« March 2013 | Main | May 2013 »

April 2013 posts

Maker's Mark (メーカーズマーク)

20130422_maekers_mark_p1090262

BULLEIT BOURBON (ブレット バーボン) が空きかけたので久しぶりにワイルドターキー8年でも買おうと駅前のマルエツに寄ってみた。
Maker's Mark が 2,390円で売っていた。
初めての銘柄だが、ワイルドターキー8年より安かったので買ってみた。

帰りに西友を覗いてみたらこちらでも扱っていたが、2,699円。
何だかちょこっと得して気分で家に帰る。
しめしめ :-)

いざ飲むときになってちょっと困った。
フタを覆う赤いところがどうやって取るのが分からないのだ。
Wikipedia では、「封蝋」と書かれている。
「封蝋」とはシーリングワックスのことらしいがどういう素材のものか分からない。
どうもプラスチックみたいなのだが・・・

とにかく下からバリバリと剥がした。

氷を入れたグラスにソーダ水で 1 : 1 で割って飲む。
とても口当たりが良く飲みやすい。

ストレートでも試してみたが、こちらはやはりきつかった。

買ったときは、ビンのまま売っていたのだが、
後日マルエツに寄ってみたら、紙箱ケース入りで 2,880円になっていた。
味は美味しいのだが、この値段だったら次はワイルドターキー8年を選ぶだろうな。

本題と関係ないが、スーパーのバーボン売り場に Jim Beam をよく見かけるようになった。
サントリーが買収して販売に力を入れているのかな。

マルエツは白だけだが、西友は黒も置いてあった。
その代わり、西友ではワイルドターキー8年が売り場から消えていた。

国領駅周辺のローカルな話です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

シャンディ・ガフ

炭酸を炭酸で割る、

と云う発想はなかった。

ビールをジンジャー・エールで割ると、シャンディ・ガフと呼ばれるカクテルになるらしい、。

外で飲んだことはない。

早速試してみた。

ジンジャー・エールは安心のブランド、ウィルキンソン。
この辛口な味を経験してしまうと、他のジンジャー・エールは飲めない。

ビールは、発泡酒、第3のビール、黒ビールの類いは御法度と Wikipedeia に書かれていたので、
モルツを用意。

20140427_shandy_gaff_p1090285

で、実食ならぬ実飲。

・・・・これは駄目です。

これなら、それぞれ別々に飲んだ方が美味しい。

イギリスのパブではポピュラーな飲み物らしいので、イギリスのビールで試さないといけなかったのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Gamma Ray | Masters of Confusion

20130429_gammaraymaster_of_confusio

新作 4曲と既存曲のライブバージョン 6曲の詰め合わせ、

と勝手に思っていたが、

新作は

01 Empire of the Undead
02 Master of Confusion

のふたつだけで、

03 Death or Glory
04 Lost Angels

はカバー曲だとか(それぞれ、オリジナルは HOLOCAUST、Sweet)。

まだまだ修行が足りないようだ。
というか、ネットで注文する前に商品説明くらい読んどけって話です。

とにかく冒頭の Empire of the Undead、
これが凄い。
イントロからがつーんとくる。
激しさ、疾走感、ただただ圧倒される。

Master of Confusion の方は、いかにも Gamma Ray風味のナンバー。

カバー曲は原曲を知らないこともあり、新作のような新鮮さがある。

5曲目以降は、2011年、ドイツ Bochum でのライブ音源。

05 The Spirit ( Sigh No More / 1991)
06 WINGS OF DESTINY ( POWER PLANT / 1999)
07 GAMMA RAY ( Insanity And Genius / 1993)
08 FAREWELL ( Land Of The Free / 1995)
09 TIME TO BREAK FREE ( Land Of The Free / 1995)
10 INSURRECTION ( Land Of The Free II /2007 )

日本版にはボーナストラックとしてもう 1曲
11 SAG MIR BESCHEID
が収録されいるようだ。

ライブCD・DVD Skeletons & Majesties Live を持っているのだが、05 - 10 これら 6曲はすべて収録されている。
同じ音源なのかな・・・と思ったが、Skeletons & Majesties Live の音源はスイス公演のものなので別物でした。

ライブナンバー TIME TO BREAK FREE には、マイケル・キスクが参加。

とにかく、Empire of the Undead この曲が聴けるだけでも CDを買う価値はある。

20130429_gammaraymaster_of_confus_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

VAIOホームネットワークビデオプレーヤー アップデート

DIGA の録画番組の視聴が出来なくなってしまったのでアンインストールしていた VAIOホームネットワークビデオプレーヤーとデジタル放送プラグイン、
アップデートプログラムが公開されていたので試してみた。

