« April 2013 | Main | June 2013 »

May 2013 posts

ZARD

ZARDとの出会いは、清涼飲料の CMソングとして流れていた「揺れる想い」だった。

1993年の夏。
あの強烈に爽やかなメロディー、歌声は鮮烈に耳に残っている。

長い間、「揺れる想い」がデビュー曲だと思っていた。

既に、「負けないで」でブレイクしていたことも、「揺れる想い」が 8枚目のシングルだと云うことも知らなかった。

何年かして、「BEST The Single Collection~軌跡~」を買った。
知らない ZARD の世界がそこに広がっていた。

そして、DVD「What a beautiful moment」購入。
時折音程が外れるのはご愛敬か。
決して歌唱力がある訳ではないが、動く ZARD = 坂井泉水 の映像はとても癒やされるものだった。

近年、TV出演したときの数少ない映像を見ることがあったが、正直ちょっと違うイメージで違和感を持った。
(何だこの日本語は)

リアルタイムでこうした映像を見ていたら、また違った印象を持ったかもしれない。

坂井泉水さんが亡くなってから 6年経つ。

CD や DVD を買ってみたくなるほどの日本の女性ボーカリストはめったにいない。
「揺れる想い」は、いまでも自分には ZARD のデビュー曲だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

豚スペアリブのトマト煮込み

チキンカチャトーラみたいなものを作ろうかと既成ソースを買いに行ったら、どこのメーカーだか忘れたが、パッケージに豚のスペアリブでもいけますぜ、などと書かれていた。

素人料理人のこだわりとしては、とりあえず簡単おまかせソースを使うのはやめて、一から自分で作ってみることに。

材料(4人分)

事前にネットで情報収集したのが、
スペアリブの量が、4人前で 500gだったり 1kgだったり、
白ワインは、50mlだったり 100mlだったり、
肉以外の具材も玉ねぎだけとか、カレーみたいにニンジンやじゃがいも入りとか多様。

スペアリブは グラム売りだったので、とりあえず 2個×4人分、で 8個買った。

1.国産豚スペアリブ 約750g
2.白ワイン 小瓶(250ml)
3.ホールトマト缶 2個
4.玉ねぎ 大1個
5.にんにく 1片
6.ブラウンマッシュルーム 1パック
7.ミニキャロット 1パック
8.ドライバジル 適量
9.塩、胡椒、黒胡椒 適量
10.バジル 適量
11.オリーブオイル

20130525spare_ribp1090427
思いつきで買い足したマッシュルーム、ミニキャロットは撮り忘れました :-)


調理手順

1.厚鍋にオリーブオイルを垂らし、にんにくみじん切りを炒める。
2.頃合いを見て玉ねぎみじん切りを加え、色が変わるまで炒める。
3.次に、スライスしたブラウンマッシュルームとミニキャロットを加えてしばし炒める。

3.フライパンにオリーブオイルをひいて、あらかじめ黒胡椒と塩をまぶしておいたスペアリブを焼く。
4.こんがり焼けたとところで厚鍋へ移す。

5.白ワインを注ぎアルコールを飛ばして煮詰める。
  50mlや 100m ではどうにも肉が全部浸らない。
  結局、1瓶(250ml)ぶち込んだ。これで良かったのかどうか分からない。

6.アルコールが飛んだ頃に、あらかじめ固形部分をつぶしておいたホールトマト缶 2個投入。
  これも他のレシピだと 4人前で 1缶らしいのだが、 1缶だけだとスペアリブを含めて具材全部が浸りきらない。
  水を足したりするようだが、 ホールトマト缶は 2缶買ってきたので全部使ってみた。

7.これで 2時間半くらい煮込み、ドライバジルを加え、塩、胡椒で味をみながら更に 1時間半ほど煮込んでみた。

20130525spare_ribp1090428
一生懸命煮込み中、というかどうでも良いショット

8.結局 4時間くらい煮込んだわけだが、肉がやばいことに。
  なんだか煮込みすぎたようでスペアリブの骨と肉が離れてしまったところも。
  また、時折かき混ぜていたのだが、鍋底に何か焦げ付いてしまったようだ。

以上で終わり。

こんな感じに。

20130525spare_ribp1090433

まあまあ美味しく出来上がった。
味付けはドライバジルと塩、胡椒だけなので、塩、胡椒のバランスが大事なようだ。
それと白ワインの量だろうか。
250ml まるまるぶち込んだのはやはり入れ過ぎだったかも。

