« 京王線地下化と WILLCOM | Main | 西が丘便り-20120826 | vs ギラヴァンツ北九州 »

なあんちゃって牛すね肉の白ワイン煮

肉料理には赤、魚料理には白、が一般的な定説(?)のようだが、牛すね肉を白ワインで煮込んでみた。

今回参考にさせて頂いたのはこちらのサイト。
牛肉の白ワイン煮込み(少量でもぜいたく感のある牛肉の白ワイン煮込みピューレ)

にんにくはともかく、セロリなど香味の強いものの苦手な子がうちにはいるので、材料、調理法などはちょっとアレンジ。

牛すね肉 約500g
ニンジン 中1本
玉ねぎ 中2個
白ワイン 約250CC
トマトホール缶 1缶
固形チキンスープの素 2個
水 カップ 3~4杯(鍋に入れた材料が隠れるくらい適当に)
ローリエ 2枚
塩、こしょう 少々         
オリーブオイル 少々
牛脂 2個

牛すね肉を 2口大くらいに切り(煮込むと 1口大になります :-) )、塩、こしょうをすり込んでからローリエを乗せ、オリーブオイル、白ワインを適量ぶっかけ、かき混ぜてたあと冷蔵庫へ。

20120825beaf_winep1080112

にんじん、たまねぎは小さめに切って、フライパンで炒める。
ここは普段ならオリーブオイルなのだが、材料を買ったスーパーでに無料持ち帰りの牛脂があったのでそれで炒めてみた。

20120825beaf_winep1080111
どうでも良いショット・・・

適当に火が通ったら、煮込み用の鍋に移し、同じフライパンへまた牛脂を入れ、牛すね肉を炒める。
ここでオリーブオイルを少し加えた。量は、主夫の感で。

肉の表面に焦げ目が付いたら、白ワインをぶちかけアルコール分を飛ばす。

そこそこ炒め終わったら、こちらも煮込み用鍋へ移動。

水を入れ煮込み開始。
沸騰してアクを取り終えるまで何も加えない。
あらたかたアクを取ったら、火を弱め、あらかじめトマトをつぶしたトマトホール缶の中身を入れる。
固形チキンスープの素も加えて、煮込むこと 3時間。
汁の味見をしながら塩、こしょうを適当に追加。

出来上がり。
皿に盛ってから生クリームをかけてみた(これはお好みで)。

20120825beaf_winep1080113

白い物体はゆで卵です :-)
煮込みはじめから入れておいた。

4人分で各自がおかわり、という想定の材料で作り始めたが、いざ出来上がってみると、おかわりなしの 3.5人前くらいの量に減ってしまったのがちょっとビックリ。

実食の感想。
ライトなビーフシチューといった感じかな。
結構美味しかったです。
夏場はさっぱりした味でよろしいかと。

|

« 京王線地下化と WILLCOM | Main | 西が丘便り-20120826 | vs ギラヴァンツ北九州 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なあんちゃって牛すね肉の白ワイン煮:

« 京王線地下化と WILLCOM | Main | 西が丘便り-20120826 | vs ギラヴァンツ北九州 »