VAIO Care から改めてインストール、そして4月17日に公開されたアップデートプログラムを適用。

VAIOホームネットワークビデオプレーヤーVer.1.2.1.03180(Windows 7用)
EP0000287875.exe

VAIOホームネットワークビデオプレーヤーデジタル放送プラグインVer.4.0.0.70090(Windows 7用)
EP0000287897.exe

アップデート後のVAIOホームネットワークビデオプレーヤーを起動してみた。
動作がおかしくなる前のように、 DIGA の録画番組がちゃんと再生出来るようになった。

うーん。

DTCP-IP 対応再生ソフトとして 12 Ultra から 13 Ultra にアップグレードした PowewrDVD が要らなくなってしまったわけだが、
前回同様、VAIOホームネットワークビデオプレーヤーがいつ再生不能になるか分からないから、まあ良いか。

相変わらず録画日順のソート機能がないので、DiXiM Digital TV plus の出番は減らないかも :-)

アップデート後のVAIOホームネットワークビデオプレーヤーは UI が少し変わり、テレビ番組のライブ視聴のタブ「TVライブ」が追加されていた。
残念ながら、うちの DIGA (DMR-BZT700) は非対応サーバーなようでライブ視聴は出来なかった。

動作は全般的に重い。

録画日順のソート機能がない、
と書いたが、番組リストをすべての番組ではなく日付(月別)のくくりで表示させるとそのグループ内ではソート出来る。
アップデート前もこういう仕様だったのかな?
もうすっかり忘れてしまった。


追記・・・

書き込んだ後にソートについて嘘を書いていたのが判明したのですが、眠くて、とりあえず <s> タグでごまかしました :-)

正しくは、

VAIOホームネットワークビデオプレーヤーで番組リストのソートは可能

です。

番組リストの項目タイトルには、

・状態
・タイトル
・チャンネル
・録画開始日時
・時間
・ジャンル
・サーバー名

がある。

VAIOホームネットワークビデオプレーヤーを起動するとサーバーの番組情報の更新を行う。
この間、上に書いた項目タイトルの欄はグレーアウト状態でクリックしても何の反応もない。
前に使用していたときもここまでしか確認していなかったようだ。

で、番組情報更新が完了するとグレーアウト状態が変わり、項目タイトルをクリックするとその項目でソートされる。
クリックで昇順・降順のトグル動作。

ということで訂正させて頂きます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Remapkey

VAIO F (VPCF24AJA) で一番困ったこと。
INSPIRON6000 などで愛用していた AltIME が Windows7 Professional 64bit版で使えないことだった。

MS-DOS 時代から NEC の PC-98x1 シリーズとそのキーボードを長く使っていた身としては「半角/全角」キーほど訳の分からないキーはない。

DOS/V から入った人には何でもないのかもしれないのだが、日本語入力のオン・オフがキーボードのあんな遠いところにあると云うのはあり得ない。

AltIME を知って、「変換」キーに日本語入力のオン・オフ機能を割り当ててしのいできた。

32bit 版 Windows7 Home Premium にアップグレードした hp の dv4a/CT でも AltIME のお世話になってきた。

VAIO F (VPCF24AJA) にも AltIME を入れてみたが機能せず。
仕方なく、「半角/全角」キーで本語入力のオン・オフをやってきたのだが・・・

探せばあるもので、
KeySwap というツールで AltIME と似たようなことが出来るのを知った。

ただし、「変換」キーに日本語入力のオン・オフを割り当てると自分的にはなんとなくよろしくないので、
「「カタカナひらがな/ローマ字」キーに日本語入力のオン・オフを割り当てた。
この「カタカナひらがな/ローマ字」キーも、自分には何のためにあるのか分からないようなキーだ。

AltIME と同じようには出来ないがそれでもだいぶ快適になった。

最近、MS 純正のツールでこの KeySwap と同じようなことが出来ることを知り、入れてみた。

Windows Server 2003 Resource Kit Tools に含まれている remapkey.exe だ。
この Resource Kit Tools に収録されているツールは、どれもファイルのタイムスタンプは 10年前。

ちょっと不安もあったが、remapkey.exe は GUI で起動すると最初から日本語表示で驚いた。
インターフェースも分かりやすい。

ということで、KeySwap から RemapKey に浮気中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BULLEIT BOURBON (ブレット バーボン)

ここ半年以上、馬鹿みたいにほとんどドライ・ジンばかり飲んできた。
外で飲むことは滅多にない。
毎晩、帰宅してから食前酒、食後酒 :-) としてドライ・ジンを愛飲。
ほとんどドライジン中毒です、はい。