今回は煮込み時間が一番の反省点。
ちなみに、圧力鍋はあるのだが、使い方が分からない(覚えるのがめんどくさい)のでこの手の調理にはいつも厚手の鍋を使っている。
次に作る機会があったら、余熱を利用することにして煮込み時間は 3時間くらいで試してみようと思う。

コスト

1.国産豚スペアリブ 約750g 1587円
2.白ワイン 250ml 399円
3.ホールトマト缶 2個 278円
4.玉ねぎ 大1個 53円(3個入り 158円)
5.にんにく 1片 不明
6.ブラウンマッシュルーム 1パック 298円
7.ミニキャロット 1パック 100円
8.ドライバジル 適量 (1ビン 100円)
9.塩、胡椒、黒胡椒 適量 (不明)
10.バジル 適量 (ミニパック 228円)
11.オリーブオイル(不明)

おかわりなしだったので、ひとり当たり 800円くらいかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

another RadarSync PC Updater

RadarSync PC Updater についての記事を公開した後でなんとなく記事一覧を眺めていたら、
同じテーマで一月以上前に書きかけ保存していた記事に気づいた :-)
内容的にはほとんど重複してますが、せっかくなので公開しておきます。
元の保存日時は 2013/04/04 21:28 です。


20130403pc_updater

「PCのドライバーを自動的に常に最新の状態に保ちます」

と云うソフト。

以前、INSPIRON6000 の後付け内蔵 Wifiカードで苦い思いをしたので、
なんでもかんでも最新ドライバーを入れておけば良い、と云うのは必ずしも正しくない、
ことは承知の上で使用してみた。

まず、VAIO F(VPCF24AJA )+ Windows7 Pro x64 SP1 で実行。

PCの既存ドライバスキャンは時間のかかるものの許容範囲。

ただし、最新ドライバーのダウンロードには滅茶苦茶時間がかかった。
これは、最新ドライバーダウンローが開発会社の公式サイトから行われるため仕方ないのかな、
とも思う。

28個くらい検出。
すべて更新する、を選んだ。

翌日、VAIO F を起動してみると、Dolbyシステムが新しすぎるから古いものに戻せ、とお叱りを受けた。

20130403pc_updaterdolby

このソフトは、ドライバー更新時に旧バージョンをバックアップしてくれるので、更新前のものを復元。
これでなんとか収まった。
他には特にトラブルは出ていない(気がつかないだけかも)。

次に、hp の da4a/CT で実行。
こちらも PCスキャン、再診ドライバーダウンロードに時間がかかるので、PCをつけたまま一晩放置。

ドライバー更新後、何気に CDの取り込みをやろうと思ってビックリ。
内蔵の光学ドライブ(DVDスーパーマルチ ドライブ)が認識されない。
マイコンピューターからも消えている。
なんてこった。

デバイスマネジャーから修復を試みようとしたが、そもそもドライブ(デバイス)自体が OSから認識されていないのでこれは NG,.

BIOS からは認識されるので、やはり Windows用ドライバーの問題のようだ。

試行錯誤してなんとかこれは解決させた。

日を改め、この da4a/CTで、デジカメの SDカードからの取り込みを行おうとしたら、まったく認識されない。

これも、試行錯誤してなんとかこれは解決。

次に、Bluetooth でレシーバーが認識されないという状況に気づく。

こちらはまだ試行回復中。

とにかく、このソフトでドライバーを更新するときは、
事前に必ず復元ポイントを作成しておくのが吉のようだ。

20130404pc_updaterdialog

「再起動」が「再実行」になっているのはご愛敬。
ってどこの国の製品だろう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

RadarSync PC Updater

ドライバーは何でもかんでも最新にしとけば良い

と云うわけでもないのです・・・

それを承知の上でこのソフトを購入。

パッケージ記載のうたい文句は
「最新ドライバーを自動でチェック&ダウンロードするソフト」

実際に VAIO F(VPCF24AJ) と dv4a/CT で実行してみた。

PC(のレジストリ?)をスキャンし、インストールされているドライバを把握。
バージョンの新旧を調べ、開発会社の公式サイトからダウンロードする。

とりあえず、ひっかかったものをすべて最新のドライバーに更新してみた。

結果。

VAIO F(VPCF24AJ)

最初に Dolby のコントロールシステム(?)から、ドライバーが新し過ぎるのでダウングレードしろとお叱りを受ける。
次に、SDカードがスロットに差し込んでも認識されなくなった。
このふたつは試行錯誤で解消。

