« November 2012 | Main | January 2013 »

December 2012 posts

VAIO Fシリーズ VPCF24AJA

Inspiron 6000 の代わりとなる PC を色々検討した。

同じようなノート型にするか、初めてのデスクトップ型にするか?

ノート型では15~16型だと 1366×768 表示が一般的なようだったが、長年 WSXGA+ に慣れた身としては物足りない。また USB3.0 への対応も条件だった。

デスクトップ型であれば選択肢は広がるのだが、いわわゆる省スペース型といわれる機種でも結構筐体が大きいのは職場で使っているので分かっていた。

あーだこーだと悩んでいるところへ、 VAIO の型落ちモデルが結構手軽な価格で販売されているのを知った。

SONY、というのはまったっく選択肢になかったのだが、自分的にはスペック面で問題はなく(あえてあげれば USB ポートが 3つしかないことくらいか)、ポスト Inspiron 6000 として購入したのが、これ。

20121208vaio_fp1080890

ショップなどの商品写真と違ってなんだか分からない映像になってますが :-)
テンキーは何気に便利そう。
ただ、そのためかカーソルキーが小さくなってしまっている。
タッチパッドはだいぶ左寄りになっていて使いづらそう。

Inspiron 6000とのサイズ比較。

20121208vaio_fp1080884

ACアダプターは弁当箱みたいにでかい。

20121208vaio_fp1080893
下が Inspiron 6000 のもの。

製品が手元に届いて製品登録をしようとしたら出来なかった。
SONY のサイトをうろついても VPCF24AJA というモデル名では該当がない。
サポセンに電話して指摘されてから気づいたのだが、この商品は法人向けモデルだった。
本体底面にしっかりシールが貼ってあった ;-)

ベースは、VPCF249FJ/BI のようだ。

ハードディスクは、初期状態で Cドライブだけでパーティションは切られていない。
パーティション操作ツールなどでパーティションを切らないとならないのかと思っていたが、
リカバリーディスクを作成し、リカバリーディスク(あるいは内蔵のリカバリー領域)から起動してシステムの初期化を行うと、そこでパーティション操作が出来た。

C、D、E、と3つのパーティションを作成し、Inspiron 6000同様のパーティション構成にした。

主なスペック

Windows 7 Professional Service Pack 1 64bit
Intel(R) Core(TM) i7-2640M @2.80Ghz
PC3-10600 8 GB

NVIDIA GeForce GT 540M GPU
16 型ワイド(16:9)、解像度:Full HD 1920 × 1080
TFTカラー液晶
3D対応、LEDバックライト、低反射コート

HDD 500 GB (Serial ATA、7200 回転/分)
ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応、DVDスーパーマルチ機能搭載)

USB 2.0 × 1、 USB 3.0 × 2
IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth 3.0 + HS 準拠
メモリースティック デュオ / SDメモリーカード共用 スロット × 1
テンキー付キーボード

ちなみに、

HDD は、TOSHIBA MK5061GSYN
光学ドライブは、MATSHITA BD-MLT U260
無線は、Atheros AR9287 Wireless Network Adapter
Bluetooth は、FOXCONN-T77H114-BCM2070

だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Goodbye, Inspiron 6000

長い間メインマシンとして使ってきた Inspiron 6000 がとうとう力尽きた。

いつものように電源を入れてから何の気なしにディスプレイを眺めていたら、起動直後の DELL のロゴの表示がおかしな具合になっている。
液晶画面全体のところどころにノイズが入ったような感じ。
素人目にもハード的な問題だろうことは直感で分かった。

しばらく放置してみると OS が起動しているようだが、画面は真っ暗。
何度か起動し直してみた。
たまにデスクトップが表示されることもあったが、何か操作をしようとするとやっぱり画面が真っ暗になってしまう。

BIOS 画面は表示出来るのだが、やはり正常な表示のされ方ではない。

これが 11月 30日のこと。

DELL に修理の相談をしてみた。
保証期間はとうの昔に切れている。
現行機種のエントリークラスが買えるくらいの費用がかかっても修理で直るものなら出すつもりでいた。

DELL の話では(実機を見てみないと分からないが)グラフィックカードかマザーボードの交換修理となる可能性が高い、と。
どちらの場合でも修理費用は想像していたより安かった。
土日を挟んでいたので週明けに修理用パーツの在庫を確認してから見積もりを連絡してもらうことに。