なんとなく柑橘系の爽やかな味わいがくせになるのだが、
さすがにちょっと飽きてきた。

久々に飲みかけでそのままになっていたバーボンを飲んでみた。

BULLEIT BOURBON。

去年のクリスマスに妻が買ってくれたもので、
知らない銘柄だった。

時々気の向くままに飲んでいたので、ボトルの中身は 1/3 ほどになっている。

45%、ストレートでは少しきつかった。

炭酸と 1 : 1 で割るとすごく飲みやすくなる。

20130101builleit_bourbonp1080940

この写真は今年の元日に初めて封を切ったときのもの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひよ子、東京スカイツリーバージョン

20131417hiyokop1090259

JR新宿駅南口のひよ子売店で発見。

普通のひよ子と何か違うのですか?
と尋ねたら、

「7個入りになってます」と。

味は同じらしい :-)

とりあえず記念にゲット。

ここの売店、駅ナカなのに何故か Suica が使えないのが残念。

20131417hiyokop1090260

だいぶ不出来な写真ですみません。
可愛いひよ子の姿が散々です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

味スタ便り-20130417 | vs モンテディオ山形

V20130417p1090248

J2リーグ戦第9節、鳥取戦から中 2日でモンテディオ山形との 6位、7位対決。

会社を定時に出遅れてキックオフには間に合わなかったが、
常盤の先制ゴールには間に合った。
常盤のアクロバチックなゴールパフォーマンスも見ることが出来た。

福井が欠場、石神が福井のところに入り、小池がスタメン。

その小池が追加点を決める。

前半 2 - 0 で終了。
鳥取戦と同じような展開だ。

ハーフタイム、Gaga Milano 繋がりで亀田興毅がユニを着て登場。
正直あまり良い印象の良くないボクサーだったがだいぶ丸くなったようだ。
大人になったんだな。

後半、鳥取戦同様なかなか点差が動かない。
西に変えて前田投入。

山形は、林 陵平(元ヴェルディ)、萬代の 2枚を同時投入。
なんだか嫌な感じ。
それでも必死のデフェンス、相手のミス、フィニッシュ精度の低さに助けられで失点を防ぐ。

ヴェルディは常磐に代え巻投入。

ロスタイム、ガス欠気味の飯尾に代え、久しぶりに杉本がピッチに。

3点目は生まれなかったものの、失点もせず、 2 - 0 でタイムアップ。

第 7節アウェーのガンバ戦を含め 4戦連続無失点。
第 2節以来 8試合無敗。
順位も 7位から 5位へ。
第 5節の 21位が底で、そこから試合を重ねるごとに順位を上げている。

GKの 佐藤、3バックのメンバーはもちろん、高原をはじめ全員が守備をさぼらない。
高原は自身の得点こそまだ 3点だが、ボールの収まりも良く常に周りを活かすプレーも素晴らしい。
大黒をヴェルディで見たときも感じたことだが、代表経験のある FW と云うのは
技術、センス、アイデアなどに凄いものがある。

4月のホームゲームは今節が最後。

平日のナイター、
来て良かった、と思わせるゲームだった。

V20130417p1090250

2013/04/17 19:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】3,057人【天候】晴のち曇 19.7℃ 54%
【主審】小屋幸栄【副審】佐藤貴之/堀越雅弘
東京ヴェルディ 2 (2) - (0) 0 モンテディオ山形
8 SH 15 / 1 CK 7 / 10 FK 16
17' 常盤 聡
23' 小池純輝

V20130417p1090237

V20130417p1090242

V20130417p1090247

V20130417p1090251

V20130417p1090256

| | Comments (0) | TrackBack (0)

味スタ便り-20130414 | vs ガイナーレ鳥取

V20130414p1090216

J2リーグ戦第8節、ガイナーレ鳥取との緑ダービー。

前節までで 10位の鳥取と 13位のヴェルディ。
勝ち点差は 2。

勝てば順位が逆転する。引き分け以下では駄目だ。

結果的には、3 - 0 と完封で勝利。
順位も 7位までアップ。
勝ち点では 7チームが並んでいるが、引き分けで稼いできた 1点の積み重ね、失点数が 4で、千葉と並んで 1位というのが、効いてきたようだ。

今節はところどころ危うい場面もなくはなかったが、ほぼパーフェクトなゲームだった。

スタメンは小池に代えて石神投入、あとはいつもの布陣。

飯尾は終始キレキレだった。

常磐が相手PA内でこけそうになりながら折り返したボールをその飯尾がゴールに叩き込み先制。
更に飯尾のアシストで高原が追加点。
2 - 0 で前半終了。

1点差、 2点差 と言うのはどうも気が気でない。
後半入りしても追加点のないまま時間が進む。
鳥取は攻めに来るしかない。
ヴェルディはそれほどガツガツいかずに期を見て攻撃に出る、と言う感じ。

