丘に行くのに都営地下鉄三田線を利用するのだが、
先日利用したときに、どこの駅でもホームに電車停車中は圏外にならなかった。
やれば出来るじゃん、 WILLCOM

| | Comments (1) | TrackBack (0)

西が丘便り-20120826 | vs ギラヴァンツ北九州

V20120826p1080129

J2リーグ戦第31節、三浦(泰年)監督率いるギラヴァンツ北九州を迎えて久しぶりに西が丘でのホームゲーム。

面白いように攻めまくる北九州、防戦一方、というか攻めきれず守りきることも出来ないヴェルディ。
どちらが上位にいるチームか分からない。
なにひとつ良いところなく 0 - 2 で完敗。

ヴェルディは倍近いシュートを浴びせられた。
北九州のフィニッシュ精度のなさに助けられたが、これがもっと決定力のある相手だっら 2失点では済まなかっただろう。

三浦監督は良いチームを作り上げたものだなあ、と感心させられた。

ヴェルディから期限付き移籍中の双子のキローラン兄弟がそれぞれスタメン(木鈴)、ベンチ入り(菜入)。
スタメンでフル出場していたキローラン木鈴は、 DF として頼もしい選手に育ったようだ。

V20120826p1080176

2012/08/26 18:04キックオフ 味の素フィールド西が丘
【入場者数】3,088人【天候】晴 30.3℃ 55%
【主審】高山啓義【副審】木川田博信/清野裕介
東京ヴェルディ 0 (0) - (1) 2 ギラヴァンツ北九州
12 SH 21 / 5 CK 6 /21 FK 10

(40' 常盤 聡)
(89' 林 祐征)

GK 1 土肥洋一
DF 19 森 勇介
DF 17 土屋征夫
DF 3 深津康太
DF 4 高橋祥平
MF 11 西 紀寛
MF 7 柴崎晃誠
MF 22 和田拓也 46' OUT
MF 16 飯尾一慶 73' OUT
FW 18 巻誠一郎 61' OUT
FW 9 阿部拓馬
(SUB)
GK 26 柴崎貴広
DF 6 中谷勇介
DF 21 刀根亮輔
MF 8 中後雅喜 46' IN
MF 14 小池純輝
MF 50 木島良輔 73' IN
FW 45 ジミーフランサ 61' IN


V20120826p1080115


V20120826p1080118


V20120826p1080125

V20120826p1080127


V20120826p1080132


V20120826p1080134


V20120826p1080140

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なあんちゃって牛すね肉の白ワイン煮

肉料理には赤、魚料理には白、が一般的な定説(?)のようだが、牛すね肉を白ワインで煮込んでみた。

今回参考にさせて頂いたのはこちらのサイト。
牛肉の白ワイン煮込み(少量でもぜいたく感のある牛肉の白ワイン煮込みピューレ)

にんにくはともかく、セロリなど香味の強いものの苦手な子がうちにはいるので、材料、調理法などはちょっとアレンジ。

牛すね肉 約500g
ニンジン 中1本
玉ねぎ 中2個
白ワイン 約250CC
トマトホール缶 1缶
固形チキンスープの素 2個
水 カップ 3~4杯(鍋に入れた材料が隠れるくらい適当に)
ローリエ 2枚
塩、こしょう 少々         
オリーブオイル 少々
牛脂 2個

牛すね肉を 2口大くらいに切り(煮込むと 1口大になります :-) )、塩、こしょうをすり込んでからローリエを乗せ、オリーブオイル、白ワインを適量ぶっかけ、かき混ぜてたあと冷蔵庫へ。

20120825beaf_winep1080112

にんじん、たまねぎは小さめに切って、フライパンで炒める。
ここは普段ならオリーブオイルなのだが、材料を買ったスーパーでに無料持ち帰りの牛脂があったのでそれで炒めてみた。

20120825beaf_winep1080111
どうでも良いショット・・・

適当に火が通ったら、煮込み用の鍋に移し、同じフライパンへまた牛脂を入れ、牛すね肉を炒める。
ここでオリーブオイルを少し加えた。量は、主夫の感で。

肉の表面に焦げ目が付いたら、白ワインをぶちかけアルコール分を飛ばす。

そこそこ炒め終わったら、こちらも煮込み用鍋へ移動。

水を入れ煮込み開始。
沸騰してアクを取り終えるまで何も加えない。
あらたかたアクを取ったら、火を弱め、あらかじめトマトをつぶしたトマトホール缶の中身を入れる。
固形チキンスープの素も加えて、煮込むこと 3時間。
汁の味見をしながら塩、こしょうを適当に追加。

出来上がり。
皿に盛ってから生クリームをかけてみた(これはお好みで)。

20120825beaf_winep1080113

白い物体はゆで卵です :-)
煮込みはじめから入れておいた。

4人分で各自がおかわり、という想定の材料で作り始めたが、いざ出来上がってみると、おかわりなしの 3.5人前くらいの量に減ってしまったのがちょっとビックリ。

実食の感想。
ライトなビーフシチューといった感じかな。
結構美味しかったです。
夏場はさっぱりした味でよろしいかと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京王線地下化と WILLCOM