困ったのは BlueTooth レシーバー。
全く使えなくなってしまった。
BlueToothデバイスのアイコンをクリックすると認識はするのだが、
再生デバイスとして認識されないため実質的に使えない。
いったんBlueToothデバイスから削除したり、VAIO Care からドライバを修復したりしたが空しく終わる。

dv4a/CT

こちらは最初にビックリしたのが内蔵光学ドライブ(DVDスーパーマルチドライブ)が認識されなくなってしまったこと。
マイコンピューターからもデバイスマネージャー一覧からも見えないのでどうにもならない。
手順は忘れたが :-) 最終的には解決した。

次に、VAIO 同様、 SDカードと BlueTooth レシーバーが使えなくなってしまった。
SDカードはデジカメからの画像取り込みだけなので、USB経由でデジカメ本体を接続しての取り込みが可能なのでとりあえずこれで凌いでいる。

BlueTooth レシーバーは VAIO 同様の症状で、どうにもならない。
ちなみに、VAIO F、dv4a/CT、それぞれ別の BlueTooth レシーバーを使っていた。

このソフトは、ドライバを更新する前に既存のドライバをバックアップして、いつでもリストア出来るようになっているのだが、自分が低レベルなのでしょうね、どうもうまいこといかない。

まあ、有償ソフトとはいえ自己責任で使用したので誰にも文句は言えない。
にっちもさっちもいかなければ、どちらも時間のある時にクリーンインストールするしかないかな、っと。

まあ、出来るユーザーさんは自分で情報を収集して、必要なドライバーだけアップデートしてるでしょうし、
この手のソフトはトラブルが発生した時に自力対処できない方にはお勧めしない(もちろん自分も含めて)。

蛇足。
ドライバを更新すると再起動を促されるのだが、そのときのダイアログの文字が「再自動」になっているのはご愛敬?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国立便り-20130512 | vs ヴィッセル神戸

V20130512p1090384

J2リーグ戦第14節、今シーズン初めての国立でのホームゲーム、相手は首位を独走するヴィッセル神戸・・・

前節までで 1敗しかしていない神戸相手のゲーム、と云うことで正直不安を感じながら国立へ向かう。
神戸は田代、ポポなど強力な攻撃陣を抱える。
特にポポは遠目の位置からどんどん強烈なミドルを打ってくる。
実際、今日も何発か打ち込まれた。

が、終わってみれば、高原によるヴェルディのための高原のドラマ。
(PK以外で失点しなかった他の選手たちの頑張りももちろんあるが)

前半、キレキレのドリブルで相手 PA内へ進入した高原が倒され PK ゲット。
その PKを高原自身がきっちり決める。

そのまま 1 - 0 で後半へ。

PK とかレッドカードとかは、帳尻合わせが怖い、と冗談交じりに言われたりするが、
後半早々、ヴェルディ PA 内で神戸が PK をゲット。
ハーフタイムの間に、バックスタンドからメイン側 Vシートへ移動していたので PA 内でどんなファールがあったのか良く見えなかった。
これをポポが決め、ゲームは振り出しに戻り、スコアの動かぬままアディショナルタイムへ突入。

なんとか引き分けで終わってくれれば御の字、などと情けないことを考えていたら、
森のクロスを高原が胸でトラップ、そのままシュートしてゴールを決める。
これが決勝点となり、首位神戸相手に勝利。
劇的な結果で終わった。

うしろの席にいたおばあちゃんとハイタッチ :-)

今日の国立ではゲーム開始前後に J'S THEME が会場に流れた。
自分の中での Jリーグは、1993年のヴェルディ・マリノス戦に始まり、同じ年のドーハの悲劇で一度終わっている。
国立に流れる J'S THEME
とても感慨深いものがあった。

V20130512p1090412

2013/05/12 15:03キックオフ 国立競技場
【入場者数】7,464人【天候】晴 25.5℃ 41%
【主審】村上伸次【副審】中井恒/木川田博信
東京ヴェルディ 2 (1) - (0) 1 ヴィッセル神戸
8 SH 13 / 7 CK 0 / 8 FK 18

18' 高原直泰(PK)
(49' ポポ(PK) )
90'+1 高原直泰


V20130512p1090402
20周年アニバーサリーと云うことだろうか珍しく白のパンツ着用
上下緑のユニはカエルみたいでおかしい、といつも家族に笑われてました :-)

V20130512p1090386
母の日、と云うことで緑のカーネーションの鉢を購入。
お菓子と選手のメッセージカードがおまけに付いてくる。

V20130512p1090388
自分が引いたのは背番号 17 常磐選手のサイン入りカード。
妻はヴェルディの選手と云えばいまだに平本くらいしか名前が出ない。
カーネーション販売ブースの女性スタッフが「私が欲しい」と言ってました :-)

V20130512p1090395

V20130512p1090397

V20130512p1090409

V20130512p1090406

V20130512p1090416
マラドーナが何故ここに???