ベンチスタートだった小池が常磐に変わって投入。
それから 10分くらいして、負傷でプレー続行不能になった福井に変わって巻投入。
3バックの一翼を担っていた福井と FW巻との交代。
この時間帯はゴール裏に移動していたので遠目には最終ラインがどんな形になっていたのか良く分からない。

鳥取は、岡野(あの浦和にいた野人こと岡野選手です)、永里を立て続けに投入して来た。
永里の前への推進力はヴェルディ在籍時代に見ていた。
敵になると非常にやっかいな選手だ。

点差は変わらず時間だけが進む。

後半終了間近に前田投入。
前半から飛ばし気味だった飯尾との交代かと思ったら西だった。

ロスタイム終了間近、この前田が初ゴールを決め 3点差に。

そして・・・タイムアップ。

うれしいホーム 2連勝。
ようやく決まった新規胸スポンサー,Gaga Milano さんにも良いスタートを切れたかな。

V20130414p1090230

2013/04/14 16:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】3,916人【天候】曇 19.6℃ 40%
【主審】塚田健太【副審】清野裕介/藤井陽一
東京ヴェルディ 3 (2) - (0) 0 ガイナーレ鳥取
6 SH 9 / 2 CK 3 / 18 FK 11
21' 飯尾一慶
30' 高原直泰
90'+3 前田直輝

V20130414p1090227

V20130414p1090223

V20130414p1090220

V20130414p1090233

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コールドストリーム(Cold Stream)

20130408coldstreamp1090209_2

ドライ・ジンです。

ルミネ立川店 1Fの成城石井で発見。
これはまったく聞いたことのない銘柄。

ロックの曲名みたいな名前、
緑のボトル、
そして 1,,090円という値段で思わず買ってしまった。

ちょうどゴードンが空きそうな時だったので、とりあえず、ビーフィーターの小瓶に入れて冷凍庫へ。

一日置いて、まずはストレートで。
次に、(氷無しで)ソーダ割り。

なんかピンと来ない。

初日はここまでにして、
翌日は、氷、ソーダ水、ライムスライスを一切れ、
で飲んでみた。

まあ、飲める。

何だろう、個性がないというか、
良くも悪しくも、あまり癖のないドラ・イジンのようだ。

千円台前半ならやはりゴードンかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PowerDVD13 Ultra

ある日、VAIO F の VAIO ホームネットワークビデオプレーヤーが突然使えなくなった。
DTCP-IP 経由での DIGA の録画番組再生が出来なくなったのだ。

原因は分からない。
何度かインストールし直したが改善せず。

DiXiM Digital TV plus も道連れになったようで、VAIO F から DIGA の録画番組が見られなくなってしまった。
dv4a/CT に入れていた PowerDVD12 Ultra を VAIO F へ移した。

PowerDVD12 Ultra を入れたら、何故か DiXiM Digital TV plus での視聴も可能になった。

その PowerDVD がバージョンアップして、PowerDVD13 が発売された。

ということで、アップグレード版のダウンロード版を購入した。

CyberLink の日本サイトでは、アップグレード版の価格が 8,800円。
トップページの右上の Locale を、日本から United States へ切り替えると・・・
Upgrade 版が $ 49.95、しかも MediaEspresso 6.5 が付いてくる。

アプリの PowerDVD Mobile、PowerDVD Remote が無料で付いてくるのはどちらも同じ。
どちらを買うか?
US でしょう。

ダウンロードして実際にインストールしてみると、US で購入した PowerDVD でも言語に日本語がちゃんと用意されている。

アップグレード版だが、旧バージョン(PowerDVD12 Ultra) の方は自動でアンインストールされることもなく、
いまは、ふたつのバージョンが同居している。

元々 DIGA の録画番組視聴がメインなのでバージョンアップによる細かな仕様、動作の違いはまだ分からない。
とりあえず、DTCP-IP 経由での再生には特に問題がないようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

070 への侵食

携帯電話で「070」番号の割り当てを開始、11月から

携帯電話もスマートフォンも持っていない。
WILLCOM の PHS音声端末ばかり 3台持ち。
家の外でも中でもマイナーです :-)

だんだん不便なことも増えてきたが、とりあえずこれでやってきたわけで、
それなりに 070 には愛着がある。

そのうち、WILLCOM だとか知らずに SMS を送ってくるひとが出てきそう。

070-5 と 070-6 は WILLCOM の番号でで、SMS相互接続非対応ですから、
気をつけて下さいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2013 | Main | May 2013 »