きわめてローカル & マイナーなネタですが・・・

国領駅地下のホームに下りると WILLCOMの PHS端末が圏外に。

電車に乗ると布田、調布を通り過ぎ、調布~西調布間で地上に出るまで圏外のまま。

まあ、国領駅周辺でも西友の店内やマルエツ地下1階では圏外になる :-)

考えたら京王線新宿駅地下ホームでも圏外になるので、予想していなかった方が間抜けなのだが、
地下化終了後、初乗りの月曜日、地下ホームで HONEYBEE 4 の画面に圏外マークを目にしたときはショックだった。

携帯電話キャリア各社は早々に対応したらしいが、WILLCOM は対応予定なし、との話を耳にした。

WILLCOM 2台持ちで、他の携帯端末、スマートフォンの類いに一切目を向けずにいままで来たが、
うーむ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京王線地下化終了

新宿方面の踏切から写した国領駅手前のトンネル出入り口。
20120819keiousenp1080085

国領駅の新しい仮駅舎。
20120819keiousenp1080082

妻は調布へ、長男は車椅子で新宿へ初乗りに出かけたが、自分は外から眺めるだけ。
どうせ明日から毎日利用するんだし :-)

いままでご苦労様、な旧ホーム。
20120819keiousenp1080064

20120819keiousenp1080065


国領駅と新宿方面へ向かう野川の間に踏切がふたつある。
地下へ入るポイントをちょっと勘違いしていたようだ。
野川側の踏切辺りから地上へ出てくるのかと思っていたら、国領駅寄りの方だった。

自分が住んでいるマンションは野川に近いところなので、地下化工事が終わった後も、いままでと変わらず京王線の電車が通る度にゴーゴーと賑やかな訳で。

結局、以前と変わりません :-)


試運転中の映像


本稼働後の映像

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京王線地下化前夜

もう当日になってしまいましたが :-)
前夜に近所の京王線踏切で撮った動画です。

終電まで待って撮ろうかとも思いましたが、眠いし、18日23時台に撮影。

撮影場所は、柴崎~国領間の野川から国領駅方面に向かって最初の踏切。
カメラを抱えた人たちがぞろぞろ集まっていました。



これを書いているいま、すでに終電も通り過ぎて、たくさんの作業員の方々が線路周辺で動き回っています。
ご近所のみなさんも作業の様子を眺めています。

20120819keiousenp1080056


| | Comments (0) | TrackBack (0)

味スタ便り-20120812 | vs 京都サンガF.C.

V20120812p1070908

J2リーグ戦第28節、6位の京都サンガF.C.戦。

前節までで 1位から 5(6)位まで勝ち点差 1で団子状態。
京都も 6位とはいえヴェルディとの勝ち点差は 3 しかない。
そんな状況で迎えた味スタでは夏のラストとなるホームゲーム。

前半スコアレスドローで迎えた後半早々、京都の DF福村選手が一発レッドで退場。
そんな状況で、数的有利をいかせず、逆に先制点を与えてしまう。
結局これが決勝点となり、 0 - 1 で終了。

阿部が出場停止明けでスタメンで出たが、1トップの布陣。
小池がスタメン入り。
ジョジマールはベンチからも消えた。

阿部がサイドをえぐっても PA内にフィニッシャーがいない。

晃誠が戻ってきたのはうれしかったが、怪我で長い間欠場していた中後も戻ってきている。
この二人の同時起用はなんだか難しそうだ。

土屋が久しぶりにベンチ入りしたが、杉本が消えた。

今日のマッチデープログラムの表紙を飾った中谷。
ユニークなプレーでゲームに変化を付けられるレフティーなのだが、後半途中で何故かポジションの異なる梶川と交代で OUT。

前後半合わせてでシュート数 3 ・・・

10人でもしっかりアウェイアウェーで勝ち点 3を持って行った京都。
京都の勝負強さ、ヴェルディの勝負弱さを見せつけられたゲームだった。

これでも順位が 2位のまま変わらない。
2位から 4位まで勝ち点は同じ、かろうじて得失点差での 2位キープ。
というのが今年の J2 の上位混戦状態を表している。

2012/08/12 18:04キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】4,824人【天候】晴 27.2℃ 80%
【主審】吉田寿光【副審】西尾英朗/大川直也
東京ヴェルディ 0 (0) - (0) 1 京都サンガF.C.
3 SH 7 / 6 CK 8 / 12 FK 11

(66' 中村充孝)

GK 1 土肥洋一
DF 19 森 勇介
DF 4 高橋祥平
DF 21 刀根亮輔
DF 6 中谷勇介 75' OUT
MF 14 小池純輝 79' OUT
MF 7 柴崎晃誠
MF 8 中後雅喜 71' OUT
MF 22 和田拓也
MF 16 飯尾一慶
FW 9 阿部拓馬
(SUB)
GK 26 柴崎貴広
DF 17 土屋征夫
DF 35 吉野恭平
MF 20 アレックス
MF 23 梶川諒太 75' IN
FW 18 巻 誠一郎 71' IN
FW 24 南 秀仁 79' IN