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北海道 in 新宿

20130510_hokkaido_k0070018

会社の新期立ち上げ会兼新人歓迎会で「北海道」なう。

宴会は嫌いなのだけど今日は頭痛薬と救心を飲んで参戦。

新宿アイランドタワー44階。
エレベーターで一気に上がれないので(笑)何度か乗り継いで会場へ到着。

飲み放題コース、ビンのモルツだけは美味しかったです・・・


どうでも良い追記。

帰宅後、
写真を差し替えました。

どちらも HONEY BEE 5 で撮影。

上のは VGA(480 X 640)で撮り、HONEY BEE 5 では回転処理出来ないので、PCで回転処理したもの。

北海道 in 新宿
こちらは当初投稿した時の写真。
壁紙モード(240 X 320 )で撮影。
壁紙モードは HONEY BEE 5 で回転処理が可能だのだが、回転処理をし忘れて :-) そのままアップ。

VGA(480 X 640 )も、壁紙モード(240 X 320 )も縦長の状態で保存される。
HONEY BEE BOX も HONEY BEE 4 も VGAモードは 640 X 480 だったんですけどね・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

上体を支えられない、と云うこと

20130505_kodomonohi_p1090341

「どうしてテーブルの上に手を置いているのか分かる?」

ある日、ふと長男がそんな話を始めた。
昨年、今の会社へ勤め始めてしばらくしてからの頃だったろうか。

気づかなかったが、そういえばテーブルに着いているときは車椅子に背中を寄せている時以外、確かにいつもテーブルの上に手を置いている。

脊髄損傷(T9-12,L1 完全)で胸椎の損傷部分から下の運動機能が損なわれているため、何もないと上体を支えていられない。
だから、テーブルに手を置いていないと、上体を支えていることが出来ず、
前にばたんと上体が倒れてしまうのだ。

昔の話だが、長男が事故に遭う前は、普通のテーブル、椅子セットもあったが、丸い座卓がリビングの主で、食事の時もお茶の時もゴロゴロしている時も、いつもその丸い座卓を家族で囲んでいた。
自分は食事中に座卓の上に手を置く癖があり、「行儀が悪い」と長男に注意されることが良くあった。
よっぽど嫌だったのだろう :-)

現場作業から、業種も職種も変わり、名刺交換などの機会も出来てきたが、
マナー通り、両手で名刺交換をしようとしても出来ないのだとか。

そんなことを淡々と話していた。


職場の方は入社後無事に一年経ち、契約社員だった身分も正社員に登用して頂いたようだ。
子供の日の今日は、朝早くから車でどこか遠くへ出かけていった。

体は不自由になってしまったが、心は自由気ままだ。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

セブンイレブンの炭酸ソーダ

20140427_711soda_p1090274

ドライ・ジンもバーボンも、もっぱらこれで割っている。

水と二酸化炭素だけ。

スーパーなどで他の銘柄を見てみると、結構、他の成分が含まれていたりする。

他にはウイキンソン、マルエツ御用達 CLUB SODA くらいだろうか?

トニックウォーターというのも試したみたが、これは炭酸ソーダとまったく別物だった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

味スタ便り-20130503 | vs 横浜FC

V20130503p1090311

J2リーグ戦第12節、横浜FC戦。

あまり書くこともないのですが・・・

普段スタジアムに足を運ぶことがあまりないだろう方々 1万人以上の動員があったホームゲームで惨敗。

第10節までで失点 4、とリーグ最少失点だったのが、

お世辞にも特別強いとも思えず、試合巧者とも思えない横浜FC相手に、
1試合で 3失点。

どう見ても自滅です。


2013/05/03 16:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】15,022人【天候】晴 17.0℃ 43%
【主審】前田拓哉【副審】笹沢潤/松井健太郎
東京ヴェルディ 1 (0) - (1) 3 横浜FC
7 SH 8 / 5 CK 1 / 15 FK 15
(25' 大久保哲哉)
66' 金 鐘必
(72' 大久保哲哉 / PK)
(81' 内田智也)

V20130503p1090303

V20130503p1090323

V20130503p1090326

V20130503p1090328

V20130503p1090330

V20130503p1090331

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2013 | Main | June 2013 »