週明けに DELL からメールが届いた。内容は、

Inspiron 6000用グラフィックカードは在庫がもうないので修理対応不能

というものだった・・・

この Inspiron 6000 、買ったのは 2005年。もう 8年目に入った。
時々ブルースクリーンが出たりするが、メインマシンとして愛着のある PCだった。
動画のエンコードなどはさすがに辛いがそれ以外の用途では特別不便もなく使ってきた。
視力が落ち、裸眼ではほとんど文字の読めない WSXGA+ の画面は捨てがたいものがある。

とはいえ、(ハードウェアの寿命で)いつまで使えるのか、不安もあった。

一方で、Windows8 が発売され、Windows7 搭載 PCもいつまで市場に出回るのか分からない。
Windows8 は、すぐに手を出す気はなかった。
ということで、リプレースを視野に Windows7 搭載 PCをいろいろ検討していたところだった。

そんな自分の気持ちを察したのだろうか、 Inspiron 6000 の方から別れを告げられるような格好になった訳だ。

ある意味すっきりと Inspiron 6000から離れることが出来た。

16日の日曜日、 PCリサイクルで集荷してもらった。

PATA 160GB を取り付けていた内蔵 HDD は外した。
1GB に拡張していたメモリーも取り外して妻の FMV につけ替えた。
後付けの Intel PRO/Wireless 2200BG Mini-PCI Adapter は使い道がないのでそのままにした。

見た目は無骨で決してスタイリッシュなデザインではなかったが、良いノートPCだったと思う。
Inspiron 6000、最高だったぜ!

Goodbye
I hope we meet again
But the good times
Will always remain
But we've come to the end
Of our road together
We made a stand that's gonna last foreve
(FRASER/RODGERS/KOSSOFF/KIRKE)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寒いホームでじっと待つ

京王線が人身事故で運転見合せ中。

南武線が走り出してからアラートメールが届く。

まだ立川にいれば時間をつぶすところはいくらでもあったのだが。

分倍河原駅のホームでじっと待つ。
もう40分近くになる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

HONEY BEE 5 (WX07K)  其の二

ネットワーク接続。

購入してから何日かして、あるサイト( 2ch ですけど)にアクセスすると、ページを読み終わったくらいのタイミングで「保存しますか?」のダイアログが表示されるようになった。

キーは何も触っていない。
自動的に表示される。
「保存」、「開く」のボタンがあるが「開く」の方はグレーになっていて選択できない。

クリアキーを押すとそのダイアログは閉じられ、「ページが見つかりません」だったかの表示に切り替わった後にやっとページが表示される。

時たまではなくしょっちゅう出る。
そもそもこんなダイアログが出ること自体異常だ。

早速購入したプラザに持って行った。
こういう症状は聞いたことがない、と言いながら店員さんがサポセンに問い合わせる。
プラザから電話しても時間がかかるのはユーザーがかけるのと変わらないようだ。
だいぶ時間がかかってから繋がり、いろいろやり取りしてもらったが解決しない。

購入後まもなく高速化サービスを申し込んだことを思い出してその話をした。
いったん高速化サービスを切って試してくれといわれた。
端末で無効にしてみたが再現する。

すると、端末で無効の設定にしても駄目でオンラインサインアップで高速化サービス自体の利用を停止するように言われた。
ちょっと理解しがたい仕様だが、高速化サービスを利用する限り、端末側で無効にしても高速化サービスを利用するらしい。

結局、高速化サービス自体を停止することで問題は解決した。
他のサイトでは再現しないのでサイト側の問題だと言われ、2ch での動作は検証していない、と。
これを言われるとユーザー側ではどうしようもない。

ネット利用のほとんどが 2ch の利用なので、高速化サービスは諦めることにした。

ところが・・・
当初のおかしな動作は出なくなったが、2ch にアクセス中に「接続できません」が出るようになった。
HONEY BEE 4 で出るようになったのと同じものだ。

これがうるさくて、HONEY BEE 5 を買ったというのになんてこった。

試しに通話・メール専用端末にしていた HONEY BEE BOX(OPERA 搭載) で 2ch の同じアドレスにアクセスしてみた。
問題なく接続できるし、読み込みも早い。

どうやら HONEY BEE 4 や 5 の NetFront が駄目だめなようだ。
としか思えない。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2012 | Main | January 2013 »