V20120812p1070911


V20120812p1070913


V20120812p1070920


V20120812p1070892


V20120812p1070893


V20120812p1070903


| | Comments (0) | TrackBack (0)

M.S.G | Walk the Stage: The Official Bootleg Box Set

20120723msgwalk_the_stagep1070733

CD を何枚か持っているがとびきりのファンというほどではなく、
この BOX SET も、正直あまり期待はしていなかった。

「日本盤初発売、完全生産限定盤、SHM-CD仕様、解説/歌詞対訳付」に乗せられ手を出した。

DVD 1枚に CDが 4枚のセット。すべてライブ盤。
(輸入盤よりは高目だが)ちょっとお買い得かな、と。


良い意味で期待を裏切られた。

Michael Schenker かっけえええ!、でございます。

動く Michael Schenker を見るのは初めて。
革ジャンにジーンズ。
自ら MC をするでもなく、派手なパフォーマンスをするでもなく、あくまで寡黙にひたすら Flying V を弾きまくる。

その昔、Into The Arena を初めて聴いた時の鳥肌立つような感動が蘇る。

CD の方は、DISK1(Hammersmith, 1980) が 4枚の中ではあまり音が良くないのがちょっと残念だが、
細かいことはこの際おいておく。

昔ながらのハードロックだが、
文句なしに、ロックだぜえ、な BOX SET だった。

購入日: 2012/07/14
購入価格: 6,424円
購入先: Amazon

| | Comments (0) | TrackBack (0)

味スタ便り-20120805 | vs カターレ富山

V20120805p1070772

J2リーグ戦第27節、カターレ富山戦。

世間はオリンピックで盛り上がっているようですが、この土日、ひっそりとJリーグがいつものように行われたわけで。

ゲートをくぐると富山のブースが。
物品の販売はなく、観光アピールのようだ。
パンフレットやら小物の入った袋を頂く。

天皇杯 2回戦のチケットが販売されていたので購入。

試合前。
つい最近亡くなったヴェルディサポーターの女性の方へ黙祷。
クラブのボランティアもされていたようだ。
面識はないが、この動員数である。
スタジアムのどこかで見かけたこともあるだろう。

アウェイチーム選手紹介で足助選手に拍手。
たった一年だがヴェルディに在籍していた選手で、いまは富山でキャプテンを任されている。

ヴェルディは、キーマンとなる阿部(警告累積)、西(負傷)の二人が不在。
深津は出場停止でこちらも欠場。

阿部、西、深津のいない状況でスタメン、ベンチメンバーもいつもと違う顔ぶれとなった。

注目は柴崎晃誠の復帰。
ヴェルディから川崎フロンターレへ移籍したが、ここのところ出場機会に恵まれないようで、来年 1月までのレンタル移籍となった。
また緑のユニを着た晃誠のプレーが見られるとは・・・

試合の方は、前半半ば右サイト和田のクロスから中央で巻がつぶれ、その先にいた飯尾が落ち着いてボレーでゴールを決め、結局これが決勝点となりホーム連勝をまたひとつ伸ばした。

富山は、後半積極的に出てきて、苔口、黒部とベテランを投入してきたが無得点に終わった。

全体としては地味なゲームだった。
両チーム合わせてシュート数が 11、という数字にそれが現れている。

富山側には「残留」の横断幕が見られた。
J2は今季から降格制度が導入され、下位 2クラブが降格となる。

頑張って欲しいが、こちらも相変わらず上位団子状態で勝ち点を稼ぎ続けなければならない。

味スタは芝生の状態が酷かった。
時節の京都戦の後、しばらく味スタでのホームゲームはない。

2012/08/05 18:04キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】3,504人【天候】晴 28.4℃ 75%
【主審】木村博之【副審】聳城巧/穴井千雅
東京ヴェルディ 1 (1) - (0) 0 カターレ富山
6 SH 5 / 4 CK 4 / 19 FK 16

23' 飯尾一慶

V20120805p1070873

GK 1 土肥洋一
DF 19 森 勇介
DF 4 高橋祥平
DF 21 刀根亮輔 64' OUT
DF 6 中谷勇介
MF 8 中後雅喜
MF 7 柴崎晃誠
MF 22 和田拓也
MF 16 飯尾一慶 88' OUT
FW 18 巻誠一郎
FW 24 南 秀仁 74' OUT
(SUB)
GK 26 柴崎貴広
DF 28 田中貴大 74' IN
DF 35 吉野恭平
MF 14 小池純輝
MF 20 アレックス
MF 23 梶川諒太 64' IN
MF 33 杉本竜士 88' IN


V20120805p1070745


V20120805p1070747


V20120805p1070753


V20120805p1070755


V20120805p1070760


V20120805p1070761


V20120805p1070771


V20120805p1070778


V20120805p1070878


V20120805p1070882


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2012 | Main | September 2012 »